現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月30日更新

海外旅行で苦しむ時差ボケを解消するコツ

141 views

海外旅行に行くのですが、時差ボケが怖いです。どうやたら防げるのでしょうか?(大学3年生 男性)


 

数時間の時差がある国へ行った時に起こる時差ボケ。
睡眠障害やだるさ、場合によっては胃腸障害や頭痛が起こる事もあります。

観光・食べ物・ショッピングなど色々やりたい事があったのに
海外旅行に来たはいいけど時差ボケで楽しめない!なんて事にならないように
今回は時差ボケを解消するコツをご紹介します。

 

機内では現地時間にあわせて行動する



空港

時差ボケは体内リズムがズレる事によって起こるので
機内では現地時間に時計を合わせ、行動するようにしましょう。

飛行機に乗っている時に現地が昼なら眠くても仮眠をする程度で起きておく
(コーヒーをのんでカフェインを摂取したり必要であればサプリもあります。)
現地が夜なら眠くなくても眠る努力をするという風にするといいでしょう。
そのために数日前から少し生活リズムをズラしておくといいですよ。

 

太陽をあびる



太陽

体内時計をあわせるには朝日をあびる事が大切です。
到着し、次に朝を迎える時には必ず早起きし朝日をあびるようにしましょう。
また、昼に太陽をたくさん浴びておくと夜に睡眠ホルモンが出やすい為
日中は明るい所で過ごすと睡眠障害が解消されやすいです。

 

3食ちゃんと食事をとる



食事

現地についてから、食事は3食摂るようにしましょう。
普段は朝食をとらない、という方も多いかと思いますが朝食を摂る事が一番重要です。
バランスのいい食事が好ましいですが、無理ならバナナ一本でもパン一枚でもいいですし
シリアルも手軽に食べられて朝食にもってこいです。

これも体内リズムを整えるのに重要な事なので
旅行に出る前から少しでも朝食を摂る生活を心がけておくといいです。
機内での機内食も基本的に現地時間に合わせて提供されますので食べて下さいいね。

 

運動する



ランニング

旅行に行くのだからそれなりに動き回る時間が多くなりますが
たくさん動いたり、できれば運動するように心がけましょう。
スポーツするとまではいかなくとも、少し息があがるウォーキング程度でも効果的です。
血液の循環もよくなるので、その日の夜ぐっすり眠れるように運動したいですね。
一緒に水分補給する事も忘れずに。

 

時差ボケに効く薬を持っておく



サプリ

時差ボケに効くといっても、飲んですぐ治る薬というものではありません。
睡眠や食事など体内リズムを整えるための補助薬です。

眠れない時に睡眠導入剤となると少し抵抗がありますが、睡眠サプリメントという物もあります。
またビタミンB12は光の作用を助ける働きがあるので体内時計の狂いを補助してくれます。
頭痛が出た時の対処療法として鎮痛剤を持っておいたり
胃腸薬もしっかりとした食事を摂るために持っておくとよいでしょう。

 

参考になりましたでしょうか?
「もっと簡単に治るツボとかないの?」「飲むと一瞬で症状が無くなる薬はないの?」
と思われるかもしれませんが、何より体内リズムを整える事が大切なのです。
帰国時にも同じ事がいえるので気を付けてくださいね。

朝食、適度な運動、光をあびる事、など普段の忙しい生活で忘れがちな事こそ体を整えるコツなのです。
これを意識して快適な旅を送って下さいね。

2014年11月30日

written

by 雪消え月


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop