現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月12日更新

涙腺ゆるみっぱなし!泣けるアニメ映画7選

1506 views

思わず泣いてしまうようなアニメ映画を探しています。おすすめのアニメ映画を教えてください。(大学2年生・男性)


アニメだと思って侮ってはいけない!涙がポロポロ、鼻水ズルズル出てきて止まらない!

何度見ても泣ける!泣きたい時に見る!子供にも見せたい!そんな泣けるアニメ映画の名作7作をまとめました。

 

【火垂るの墓】火垂の墓



(出展:Amazon)

1988年公開。宮崎駿監督作品「となりのトトロ」と同時上映。また、公開当時映画は未完成であり、主人公が野菜を取って捕まる場面など部分的に色のつかない白味の状態で公開された。

 

<あらずじ>



海軍大尉の長男、清太は心臓を患う母と4歳の妹・節子と暮らしていた。

昭和20年の神戸大空襲により、母を失った清太は妹と共に遠縁の未亡人宅に身を寄せるが、未亡人のあからさまな意地悪に我慢できず、兄妹は家を出て川辺のほら穴に住みつく…。

激しい太平洋戦争末期の時代を懸命に生き抜こうとする兄妹の姿が涙を誘う。

作家、野坂昭如の戦争原体験を題材したアニメ作品。

1作品目に王道中の王道の作品を持ってきてしまいました…。

小学生時にこの作品を見て、その夜、中々寝付けなかったのを覚えています。

戦争つながりというわけではないですが、次はこの作品を…。

 

【クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦】しんちゃん戦国合戦



(出展:Amazon)

2002年4月劇場公開。『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ第10作目作品。

本作を原案とした時代劇作品『BALLAD 名もなき恋のうた』が草彅剛主演、山崎貴監督で制作された事でも知られています。

 

<あらずじ>



野原一家が天正2年にタイムスリップして、騒動に巻き込まれるお話。

合戦の最中、タイムスリップしてきたしんのすけのおかげで、敵の伏兵に気づき、命を救われた「鬼の井尻」と呼ばれる井尻又兵衛由俊は、しんのすけを城(春日城)へ連れ帰り、面倒を見る。

井尻が仕えている姫君、廉姫との身分違いの淡く清い恋。

そしてその結末を目の当たりにしたしんのすけの目からは大粒の涙が…。

「火垂るの墓」を見た時とは違い、「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を見た時は「いい大人」でした。

「いい大人」が恥ずかしいくらいに映画館で号泣したのを覚えています。

『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズは「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」など大人が見ても泣ける作品が多いですよね。

テレビシリーズで笑わせてくれるしんちゃんに、まさかここまで泣かされるとは…と思った人も多いのではないでしょうか?

しんちゃんも劇場版映画シリーズが長く続いていますが、こちらも長く続いているシリーズ作品です

 

【のび太の結婚前夜】のび太の結婚前夜



(出展:Amazon)

1999年3月に『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』と同時上映されたドラえもんの映画作品。

また、2014年8月に公開された『STAND BY ME ドラえもん』では「さようならドラえもん」等と一緒に3Dで描かれ世代を超えて語り継がれる名作です。

 

<あらずじ>



将来、しずかちゃんと結婚できるのか、不安になったのび太はある日、タイムマシンで未来に行くことにする。

本当は自分の結婚式が行なわれる日につくはずだったが間違えて前日に着いてしまった。

せっかくなので、と結婚式前日のしずかちゃん宅の様子を見に行くと、偶然にものび太は、しずかちゃんとしずかちゃんのパパの会話を聞く事になる。娘を思う親の気持ち、父を残して嫁ぐ娘の気持ちや、結婚への不安。更に、娘の父親が自分の娘の婿の事を語る言葉…。

この二人の会話を聞いて号泣せずにはいられない作品です。

 

【秒速5センチメートル】秒速5センチメートル



(出展:Amazon)

 

2007年公開。監督:新海誠。本作品は、「桜花抄」「コスモナウト」、そして「秒速5センチメートル」の3本の短編から構成。キャッチコピーは「どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか」

 

<あらずじ>



ここでは「桜花抄」のさわりだけを…両親の都合で転校を繰り返す東京の小学生、貴樹と明里。
共に図書館が好きな二人はごく自然に仲良くなる。同じ中学に通い、ずっと一緒だと思っていた貴樹だったが、

小学校卒業と同時に明里は栃木へ転校。それきり会うことが無くなってしまう。別れから半年が過ぎた夏のある日、明里から突然手紙が届いた事をきっかけに、文通を重ねるようになる2人。

だが、今度は、貴樹が鹿児島へ転校することが決まる。鹿児島と栃木という絶望的な距離。

「二度と会えなくなる前にもう一度、明里に会いたい」と約束した日、関東地方では大雪が降る。

3本の短編を併せても63分という短編の映画なので何度でも見れ、その切なさに何度でも泣ける作品ではないでしょうか。

 

【時をかける少女】時をかける少女



(出展:Amazon

 

2006年7月公開。テレビドラマ化され、主題歌もヒットした筒井康隆の小説『時をかける少女』が原作であるが、原作の物語の映画化ではなく、原作の出来事から約20年後を舞台に次世代の登場人物が繰り広げる物語を描く。

続編の形式を取っているjけれど原作を知らなくても特に問題はなく、実際、原作を知らない世代から、原作世代まで幅広い年齢層に感動を呼びました。

 

<あらずじ>



東京の下町にある高校に通う女子高生・紺野真琴が主人公。真琴はある日踏切事故にあったのをきっかけに、時間を過去に遡りやり直せるタイムリープ(時間跳躍)能力を身につける。

最初は戸惑っていた真琴だったが、この力の使い方を知るうちに、遅刻をなかったことにしたり、テスト問題を事前に知って満点を取ったりと、やりたい放題。

そんなある日、真琴と仲の良い2人の男友達との関係に、微妙な変化が訪れていく。

原作の主人公は真琴の叔母、和子。真琴の理解者であり、助言を与える存在として描かれている。

青春の甘酸っぱい三角関係の恋が胸をキュンキュンさせる映画です。

 

【ルパン三世カリオストロの城】ルパンカリオストロ



(出展:Amazon

 

『ルパン三世』の劇場映画第2作。宮崎駿の映画初監督作品。1979年12月15日公開。

 

<あらずじ>



ルパン三世と次元は、カジノの大金庫から売上金を盗むことに成功する。二人は浮かれていたが、それがゴート札と呼ばれる、史上最も精巧な出来を誇る幻の偽札であることに気づく。

その偽札を国家ぐるみで作っているという噂の「カリオストロ公国」に潜入したルパンは、ウェディングドレスを身につけた少女、クラリスと出会う。

その少女の正体はカリオストロ公国大公家の継承者、クラリス姫であった。

そして、クラリス姫はその昔、まだルパンが駆け出しだった頃、ゴート札の秘密を暴こうと、カリオストロに潜入し、失敗。重症を負ったところを助けた少女であった…。

この映画と言えば、クラリスとの別れ…からの…銭形警部この名言。

「奴は大変なものを盗んでいきました…あなたの心です」でしょう。

このラストシーンが有名すぎるのですが、この場面以外にも泣ける所は沢山あるので、是非見返してみてください。

 

【千年女優】千年女優



(出展:Amazon

2002年公開。46歳という若さで没した今敏監督の代表作。

 

<あらずじ>



芸能界を引退後、あらゆる取材を断り続ける伝説の大女優・藤原千代子。

そんな彼女が、かって自分の所属していた映画会社の古い撮影所が老朽化のために取り壊される事についてのインタビュー依頼を承諾。

それまで受けなかった取材に30年ぶりに応じる。

千代子のファンだった立花源也は、カメラマンの井田恭二と共にインタビュアーとして千代子の家を訪れる…。

「お涙ちょうだい」で号泣する映画ではなく、じんわりと涙が溢れてくる。そんな映画です。

今敏監督が若くしてお亡くなりになったのが、ただ、残念でなりません。

さて、7作品上げてみましたが、いかがでしたでしょうか。文章を書いているうちに思わずまた、涙がこみ上げてきそうでした。

もちろんこの作品が入っていないよ!とかご意見はあると思います。

私も選んだ後、あ、この作品も…あ、あの作品も…と思いつく作品がたくさんありました。

それらの作品はまたいつかご紹介したいと思います!

2015年1月12日

written

by おしょうさ�%8


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop