現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月26日更新

【爆発的大人気!】アニメ妖怪ウォッチが世代を問わず人気な7つの理由

465 views

ポケモン世代なので妖怪ウォッチの良さがわからないのですが、何がそんなにいいのでしょうか。(大学2年生・女性)


2013年7月11日に発売された『妖怪ウォッチ』ニンテンドー3DS専用ゲームのソフト。
2014年1月ゲームのソフトに続きアニメが放映開始されるとゲームは100万本以上の
大ヒット。なぜ、子供に大人気になったのでしょうか。
妖怪ウォッチ3DS
画像出展:Amazon
 

その1 アニメの主題歌で踊る、ダンスが踊りやすい



「ゲラゲラポー ゲラゲラポー ゲラゲラポッポ」と歌い始まるこの歌詞。
何度も同じフレーズが出てきて子供たちがリズムに乗りやすく歌いやすい!!
また、歌と一緒に踊るダンスがとても簡単で、幼い子供でも踊れる振り付けになっています。
子供たちは、すぐに歌とダンスを覚えて遊びに取り入れているようです。
 

その2 子供たちの日常的な出来事から妖怪ができている



設定が、日常的で、自分が住んでいる町で起きていることになっています。
子供たちの日常から妖怪が飛び出てくるのです。
例えば、「リモコンかくし」リモコンを隠す妖怪。
リモコンがない場合は、この妖怪が隠している可能性あり。
「バクロ婆」なんでもしゃべりたくなって秘密ができない体にする妖怪。
あなたの身近にもおしゃべりな人がいるでしょう。
どこにでもありそうで、もしかして自分も妖怪が見つかられるかもと感じたのかもしれません。
 

その3 集めたいと子供の心をくすぐる



どの妖怪も個性的な性格やネーミング、かわいさがあるので集めたくなります。
その他に、妖怪の進化、妖怪同士や妖怪とアイテムの合成、特殊な条件を満たさないと
獲得することができない妖怪。
妖怪を強くするために、子供たちは、次々と妖怪を集めたくなっていきます。
 

その4 関連グッズでも遊べる



3DSの他に、妖怪ウォッチのカードゲームも登場している。
また、メダルは、おもちゃ売り場だけでなく、ガチャガチャで手に入れることもできる。
購入したメダルは妖怪ウォッチで遊ぶのはもちろんだが、バーコードで読み込み、
3DSに取り込めることだってできる。他にもじばにゃんの大好物、チョコボーも
コンビニエンスストアやスーパで売られており、手頃な価格で買えるので子供たち大人気だ。
 

その5 バトルがメインではなく妖怪とお友達になる



妖怪同士のバトルはありますが、妖怪を自分の敵として戦って倒していく「バトルもの」ではなく、
「友達、仲間になっていく」という設定なので、子供も親も一緒に楽しめます。
 

その6 親の世代にも合わせたキャラクター



昭和生まれの親も楽しめるキャラクターがたくさん登場します。
「口裂け女」口で言うだけで何も行動できなくする妖怪。
取りつくとみんなからの信用をなくしちゃう。この妖怪、どうみても“口裂け女”

「ブリー隊長」妖怪に大人気のエクササイズ「ブリーズビートキャンプ」で隊長。
これは、大ヒットしたダイエットエクササイズ“ビリー隊長・ビリーズブードキャンプ“
ではないでしょうか。

思わず子供たちに「お母さんもブードキャンプやったわ」、
「口さけ女って妖怪を知っている?」と親も子供たちの中に入り込んでしまいます。
今後も、子供と親が共通して楽しめるキャラクターが続々登場するかもしれませんね。
 

その7 子供たちがマネをしたくなるキャラクター



「コマさん」は、アニメの中で、“おら”、“~ズラ”(静岡弁、甲州弁などの語尾)、
“もんげー”(岡山弁でものすごい)としゃべり、子供たちにそのしゃべりが大人気になっています。
他にも、「認めん」全ても認めない3兄弟。“~じゃないよ”が口癖。
「じばにゃん」は“オレッチ、○○ニャン!”いろんな妖怪の口癖が出てきて、子供たちがマネをして遊んでいます。

参考になったでしょうか?
私たちが子どもの頃も、今も人気になる理由は、同じような理由なもかもしれませんね。

2014年11月26日

written

by たまゆ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop