現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月23日更新

有名写真家の作品から見る、写真に収めたいフランスの絶景7選

242 views

 フランスへ撮影旅行に行こうと考えています!素敵な景勝地を教えてください!(大学3年生・女性)


有名写真家の手にかかると、定番観光スポットも、改めてその魅力にハッとさせられる1枚に。

景勝地に至っては、もう行かずにはいられないと思うほどの憧れを掻き立てられます。

特にフランスは、観光客やアーティストも含め、世界中の人々を魅了してやまない国。

花の都パリを初め、大自然、小さな町や村など、見所豊富です。

そんなフランスの中でも、絶対に写真に収めたい、おすすめの絶景をご紹介します。

 

モンサンミッシェル





画像出典:http://dlift.jp/photo/photoDisplayWorldHeritage599

海に浮かぶ小島に築かれた荘厳な修道院は、フランス屈指の人気観光スポット。

かつては引き潮の時間にしか渡れなかった、神秘の巡礼地です。

パリから日帰りで訪れるのが一般的ですが、正直、もったいない!

ぜひ島内や対岸のホテルに滞在し、朝や夕暮れ、夜の幻想的な姿を写真に収めて下さい。

(アクセス:パリ・モンパルナス駅からTGVで約2時間。レンヌ駅からバスで約1時間半)

 

 

コルマール





画像出典:http://girlschannel.net/topics/176337/

コルマールは、フランス東部アルザス地方にあり、ドイツ、スイスとの国境に近い小さな町。

映画「ハウルの動く城」のモデルになったと言われている町で、メルヘンすぎると大人気なのです。

中世ドイツを思わせる雰囲気に、女子はもちろん男子だってときめいてしまうこと間違いなしです。

(アクセス:パリからTGVで約3時間)

 

 

エッフェル塔





画像出典:http://tabippo.net/france_heritage/

1889年に建設され、パリのシンボルとして愛され続けているエッフェル塔。

外観はもちろん、展望台からの大パノラマもまた素晴らしい眺めですが、最もおすすめは夜。

ライトアップに加え、時間限定でイルミネーションがきらめくシャンパンフラッシュは必見です。

(アクセス:徒歩で、シャン・ド・マルス・トゥール・エッフェル駅から約4分。

またはビル・ハイム駅、トロカデロ駅から約7~10分)

 

 

ノートルダム大聖堂





画像出典:http://tabippo.net/france_heritage/

セーヌ川の中州・シテ島から、約800年に渡りパリを見守り続けてきた大聖堂。

正面の塔に側面の尖塔、精巧な彫刻、内部のバラ窓とステンドグラス、レリーフ。

そして朝昼晩、どこをいつ見ても美しい、ゴシック建築の最高傑作です。

パリの街を見下ろせる塔には、お金を払ってでも上る価値あり。

(アクセス:シテ駅またはサンミッシェルノートルダム駅から徒歩約5分)

 

 

城砦都市カルカッソンヌ





画像出典:http://tabippo.net/france_heritage/

「カルカッソンヌを見ずして死ぬな」と称えられる、ヨーロッパ最大規模の城砦都市です。

二重の城壁内には、コンタル城やサン・ナゼール聖堂など見所豊富。

名物のカスレ(煮込み料理)や、子豚のはちみつグリルなど、舌でもカルカッソンヌを堪能して下さい。

(アクセス:パリから飛行機で約1時間半、電車で約5時間。カルカッソンヌ駅から徒歩約20分)

 

 

シュノンソー城





画像出典:http://tabippo.net/france_heritage/

フランス観光では有名な「ロワール古城巡り」の中でも、最も人気のある優美な城です。

歴代城主が女性だったことから、別名「6人の奥方の城」。

内部の各部屋や調度品、整った庭園、高級レストランにカフェなど、見所も施設も充実。

美術館並みの豊富なコレクションを有する、ギャラリーも必見です。

(アクセス:パリからTGVで約1時間、TERに乗り換えシュノンソー駅下車。駅から徒歩約2分)

 

 

いかがでしょうか?

何気ない街並みさえ絵になるフランスですから、シャッターチャンスにも恵まれているはず。

アングルやタイミングなどを工夫すれば、きっと有名写真家の1枚に近づけます。

あなたもオリジナルのベストショットを狙い、よりいっそう印象深い旅の思い出を作って下さいね。

 

2015年1月23日

written

by 雪月風花


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop