現在17272個の困ったを解決できます!

2016月6月27日更新

飲み方一つで防げる!飲み会で悪酔いしないための5つの対策

28116 views

以前、サークルの飲み会で悪酔いしていまい友達にかなり迷惑をかけてしまいました。飲み会で悪酔いして失敗しない対策を教えて下さい。(大学2年生 男性)


乾杯


画像出典:Fotolia © taa22




サークルの飲み会で飲み過ぎて失敗してる人ってけっこう見ますよね。

失言、居眠り、頭痛、嘔吐などなど……。

中には全く他人事ではなくて、飲み会で失敗した系の笑い話をいくつも持っている人もいると思います。

笑い話で済めば良いですが、病院に運ばれるレベルになっては笑ってもいられません。



今回はついつい悪酔いしていまいがちな人に向けて
飲み会で悪酔いしないための5つの対策を紹介していきます。





1 自分の限界量を知る



生ビール


画像出典:Fotolia © NOBU


始めに自分のお酒の限界量を知ることはとても大切です。
恐らく自他ともにお酒は弱いと認めている人達は、
特に自分の限界量を意識してお酒を飲んでいることでしょう。


しかし悪酔いしがちな人は大抵の場合、
お酒に弱い人ではなく、そこそこ飲める人の方が多いです。


中途半端に飲めてしまう人程、普段から自分の限界量を強く意識して
お酒を飲むペースや量をコントロール出来るようになりましょう。





2 意外とアルコール度数の高いお酒に注意!




画像出典:Suntory 鏡月HP


焼酎やウイスキーなどの場合、アルコール度数の強さと比例して飲みにくさのようなものがあります。
なので飲んでいる本人も強いお酒を飲んでいるな自覚しながら飲んでいるでしょう。


しかしアルコール度数が高くても、甘く飲みやすく作られたお酒も多く出てきました。
最近だと「ふんわり鏡月」がその筆頭格です。


「ふんわり鏡月」は「うめ」「ゆず」「アセロラ」の3種類の味があり
ほのかな甘みとフルーツのさわやかな味わいが特徴のお酒です。


しかし見かけによらずこの「ふんわり鏡月」は焼酎に分類されるお酒で
アルコール度数は16%と焼酎程ではないですがなかなか高いです。


見かけと味に騙されて「実はアルコール度数の高いお酒」を飲み過ぎると
悪酔いする原因となりやすいので注意しましょう。




3 酔いにくい飲み方を選ぶ



日本酒 熱燗 Japanese hot sake


画像出典:Fotolia © Nishihama


お酒の飲み方は人それぞれだと思いますが
一般的に温かいお酒はアルコールが身体に回りやすく酔いやすいと言われています。


焼酎や日本酒を「お湯割」「熱燗」で飲むのが好きな人もいるかもしれませんが
「今日は悪酔いしたくない!」という日はそうした酔いやすい飲み方は控えてみるといいかもしれません。


ちなみにイッキ飲みなどは論外ですので
悪酔いしたくなければ絶対にしないようにしましょう。




4 酔いにくいおつまみを選ぶ



チーズ


画像出典:Fotolia © Tsuboya


悪酔いしないためには、酔いにくいおつまみを選ぶことも大切です。


乳製品は体内でのアルコールの分解を早める働きを持っています。
お酒のお供になにか食べ物を頼む時は「チーズ」などの乳製品を選ぶと良いでしょう。





5 冷静になる時間を作る



トイレのイメージ


画像出典:Fotolia © beeboys


いわゆるサークルなどの飲み会では、その場の雰囲気に流されてイッキ飲みをしたり、
気付かないままにいつも以上の量のお酒を飲んでしまうことはよくあります。


そういったことを避けるために、飲み会の中でも一人で冷静になる時間を作りましょう。


飲み会の最中に一人になれるのはトイレしかありません。


悪酔いしたくない日は早め早めにトイレに行って
きちんと冷静になってから飲みの席に戻るようにすると良いでしょう。



以上、飲み会で悪酔いしないための5つの対策の紹介でした。

量を飲めるだけでなく、節度を守って迷惑をかけない飲み方ができる人こそが、「飲める人」です。
悪酔いすることなく、楽しい思い出にできるよう心掛けてみてくださいね。

2016年6月27日

written

by aritaku


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop