現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

夢を叶えるためのワークショップ with DVT

446 views



1~2回生の学生さんとワークショップ



ひょんなことから、DVT(同志社ベンチャートレイン)の総会でワークショップをさせてもらえることになり、同志社田辺キャンパスに行ってまいりました。


メンバーは、皆、1~2回生。若い!
これからの世界を背負って立つ、可能性の塊!


内容はと言うと、
「自分の夢・目標を設定 → 今できることに落とし込む」
というシンプルなもの。


以下のような例にならって、紙に書いていってもらいます。


【例】


夢: デザインの仕事がしたい

(デザイン会社に入りたい)

(そのために実績を作る)

(クライアントを探す)

アクションプラン: 名刺を作って市役所で配布


実は、これ、とある学生さんが実際に起こした行動です。


芸大生や専門学校生だと、授業での課題や公募作品などを実績として企業に提出する場合がほとんどですが、彼は本物のクライアントワークでないとだめだと考えたんですね。


どうなったか?


彼は、見事にそこから仕事を受注し、
それを実績として表現の新卒採用を受けに来てくれました。


今、彼は制作プロダクションで働いています。




できる限り具体的に落としこむこと



マーケティングの仕事をしていて思うのは、
具体的に落としこむことがめちゃくちゃ重要だということです。


「売上を上げたい」と思っているだけでは、
たぶん、いつまでたっても売上はあがりません。


必要な情報を収集して、目標を設定して、具体的なアクションプランにまで落とし込んで、初めて物事は先に進みます。


個人の夢もまったく同じです。


具体的なアクションプランにまで落とし込めれば、行動に移すことができ、夢に一歩近づきます。


成功者が語る「夢は必ず叶う」という言葉の真意は、
そこにあると思います。


今回は、3~4名ずつのチームに分け、
メンバー同士でプレゼンとフィードバックをやってもらいました。


傍で聞いていましたが、んー、まだまだ抽象的なところで止まってしまっている人が多かったですね。


それでは、夢は叶えられませんよ~^^


「できたらいいな」ではなく、
「実現するために、今、何ができるか」を考える。


そこまで思考を習慣化して欲しいと思います。





経験から思考が生まれる



人は経験からしか学べない、というのが私の人生哲学です。


私たち大人がやるべきは、知識やノウハウを教えることではなく、思考を生み出すための経験を与えること。一歩踏み出せるよう、背中を押してあげること。


私は、若者が夢を持てる社会にしたいと本気で思っています。
これは、私の夢の一つです。


この夢を実現するために、私は以下の様なアクションプランを立て、実践しています。


■facebook,twitter,tumblrで想いを発信
■セミナーを開催して経験の機会を提供
■セミナーに呼ばれて経験の機会を提供

■インターンシップの場の提供


また、自分がもっと成功して影響力を持つことも必要だと感じており、そちらも具体的なアクションプランに落とし込んでいるのですが、その内容は、また別の機会に。

2014年6月12日

written

by tomohiro-matsui


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop