現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

就活面接で緊張しない5つのコツ

830 views



就活の面接を数回経験しましたが、毎回とても緊張して、上手く話すことができませんでした。緊張しない方法はありますか?(大学3年生・男性)






内定獲得の鍵を握るのはなんといっても面接。


面接なくして内定はありえません。


しかしどうしても緊張してしまうもの。


中には体が震えてなかなか話が出来ないなんて学生も…。



 

今回は緊張をほぐすためにできる5つのことをご紹介したいと思います。




1 就職課の人や先輩相手に模擬面接




先輩も就職活動を経験した一人ですので、


面接で聞かれることや言われることを熟知しているはずです。


特に早い時期に内々定をもらった先輩は


自分なりのコツを何かしら持っている人が多いので、


模擬面接をしてもらうだけでなくアドバイスとして


それらを聞き出し自分の糧にしましょう。



 

もし協力を仰ぐのが難しい場合は就職課を利用しましょう。


就職課でも模擬面接を受け付けてくれる職員が必ずいるはずです。


就職課職員は就活のプロですからどんどんフィードバックをもらいましょう。


毎回違う人にお願いするのも効果的。


それぞれ新鮮な気持ちになれますし、


実際の面接でも初対面の人を相手に自分をアピールせねばならないので


予行練習にもってこいですね。 




2 念入りに準備する



実際に自分を一番リラックスさせるのは自信です。


なので、念入りに準備をして自信をつけ、


「はやく面接やりたい!」と思えるモチベーションまでもっていくのが理想的ですね。


テスト勉強でも同じだと思います。


自信があって得意な教科ほどテストが待ち遠しいですよね



 

面接会場も時間に余裕があるときはきちんと事前に把握しておくと安心です。


当日、思わぬ交通機関の遅延やトラブルがあった際に


道に迷わずすんなり会場にたどり着けるので、


遅刻を最小限にとどめることかできます。
道に迷ったり交通機関の乱れで遅刻しそうになったりするのは仕方のないこと。


ですが、そこで焦ってしまって本番で力を発揮出来ないとなると


てももったいないですよね。


遅刻しそうなときはきちんと連絡を入れて先方の指示に従ってください。




3 電車の中で確認すること



直前に出来る準備がまた自信にも繋がるので、



ぜひ当日の朝、会場へ向かう電車の中ではこれらの項目をチェックしましょう。

 

・その企業の社長や代表の名前
・合併などの歴史、沿革
・志望するコース名
・企業の正式名称
・日経平均株価
・今日のニュース
沿革や歴史については、


「合併が多い企業なんだな」とか「創業は○○だったんだな」くらいで構いません。


たまに、合併の多い企業だと


「うちは合併が多くてね」と話をされることがあるので、


そういうときに相槌が打てるくらいにしておけば問題ないです。



 

社長の名前や企業の正式名称とコース名、


日経平均株価については言えなければならない項目ですので、


しっかり頭に入れていきましょう。
4月に入ると面接もかなり増え、1日に2~3の面接があることも珍しくありません。


そうなると頭が混乱してきて、


正式名称やコース名がごちゃごちゃになってくることもあるので


前日ノートに簡単にまとめておくといいですね。
すると翌日はそれを見直すだけでOK。



 

その日のニュースについてもよく聞かれますので


その日の話題を頭の中で整理して自分の意見を作るところまではしておきましょう。




4 当日の朝はあたたかくて甘いものを



面接当日の朝はどうしても緊張してしまいます。


ですから、温かい甘い飲み物を用意しておきましょう。


体を温めたあとは軽いストレッチで体をほぐすのも有効です。
温かいものは体をあたため、ホッとさせてくれますし、甘いものは脳を元気にしてくれます。


冷たいものを飲み過ぎるとお腹を壊すので気を付けてくださいね。



 

タンブラーや水筒に入れて温かいものを持ち運ぶのも一つの手。


就活生はアルバイトでの収入も減る一方で、


交通費やスーツ代などかなり出費が増えますから、節約にもなりますよね。 




5 本番では最初に緊張していることを宣言する



当日の緊張はどうしようもないので、


先に面接官に緊張していることを宣言してしまうのが得策です。


可愛い奴だな、くらいに思ってくれるでしょうし、


人柄によりますが面接官からも緊張しなくていいよ、と声を掛けてくれます。



 

ただ、相手が圧迫面接を仕掛けてきた場合には


緊張状態でどのような行動が出来るかを見たいという目的があるので効果はありません。


圧迫面接で緊張してしまったときは「うまく話そう」と思わないで


一つ一つの質問に丁寧に答えるために集中してしまいましょう。





おわりに



面接で緊張してしまうのは仕方のないことです。


緊張しても仕方ない、くらいに開き直ることができる人は開き直ってしまいましょう。



 

面接官は他の学生もたくさん見てきているので、


多少の失敗くらいは慣れていますし、大目に見てくれます。


ですので、念入りに準備できたのであれば安心して面接に臨みましょう。



 

2014年6月12日

written

by ジョン時雨


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop