現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月23日更新

素朴な北欧の空気を楽しむ北フランスの観光スポット7選

3863 views

 卒業旅行でフランス周遊をしたいと思っています。ちょっと素朴な田舎の雰囲気が味わえるのはどこでしょうか?(大学4年生・女性)


フランスの観光地では、パリを初め、プロヴァンスなどの南仏が有名ですね。

一方、北フランスにも、魅力的な地方がたくさんあることをご存知でしょうか?

パリから日帰りでも行ける気軽さが嬉しい、ノルマンディー地方。

ベルギーとの国境に近いピカルディ地方や、シャンパンの本場シャンパーニュ地方などなど。素朴な雰囲気を楽しめる、北フランスのおすすめ観光スポットをご紹介します。

 

ブーヴロン・アン・オージュ





画像出典:http://www.les-plus-beaux-villages-de-france.org/fr/beuvron-en-auge-0

「フランスで最も美しい村」の一つとして認定されている、小さな村。

木組みの家が建ち並び、牧草地やりんご畑が広がる、のどかで愛らしい風景が魅力です。

シードル(りんごの発泡酒)街道沿いにあり、りんごを使ったお酒やスイーツが名物。

インテリアもかわいらしいカフェやアンティークショップなどに立ち寄りながら、のんびり散策しましょう。

(アクセス:パリから車で約2時間半)

 

 

ジヴェルニー



モネの邸宅と庭園





画像出典:http://www.fondation-monet.com/fr/le-clos-normand

印象派画家クロード・モネが晩年を過ごした邸宅と庭園。

アトリエ兼住居には、浮世絵コレクションの他、インテリアなどがそのまま保存されています。

広く美しい庭園には、名作「睡蓮」のモデルにした池など、見所たっぷり。

開園は、花々の咲き誇る4月~10月のみと、美意識の高さはさすがです。

すぐ近くの印象派美術館もおすすめです。

(アクセス:パリのサン・ラザール駅から電車で約50分、ヴェルノン駅下車。駅からバスで約10分)

 

オンフルール



旧ドッグ





画像出典:http://www.ot-honfleur.fr/decouvrir-honfleur/patrimoine-2/le-vieux-bassin/

セーヌ河口の小さな田舎町、オンフルールを象徴する港。

船が停泊する湾の周辺に、木組みの家が建ち並んだ絵になる風景が、多くの芸術家に愛されました。

現在はカフェやレストラン、雑貨のショップにお土産店などがあり、町の中心地として賑わっています。

他に、フランス最大の木造教会、サント・カトリーヌ教会、近代的なノルマンディー橋など、見所も豊富。

(アクセス:パリのサン・ラザール駅から電車で約1時間40分、リジュー駅下車。駅からバスで約50分)

 

ルーアン



ジャンヌ・ダルク教会





画像出典:http://air-travel-corp.co.jp/report/report277.html

フランスの国民的英雄、ジャンヌ・ダルクを祀る教会。

火あぶりの刑に処せられたヴュー・マルシェ広場前にあり、モダンな建築が印象的です。

ジャンヌ好きの方は、生涯を蝋人形で展示した博物館、幽閉されていた塔も必見。

(アクセス:パリのサン・ラザール駅から特急で約1時間10分)

 

ランス(Reims)



トー宮殿





画像出典:http://www.rurubu.com/overseas/detail.aspx?ID=122065

ノートルダム大聖堂、サン・レミ聖堂とともに、ランスが誇る世界遺産の一つ。

元大司教の邸宅で、現在は博物館になっています。

大聖堂や戴冠式で使用された宝物、タピスリーなど充実の展示内容から、きらびやかな歴史が垣間見えます。

そしてランスは、シャンパンで有名なシャンパーニュ地方の中心地。

ぜひ、街に点在するセラーも見学し、本場の味を堪能して下さいね。

(アクセス:パリの東駅からTGVで約45分)

 

アミアン



アミアンのノートルダム大聖堂





画像出典:http://www.visit-amiens.com/accueil

アミアンが誇る、フランス最大規模のゴシック様式の大聖堂。

世界遺産に登録されており、精巧な彫刻や、内部のステンドグラスなどは必見です。

散策には、サン・ルー地区がおすすめ。

テラス席のあるレストランやカフェが多く、運河を眺めながら休憩するのにぴったりです。

(アクセス:パリの北駅から急行で約1時間)

 

リール



グランプラス(ド・ゴール将軍広場)





画像出典:http://www.lilletourism.com/la-grand-place.html#thaut

ベルギーとの国境に近く、フランドル地方の面影が色濃く残る町、リールの中心地。

旧証券取引所、商工会議所の時計台、オペラ座など、美しい建築が集まる、絶好のフォトスポットです。

フランスでも最大規模の宮殿美術館や、かつてのホスピスを利用した博物館なども見応えあり。

曜日ごとのマルシェ(市場)では、地元の人々の活気を感じることができ、おすすめです。

(アクセス:パリ・北駅からTGVで約1時間)

 

いかがでしょうか?

それぞれに魅力的な、北フランスの町や村。

パリとはまた違う、フランスの素朴な一面を満喫して下さいね。

 

2015年1月23日

written

by 雪月風花


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop