現在17272個の困ったを解決できます!

2016月9月6日更新

目分量だと不安な時に!計量スプーン・スケールの代用アイテム5つ

51195 views

料理本やサイトを見ながら料理をしようとしても、計量カップなどを買いそろえておらず、目分量で作ってしまいます…
なにか代わりに分量を量ることができるツールはありませんか?(大学3年・女性)



料理本どおりぴったり作りたい時、初めて作るレシピの時など、計量スプーンやスケールでしっかり計って作りたいところ。



でも、下宿や一人暮らしだとなかなか計量ツールを買いそろえていることは少ないですよね。



手元には計量スプーンやスケールは無い…でも、私は今作りたいんです!!


そんな時でも大丈夫!計量スプーンやスケールが無い時の裏ワザ代用ツール5選を紹介します。



調理する女性







ペットボトルのキャップ



計量スプーンがないとき、ペットボトルのキャップが役に立ちます。


ペットボトルのキャップは約7.5ccに規格が統一されています。


大さじ1は15ccですので、ペットボトルのキャップ2杯分になります。


また、キャップの内側にある線の部分までは、小さじ1の5ccになります。


こぼれやすいので注意して計量しましょう。



ただし、繰り返し使う場合は油などを入れてしまうと、ギザギザ部分に入り込んで洗うのが大変なことも念頭に置いておきましょう。




衛生のために、何度も同じキャップを使うのは避けるようにしてください。







ペットボトル



水の量を量りたいけど計量カップが無いとき、ペットボトルが代用できます。


まずペットボトルの容量を確認します。


500mlのペットボトルなら、1500ml必要なとき、3本分。250ml必要なら、半分。


お菓子づくりなど正確に計らなくてはならないときには計量カップ等を使うことをおすすめします。


ペットボトルはどちらかというと、「スパゲッティ1人分」や「お米3合分」などを計るときに向いています。


1.5L~2Lのペットボトルの口の大きさは、ちょうどスパゲッティ1人分を束にした大きさと同じです。


ペットボトルをスパゲッティの保存容器として利用すれば、1人分を計りながら取り出せて便利ですね。


500mlのペットボトルにお米をびっしり入れると3合分になります。


密閉性が高いので、虫がつきやすいお米の保存にもぴったり。冷蔵庫にそのまま入れておくのがおすすめです。


計量の手間も省け、持ち運びも便利なので、キャンプのときなどにも役立ちます。









スプーン



計量スプーンがないとき、家にあるスプーンでも代用できます。


ティースプーン1杯の量は約5cc。小さじ1杯分と同じ量になります。



カレースプーン1杯の量は約15cc。大さじ1杯分と同じ量になります。



ティースプーンは「小さじ」、カレースプーンは「大さじ」の代わりになりますね。



ただし、スプーンはデザインによってかなりサイズが違ってきてしまうので、目分量とあまり変わらないかもしれません。








おたま



おたま1杯分は小さいもので約50ccです。おたま4杯で1カップ分になります。


おたまによって容量が違ってきますので、一度おうちにあるおたまの容量を量ってみておくといいですね。


小さじ、大さじなど計量目盛り付きのおたまも売っています。



スープなどを作っているときにはちょうどいいですね。



計量スプーンを出す手間も省け、洗いものも少なくなるので、持っていると便利ですね。








計量カップ



キッチンスケールが無いけど「小麦粉100g」が計りたいというときに役立つのが、計量カップ。



参考URLの表からみると、小麦粉100gは計量カップ1杯分です。



他のものも重量換算表を使って計算してみましょう。
http://www.hikari-kinzoku.co.jp/kitchen/measure/measure_01.htm


また、計量カップは液体の大さじ●を量るのに便利です。


大さじ2は30cc。大さじ6は90cc。計算して目盛りに合わせて量りましょう。



計算を間違えるとかなり面倒なことになるので、頑張ってください。




いかがでしたか。



バレンタインや誕生日にスイーツを作りたくなった時や、普段何かを見て料理を作るとき。


計量グッズがなくても料理ができる、役立つ裏技をご紹介しました。



覚えておけば、計量スプーンやスケールが無い時やアウトドアの時などできっと役に立ちますよ。

2016年9月6日

written

by hirohirohiroko


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop