現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月24日更新

彼氏と別れる?別れない?迷いを断ち切る7つのチェック項目

18339 views

付き合い始めた頃は、彼のすべてが愛おしかったのに、今は一緒にいても喧嘩ばかり。
いやなとこばかりが目について、思わずため息。
早くお家に帰りたい…デート中にそんな風に思ってしまったら、それは別れが近いのでしょうか?

「お付き合いしましょう」二人の同意から始まるものなのに、一人の決断で終わってしまうのが恋です。
女性は、別れを告げる何日も、何週間も前から「別れ」を考えているものです。
では、彼と別れる、別れないの迷いを断ち切るには、どうしたらよいのでしょうか?

考える彼女


彼との時間



①彼とのデートの前の気分は?



楽しいはずの彼とのデート、その前の、貴女の気分はいかがですか?
洋服を選び、お化粧をして、彼に会える喜びに胸がいっぱいでしょうか?
愛する人とのデートの前も、とても幸せな時間です。彼と過ごす時間を思うと、満ち足りた気分になります。
しかし、準備も外出も面倒になってしまっていたら、それはもう「アウト」です。
体調が悪かったり、という場合はもちろん別ですが、面倒だと思う頻度が増して来たら別れることを考えましょう。
貴女のその気持ちは、態度に出ています。
自ら別れを切り出さなくても、近いうちに彼から別れを告げられるでしょう。

 

②彼と会った瞬間、思うことは?



待ち合わせ場所で彼を見つけた途端、自然と笑みがこぼれ、手を振り駆け寄る…恋人同士の姿です。
貴女はどうですか?彼を見つけた瞬間、落胆することがあるでしょうか?
彼の服装?身だしなみ?そのまとっている雰囲気?回れ右をして帰りたくなったら、それは「アウト」です。
人は愛し愛されていると、些細なことが気にならなくなるものです。
しかし、それはいつまでも続きません。魔法はいつか解けてしまうのです。
人はその魔法が解けるまでに、信頼や愛情を育て、許しあえる関係を築いていくのです。
その魔法が解けた瞬間に、落胆してしまうようであれば、それは愛ではありません。

 

③彼に触れたい?キスしたい?



人は、人の温もりを探しているのだと思います。
ですから、愛する人に寄り添い、キスを交わすことは自然なことです。
彼と二人でいるとき、自然と手を繋いでいますか?視線を合わせ話が出来ますか?
愛する人と一緒にいるときは、磁石のように彼に引き寄せられてしまいます。
彼と喧嘩したり、嫌なところが見えたりしても、まだ彼に引き寄せられていれば「セーフ」です。
喧嘩や言い争いをして、お互いを分かり合っていく過程にいるのです。
スキンシップのあるうちは、別れることを考えなくてもよいでしょう。

 

 ④彼とのデートの後の気分は?



「またね」とサヨナラをした瞬間、踵を返して、再び彼に会いたくなるものですが
貴女は一人になったとき、どう感じるでしょうか?
やっと終わった!やっと帰れる!そんな気分であれば「アウト」です。
任務遂行完了、といった感じでは、先がありません。潔くそのままお別れしましょう。

 

一人の時間



 ⑤嬉しいことがあったとき、真っ先に報告したいのは?



悲しいことや腹立たしいことは、女友達に話して発散する人が多いと思いますが
嬉しいことがあったときは、誰に伝えたいですか?
女友達では自慢に聞こえてしまうようなことでも、彼は一緒に喜んでくれます。
嬉しいことがあったとき、真っ先に浮かんだのが彼であれば「セーフ」です。
喜びを共有したいと思えることは、素敵な関係です。

 

 ⑥彼といる?一人でいる?



彼と別れようか…そう思った時、実際に彼と別れた後の、自分のことを考えてみましょう。
どんな自分が見えますか?趣味や友達との時間を楽しんだり、一人の時間を楽しんだり。
むしろ、彼のいない生活の方がワクワクしてしまったら、「アウト」です。
彼を失うことを恐れる気持ちより、今後の自分の人生に期待できるのであれば、
いっそ一人になってしまいましょう。

 

 ⑦彼のことが好き?



落ち着いて、彼を思い浮かべ、考えてみましょう。彼のことが好きですか?
ただ、恋人がいることの安心感や優越感を満たしているに過ぎないと思いませんか?
彼に愛されているという事実を手放したくないだけではないですか?
恋人=彼でなくても、構わないと思いませんか?そう感じてしまったら「アウト」です。
彼と別れて、次の恋に進む準備に入りましょう。

 

大好きだった人から、段々と気持ちが遠ざかっていく。とても寂しいことです。
別れを告げる方も、告げられる方も、とても悲しいのです。
でも、気持ちが離れている相手と一緒にいても、何も救われません。
彼と別れようか…そう思った時に、きちんと自分の気持ちを見極められる女性になりましょう。
そんな女性でいられれば、きっと、いつでも素敵な恋が出来るはずです。

2014年11月24日

written

by banff


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop