現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月11日更新

ロングブーツ&ショートブーツで魅せる!冬のあったかコーデ5選

4137 views



ブーツを使ったコーディネートって、下手すると足が太く見えてしまいそうでチャレンジできません…。履きこなすコツを教えてください。(大学2年生・女性)






最近は天気予報を見ていると、日本各地で雪マークが目立つようになってきました。


私の住む東京都心も朝夜は凍えるほどの寒さ!


(もっと寒い地方の方々には甘い!と喝を入れられそうですが…)



 

そんな真冬に女子が恐れる美容の大敵が“冷え”。


体の末端が冷えると、ホルモンバランスが悪くなり


痩せにくい体質になってしまうのです。


特に足先は外出中でも温かくしておきたい。



 

今回はオシャレしながら冷えに打ち勝つ!ブーツの着こなし術をご紹介します。




ショートブーツ 〜ムートンブーツ〜



今ではとっても身近になったムートンブーツ。


柔らかくて滑らかなシープスキンは、


カジュアルだけど高級感があり、中はボアで防寒性抜群!


モコモコしたぬいぐるみのような足元はどこか可愛らしさをプラスしてくれます。


ちょっとハードなアイテムを合わせて甘辛MIXコーディネート。





スタイリングポイント「ボトムスはなるべくタイトに」



ボリュームのある靴は下半身をスッキリ見せることが大切。


華奢な足首も隠れてしまうのでパンツならスキニータイプ、


スカートも足が長く見えるよう膝上〜膝丈のものがバランス◎




ショートブーツ 〜レースアップブーツ〜



今年トレンドのロックスタイルに欠かせない、レースアップブーツ。


有名なブランドの一つが“Dr.Martin”ですが、


馴染みのない人は「ハードすぎる」なんて思っていませんか?


一見メンズライクなシューズも合わせ方次第!


ワンピースとコーディネートすることで


ポップなガーリーさがより引き立って見えます。





スタイリングポイント「女性らしさを忘れずに」



メンズの間でも人気の高いDr.Martin。


そんなユニセックスアイテムを身につける時は


一ヶ所でもレディなアクセントを取り入れること。


例えばキラキラするアクセサリーだったりキレイな色のブラウスだったり。


全てが男性化してしまわないように気を付けたいものです。




ショートブーツ 〜ブーティ〜



ブーティとはくるぶし丈のパンプス風ブーツのこと。


足の甲やくるぶしが見えるデザインなので軽快で


春、秋、冬とスリーシーズンにわたって使えるのが魅力的です。


全身モノトーンで統一させると大人っぽい着こなしに。





スタイリングポイント「同色でまとめて足長効果」



スマートなデザインのブーティ。


スカートの時はタイツの色を同色にすることでスラリと足長に見せてくれます。


さらに上半身に視線を集中させるよう


明るい色のトップスや帽子などを合わせるのがおすすめ!




ロングブーツ 〜ニーハイブーツ〜



膝上ロング丈のニーハイブーツ。


スタイリッシュな上に足のシルエットを隠すことができるので、


下半身に悩みのある人には是非挑戦して欲しいデザイン。


定番の形ではないからこそ、これ一つでオシャレ感も上がります。


合わせるならスカート丈は断然ミニ!


ブーツが長い分、肌の露出部分が少なくて済むので


足に自信のない人も案外取り入れやすいはず。





スタイリングポイント「バッグは色のトーンを合わせて」



ブーツの中ではまだまだ新しいタイプのニーハイ。


ゆえに合わせ方がわからず“自分的成功例”のない人も多いことでしょう。


そんな時はブーツとバッグの色を揃えることでコーディネートにまとまりが出ます。


さらに美脚に見せるなら着痩せする黒を選んで!





ロングブーツ 〜乗馬ブーツ〜



色々なテイストのコーディネートに応用できる乗馬ブーツ。


クラシカルな雰囲気で上品に仕上がる王道のデザインです。


だからこそコーディネートはダークカラーでまとめてシックに大人っぽく。





 スタイリングポイント「ファー小物で素材の違いを楽しむ」



乗馬ブーツは名前の通り、元々ジョッキーが履いていたシューズ。


金具やレザーでかっちりした印象なのでファーアイテムを取り入れフェミニンな柔らかさを加えましょう。


まだまだ大活躍必須のブーツたち。


冬ならではのオシャレな足元で一緒に寒さを乗り切りましょう!




=================


ライター:IZUMI YANAGIHARA(パーソナルスタイリスト)


文化服装学院スタイリスト科卒業。
レディースの洋服から小物まで、インポートブランド一筋で接客業に携わる。
長い販売経験を経てファッションに悩む人達に


もっとパーソナルなスタイリングを提案をしたいと発起、


for*styleファッションビジネススクールにて


パーソナルスタイリスト久野梨沙に師事後、独立。


20代から60代まで幅広い年齢層の顧客を持つ“人好きのファッション好き”。
毎日が楽しくなる、オシャレに目覚める人が増えればと日々奮闘中。

2014年6月11日

written

by forstyle


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop