現在17271個の困ったを解決できます!

2016月8月17日更新

同棲後も忘れずにいたい「長続きするカップル」になる心得5か条

1667 views

今度から彼氏と同棲することになりました。
長続きさせるために気を付けることは何でしょうか?(大学3年生・女性)

隠れてキスするカップル




同棲すると今まで知らなかった相手の生活をまざまざと見せつけられます。
同棲前は気がつかなかった事が、同棲してから目につくように。しかも、一つ屋根の下に住めば帰る家には必ず恋人がいるという事。
今までとは違った衝突があるのは自然なことです。



では、どうしたら、上手く付き合っていくことができるのか、お互い気をつけたい事をまとめました。ぜひ、参考にしてください。




1、「ありがとう」「ごめんね」を忘れない


一緒に住むと、半分家族のようになってしまいます。


そうなると、相手がしてくれる事が徐々に当たり前に。

習慣になってしまうと、次第に「なんで自分だけ?」と思ってしまう事もあり、楽しいはずの同棲が「こんなはずじゃなかった」となってしまいます。


相手の存在が当たり前になるのは仕方がありませんが、些細な事でも「ありがとう」や「ごめんね」を言うよう注意しましょう。
また、役割分担はある程度しっかり決めておくのが良いでしょう。カップルによっては女性に家事の負担がかかりすぎる傾向にあるようです。
男性は積極的に手伝うようにしましょう。




2、恥じらいを忘れない


同棲すると相手の存在が当たり前になりすぎて、気が抜けます。


今まではフルメイクだったのが、スッピンも見せるようになりますし、洋服も段々と部屋着に。

最初のうちはそういう相手を見るのも新鮮でいいのですが、気を抜きすぎるのは要注意。


やはり、女として、男として、ある程度のところはシメたいですね。恥じらいを完全になくすと、相手の魅力が分からなくなってきてしまいます。
異性だという事をいつまでも相手に思ってもらうようにする事は同棲においてとても大事なことです。




3、話しあう時間を設ける


話し込むカップル



一週間に一度、恋人と話し合いをしましょう。相手が、同棲についてどう思ってるか、自分がどう思ってるか。負担は偏り過ぎていないかを確認しましょう。
直してほしいところも気軽に言い合える時間は欲しいですね。


同棲に無理は禁物です。必ずどこかで綻びが生まれます。女性の方は同棲の最初から頑張りすぎてしまい、息切れをする傾向も高いです。
自分のできること、キャパをしっかりと把握し、委ねるところは相手に任せましょう。




4、別々の部屋を持つ

自分ひとりだけの時間がほとんどなくなる同棲ですが、たまには一人で過ごしたくなるもの。そんな時、一人になれる場所がないとそれはそれで辛くなります。
自分だけの空間は確保するようにしましょう。また、頻繁に実家や友達の家に帰ったり遊びに行くようにしましょう。いつでも部屋にいるというのは慣れが出て危険です。


結婚がずるずると後伸ばしになってしまう危険性もありますので、一緒に暮らしていても極力「自由な自分」でいるように心がけましょう。





5、結婚を視野に入れた同棲にする

同棲をすると、結婚が遠のきます。これは、メリハリがなくなるせいです。
「このままでいいんじゃ」と思ってしまい、そのまま長いこと同棲生活・・・というのは避けたいし、目標があった方が生活に張り合いがでますね。
なるべく具体的に結婚する日を決めておきましょう。



恋人と一緒にいるのは楽しいですが、同棲には注意しなくてはならなかったり、イライラしてしまう事もあります。
なるべく、メリハリをもち、気遣いを大切にし、同棲生活をエンジョイしましょう。

2016年8月17日

written

by ごんざぶろ�%8


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop