現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月7日更新

簡単5分!授業中にできるリフレッシュ方法8選

5426 views

授業中、どうしても眠くて頭がすっきりしません…簡単にリフレッシュできる方法を教えてもらえませんか?(大学1年生・女性)


授業中はどうしても眠くなったり上の空になったりで内容に集中できなかったりしてしまいますよね。
そんな時にお薦めな簡単なリフレッシュ方法を集めてみました!
簡単に5分程でできるこの方法を試して授業にも集中して良いキャンパスライフを送ってくださいね!



リフレッシュにストレッチをする予定




ツボ押しで状況別のリフレッシュ!



人体にはたくさんのツボが有りますが、授業中にできるツボ押しは場所が限られますよね。
ここでは主に上半身のツボで状況別にお薦めのものを集めてみました。





首のツボ(首コリを解消!)




画像出典:サワイ健康推進課


・風池(ふうち)
うなじの外側のへこんだ部分にあるツボです。
血液循環を良くしてくれ、自律神経のバランスを整える効果もあるそうです。


・天柱(てんちゅう)
上の「風池」もしくはぼんのくぼ(後頭部の高い骨の下の部分)から親指1本分離れた場所にあり
押すと強い痛みを感じる所です。
万能のツボとも言われ頭痛や眼精疲労の改善だけでなく顔のむくみにも効くそうです。


押し方はどちらも上に向かって持ち上げるようにゆっくりと力を入れ、
少し痛みを感じる位で刺激します。
天柱は3秒押して3秒離すというのを繰り返すと特に良いですよ。





耳ツボ (110ものツボの宝庫をマッサージしてリフレッシュ!)



耳は小さいながらもたくさんのツボが集中している部分です。
こちらは一つ一つを押すのではなく一気にマッサージしてリフレッシュしましょう!

画像出典:美容健康 ツボ道場


マッサージは主にもむ・こする・ひっぱる を繰り返して行います。
もむ際は親指と人差し指で挟み、こする際は中指と人差し指で挟みます。
どちらもゆっくりとまんべんなく全体を行いましょう。
また、ひっぱる際は上部は上へ・真中は外側へ・下部は下へと順次ひっぱりましょう。





顔つぼ(疲れ目、眠気に効果的!)




画像出典:ツボマスター
・承泣
瞳の下の骨の縁にあるくぼみにあります。
必ず目を閉じて優しくゆっくりと5秒、3~5回に分けて押してください。
(無理に押しすぎないように注意してください!)





お腹のツボ(やる気を高める!)




画像出典:ツボマスター
・気海
おへその下指二本分程の所にある"やる気のツボ"とも呼ばれる丹田の一つです。
身体全体の気が集まっているためここを刺激すると身体を元気にすることができます。
押し方としては優しくゆっくりと両手で指のお腹をつかって押すようにしましょう。





爪もみで免疫力も高めながらリフレッシュ!




画像出典:癒しまいんど


爪の生え際は神経線維が集中しており、
特に副交感神経(心と体をリラックスさせる神経)のツボが多い部分です。
ここをマッサージすることでその活動を活性化させリフレッシュすることができます。


方法としては爪の生え際の両脇を親指と人差し指で挟みこむようにして
薬指以外の指を先に順にもんでいきます。
(薬指は交感神経を刺激して心と体を活動的にしますので最後にもむようにしましょう。)


強さは痛気持ちいい程度であまり弱すぎず強すぎず、各指を10~20秒ほどもみましょう。
更にリフレッシュしたいときはもみながら指を根元からクルクル回してみるのも効果的です。






こっそりストレッチで血行不良を解消!





肩(リラックスして血行促進!)




画像出典:CLUB Panasonic
肩をすぼめてストンと落とすことで筋肉の緊張をほぐします。
数セット繰り返すことで血行が良くなるでしょう。





背中・胸(猫背も解消!)




画像出典:CLUB Panasonic


椅子に長時間座っているとだんだん背中の筋肉が伸び切った状態になり、
対して胸の筋肉は縮んだ状態になります。
その解消のため、反対の方向に筋肉を動かして身体を調整するのです。
椅子の背を両手でつかみ胸を前に押し出すことでこの筋肉の調整を手軽に行うことができます。





腰(ウエストもシェイプアップ!)




画像出典:CLUB Panasonic


腰も授業中に固まりがちな場所の一つです。
脚を組んで、片方の手で椅子の背をつかんで上体を支えながら
組んだ足と逆方向に腰をひねります。


わき腹から腰にかけて伸ばす感覚で10秒間キープした後、
脚を組みかえて逆に再度腰をひねってください。
左右のセットを数回行うだけでも腰回りが伸びてスッキリするでしょう。



授業中はなかなか目立つやり方のリフレッシュ方法はとれませんが、
ツボを押したりマッサージやストレッチだけでも
かなりの気分転換ができるのではないでしょうか?


ちょっと、疲れたなという時や眠くなったときなどにぜひ試してくださいね!

2015年9月7日

written

by ゆきんこ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop