現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月27日更新

知らなきゃ損!人が恋に落ちやすくなる3つの法則

1404 views

恋愛に興味がわきません。恋に落ちるにはどうすれば良いのでしょう。(大学2年生・女性)


恋に落ちやすくなる

恋愛をしている時は毎日が楽しく、とても充実していますよね。

だけど最近ふと気付いたら恋愛していないな、恋していないな、なんて思っていませんか?
出会った瞬間に一目で恋が始まって…。
そんな一目惚れはなかなかないかもしれませんが、人が恋に落ちやすくなる法則はあるようです。

今日は3つの法則をお届けしますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

1、つり橋効果?!ドキドキわくわくすることを一緒にする



高い所にあるつり橋を渡るときってドキドキしますよね。
もし落ちたらどうしよう…
と、心拍数も上がって手には汗をかいて緊張状態です。
人が恋している時には、それと全く同じ状態が体の中で起こっています。
心拍数も上がり、胸のあたりもドキドキするような感じ…。

実は体はその違いを区別して感じることはできないと言われています。
恐怖感からくるドキドキも「あれ?もしかしてこの人にドキドキしてる?」と勘違いさせる事ができるのです。

もし気になる相手がいるならば、高い場所やちょっと怖いアトラクションに誘うなどしてドキドキのチャンスを作ってみましょう。
何かを一緒にするゲームやイベントに参加するのもいいですね。

「あ~怖かったね!ドキドキしたね!」という同じ体験ができて、一気に距離が縮まるかもしれません。

 

2、普段とのギャップから恋に落ちる



普段は意識していなかった男友達や女友達と恋におちる。
そんなきっかけはふとした瞬間に、相手が見せた男らしさや女性らしさだったりします。

みんなで遊んでいて、男の子が重いものをさりげなく持ってくれた。
手が汚れたときに女の子のカバンから、ハンカチがさりげなく出てきた。
普段はしっかり者の女の子が、意外な場面で気弱で助けたくなった。など…。

そんな小さなことが、相手の「男性」「女性」を意識して「ドキッ」に繋がるきっかけだったりします。
やりすぎやわざとらしいのは禁物ですが、ギャップも意識してみましょう。

 

3、恋愛スイッチをゆるめておく。



自分に自信がなかったり、「自分の事が嫌い」という気持ちを持っていると心が硬くなり、いざというときに恋愛のスイッチがうまく働かなくなってしまいます。

恋に「落ちる」というように、恋愛は頭で考えるものではありません。
深いところで気持ちが反応して、気づいたら恋に落ちています。
なので自分の心が動きやすいように、心をゆるめ「好きになる」感覚を磨いておくことも大切です。

好きな香りをかいだり、好きな音楽を聴いたり、感動する映画や本を読んだり。
また恋愛対象としてでなくても、年齢性別を問わず色々な人と出会って話をしてみることも大切です。
そうすると視野も広がり、人の持つ色々な魅力にあらためて気づいたり反応しやすくなります。

心と気持ちをやわらかくオープンにしていると、恋に落ちやすいかもしれませんね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

恋に落ちるにはタイミングも大切です。
色々な場所に出かけて行って、チャンスの場を広げていきましょう。

素敵な出会いがあなたを待っているかもしれませんよ。

 

2014年11月27日

written

by rutaho


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop