現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月12日更新

ツアーじゃ行きそびれてしまうフランスの隠れた名所7選

2891 views

 フランスに何度も行って、基本的なツアー地は周り尽くしてしまいました。隠れた名所を教えてください!(大学4年生・男性)


ツアーで行くフランスの観光名所と言えば、エッフェル塔や凱旋門、モンサンミッシェルなどが代表的。

世界一の観光大国には、それらの有名どころ以外にも、魅力的なスポットがたくさんあります!

フランスを訪れるのは数度目の方や、より個性的な旅を楽しみたい方におすすめ。

パッケージツアーでは行きそびれてしまう、フランスの隠れた名所をご紹介します。

 

【ナント】レ・マシーン・ド・リル





画像出典:http://jp.rendezvousenfrance.com/ja/news/42220

公式URL:http://www.lesmachines-nantes.fr/

「ナントの勅令」で有名なフランス西部の港町にあるのが、今、フランスで最も熱いスポット。

アートクリエイター集団「ラ・マシン」による、巨大オブジェのテーマパークです。

機械仕掛けの象や昆虫のアトラクション、展示など、スチームパンクそのもの。

SF好きはもちろん、そうでない方も楽しめるワンダーランドを、ぜひ満喫して下さいね。

(アクセス:ナント駅からトラムで約10分「シャンティエ・ナヴァル」下車、徒歩約7分)

 

【パリ】ジャックマール・アンドレ美術館





画像出典:http://www.musee-jacquemart-andre.com/fr/la-decouverte-du-lieu

ルーブルやオルセー美術館を訪れるツアーは数あれど、こちらが組み込まれているのは極めて稀。

パリ8区にある邸宅美術館&サロン・ド・テが、実は、行列ができるほど人気のスポットなのです。

主に、イタリアルネサンス、フランドル、18世紀フランス美術のコレクションが充実。

個人の物だったとは思えない、壮麗な建物と豪華なインテリアにも驚かされます。

(アクセス:地下鉄ミロメニル駅から徒歩約6分。またはバス停オスマン・クールセル下車すぐ)

 

【パリ】カタコンブ・ド・パリ





画像出典:http://www.expedia.co.jp/Paris-Catacombs-Paris.d6068807.Place-To-Visit

花の都・パリに巨大な地下墓地があるということを、ご存知ですか?

全長数百kmと言われる内の一部が観光ルートになっており、歩いて見学することができます。

薄暗い空間におびただしい数の人骨が整然と積み上げられて壁になっており、異様な雰囲気。

頭蓋骨で十字架やハートマークなどを形作っている個所もあり、フランス人の美的センスが窺えます。

(アクセス:入口はダンフェールロシュロー駅すぐ)

 

【アルザス・オルシュヴィレール】オー・クニクスブール城





画像出典:アルザス地方観光局

公式URL:http://www.haut-koenigsbourg.fr/fr/

日本人には少々、馴染み薄ですが実は、フランスでもトップクラスの人気観光スポットです。

軍事用の城のため質実剛健な造りで、ロワールなどの優美な宮殿と比べてみるのもおすすめです。

城内には、家具や武器などが保存され、中世の古城の雰囲気たっぷり。

山頂から眺めるアルザス平野は絶景です!

(アクセス:ストラスブールから電車で約20分のセレスタ駅からバスで約30分)

 

【シャルトル】ピカシェットの家





画像出典:http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=fr&u=http://www.chartres.fr/culture/arts-et-spectacles/maison-picassiette/&prev=search

墓守をしていた住人が、約30年の歳月をかけ、捨てられた陶器などの破片で飾り上げたと言う家。

壁、床、天井から、家具や雑貨、庭まですべて、メルヘンなモザイク画で埋め尽くされています。

おびただしい装飾に圧倒されますが、芸術の域に達しており、一見の価値あり!

4月から11月のみ見学できます。

(アクセス:シャルトル駅または旧市街からバスで「ピカシェット」下車徒歩約3分)

 

【トゥール】サン・ガシアン大聖堂





画像出典:http://www.don-neko.com/kuruma/all_seazon/UK_France/sono13/sono13.shtml

天を衝かんばかりにそびえるファサードが圧倒的な存在感を放つ、壮麗な大聖堂。

内装はシンプルなだけに、ステンドグラスの美しさが際立ちます。

隣のトゥール美術館も、建物や庭園が綺麗でおすすめ。

ロワール古城巡りの拠点として通り過ぎがちの町ですが、ぜひ時間を設けて観光してみて下さいね。

(アクセス:トゥール駅から徒歩約15分)

 

【ボーヌ】施療院(オテル・デュー博物館)



 



画像出典:http://vieillevigne.jp/blog-entry-167.html

「ブルゴーニュ・ワインの首都」として知られるボーヌでは、最も有名な観光スポット。

15世紀からの慈善病院で、現在は博物館として、当時を再現した室内などを見ることができます。

ファン・デル・ウェイデンの『最後の審判』、14世紀のタピスリーなど、見応えもたっぷり。

(アクセス:パリからTGVで約2時間、ボーヌ駅から徒歩約15分)

 

 

いかがでしょうか?

ツアーでフランスを訪れる場合でも、自由時間があればぜひ足を運んでみて下さいね。

 

2015年4月12日

written

by 雪月風花


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop