現在17272個の困ったを解決できます!

2016月6月15日更新

金融業界希望の学生向け・就職に役立つ資格TOP7

14061 views

金融業界への就職に役立つ資格ってありますか?(大学2年生・男性)

資格を武器に戦う金融マン




金融業界で仕事をする場合、取得をしておくと有利になる資格がいくつかあります。


難関なものもあるので、しっかり勉強をして合格を目指してみるといいですね。




1、ファイナンシャルプランナー


ライフプランニングを行うことができる資格です。


個人だけではなく、家庭向けに資産などの情報を元にしてどのくらいのお金が必要となってくるのか、ということも相談に応じます。


特に最近では老後の生活が不安だという人が増加をしているので、豊かな老後を送るためには、どのような準備が必要となってくるのか、などを提案します。



1,2,3級に分かれており、国家資格でもあるので、金融業界で仕事をしたいと希望をしている場合、かなり有利になる資格です。


ファイナンシャルプランナーは金融業界で仕事をしている人がもっとも目指す資格でもあります。




2、宅地建物取引主任者


金融機関というよりも、不動産業で需要の高い資格ではありますが、不動産信託に関わってくる業務を行う場合には、取得をしておくと良いです。


投資会社への勤務を希望している場合、専門的な知識が必要となってくるので、宅地建物取引主任者の資格があるとスムーズな契約を行うことができます。


国家資格なので、取得も難しいです。




3、社会保険労務士


年金や社会保険に関わる専門的な知識が必要となってくる資格です。


銀行の年金相談窓口での勤務を希望する場合、この資格があると役立ちます。


社会保険というのは、素人には分からないことがたくさんあるので、専門家に相談を行った上で対応をしていくことも必要です。




4、銀行業務検定試験


金融業界全般の仕事に関わる知識が求められる資格です。


業務別に20系統35種目に分かれています。


保険や証券ではなく、銀行での勤務を希望する人であれば、取得をしておいたほうが良い資格です。




難易度はファイナンシャルプランナーよりも低く、誰でも受験をすることができる資格です。




5、証券アナリスト


近年、将来への不安から株式や債権などに投資をする人が増加をしています。


収入の減少、税金の増加によって、生活が苦しくなっている人もたくさんいます。


そこで投資を行うことを考える、ということになるのですが、どのように投資を行ったらいいのか分からないということだってあるのです。



そんな時、証券会社に証券アナリストがいれば、相談をすることができるので、便利なのです。


民間の資格の中ではかなりレベルが高いので、合格率も低いです。


難関だからこそ、取得をしていれば就職に有利です。




6、アクチュアリー


保険料などを算出することを専門に行う仕事です。


保険料はリスクに応じて変化をするものですが、そのリスクと保険料とのバランスを考え、適した金額を算出する専門職です。


民間資格の中では難関の分類に入り、実際に取得をしている人も少ないので、需要も高いです。





7、中小企業診断士


財務、会計、法務、IT、経営理論などの幅広い知識が必要となる資格であり、金融業界では推奨資格になっていることが多いです。


企業のコンサルティングを行うことができますが、融資を行う場合にはその企業の業績などをチェックする必要があるので、融資関連の仕事を希望する場合には、様々な視点から融資を行う企業を見ることができるので、取得をしておくと良い資格でもあります。






いかがでしたか?
毎年志望学生の多い金融業界。
できれば差のついたアピールで本気度を見せたいですよね。
金融業界にも様々な資格がありますが、国家資格であったり民間資格でも難関なものが多いので、取得をすると就職や転職に有利になることが分かります。


資格があれば、収入も多く見込むことができますよ。


ぜひ参考にしてみてください。

2016年6月15日

written

by ななまるね�%8


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop