現在17272個の困ったを解決できます!

2015月4月3日更新

経理担当者が本気で勧める5つの資格

6092 views

経理には何の資格が役立ちますか?(大学3年生・男性)


 



事務職の王道、それが経理部門です。
経理の専門としてやっていくために必要な、あるいは持っていると役に立つ資格5つをご紹介します。

 

日商簿記検定



http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/

言わずと知れた簿記検定です。

ただ経理担当としてやっていこうと思えば2級以上が必要になります。
基本的な経理の知識を全般的に勉強することになりますが、経理にしていれば「知っていて当たり前」の事ばかりになりますので資格を持っていることでのアピール力は弱いです。

この資格でアピールしたければ1級の取得をお勧めします。

 

計算実務能力検定



http://www.zenkei.or.jp/license/calculate.php

帳票計算と商業計算を出題範囲とし、帳票計算では現金出納帳・売上帳・精算表等の作成、入出金伝票の計算等実務的な検定になります。
商業計算では割合・比率・利息計算・福利計算・年金計算等の出題とし、経理担当者にとっては重要な技術である計算実務の能力が問われます。

 

MOS検定



http://mos.odyssey-com.co.jp/index.html

経理だけにとどまらず、今のオフィスでパソコンを使わずに済む部署はほとんどありません。
MOS検も持っていることでアピールになるわけではないのですが、「エクセルをきちんと使えます。」という証明にはなります。また、マクロまで使えれば経理事務上もいろいろと便利な場面も出てきますので持っていて損はないという資格です。


出典

 

ビジネス文書検定



http://jitsumu-kentei.jp/BB/about/contents

ビジネス文書には一定の型や特有の言い回しがあり、それを会得することによって、ビジネスで使われる基本的な文書が書けるようになります。
経理担当者も対外的文書を出す機会もありますので、一通りの常識を持っているあかしとして取得をしてもいい資格です。

 

FP技能検定



https://www.jafp.or.jp/

ファイナンシャルプランニングの資格です。
ライフプランニングという出題項目で、社会保険や年金等の知識、タックスプランニングで税務の知識と問われます。専門知識の入り口という程度ですが、全般的にお金の知識が必要とされますので、もっていると、役に立ちます。

 

以上、5つの比較的取りやすい資格を紹介いたしました。

経理担当者というのは簿記をきちんと行うスキルも当然必要なのですが、会社内部で様々な部署の人とのやり取り、対外的に丁寧に対応するスキルも必要とされる部署です。

ご紹介した5つの資格のほかにも税理士科目の簿財、中小企業診断士などの資格も挙げられますが、経理に直結するということは無いように思えます。

経理の実務能力というのは最近の会計ソフトの発達とともに日々の実務で十分にこなせるようになります。
資格は、あくまで「基本的な知識があります。基本的な操作ができます。」というアピールにすぎません。
ただ、転職、就職の際に資格があれば、それまで真面目に打ち込んできた姿勢、特に経理など地道な作業が必要な業務においてはまじめさを積極アピールすることには十分につながります。

また、現在すでに経理部門で働いている方は新しい資格取得も自己研鑽目手にトライすることはお勧めしますが、資格にとらわれず、日々の業務の中で正確さと丁寧さ、を発揮することが重要です。

2015年4月3日

written

by misokko1


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop