現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月28日更新

彼女が不安になってしまう彼氏からの言葉5選

1616 views

どんな言葉が彼女を不安にさせてしまうのでしょう。(大学3年生・男性)


彼女との会話の中で、あなたの何気ない一言が
彼女のことを不安にさせているかも…。
今回は、彼女を不安にさせてしまう彼氏の言葉を5つ、ご紹介します。

sad asian woman

その1:「別に」



彼女と喧嘩したとき、意見を聞かれたとき、この言葉を使ってはいませんか?
言われた側からすると、言いたいことがあるならはっきり言ってよ!と言いたくなってしまいます。

男性側としては、言いたいことをぐっと我慢して譲歩するつもりなのかもしれません。
しかし、不満そうな態度や関心のない態度は、こういった言葉からにじみ出てしまうもの。
思ったことをきちんと言葉にする努力が大切です。

 

その2:「忙しい」



これは、仕事ややるべきことが立て込んでいるとき、つい言ってしまう言葉です。
忙しいと、彼女との連絡がつい滞りがちになりませんか?

LINEやメールの返事をするのが億劫なほど、忙しいときもあると思います。
たまには弱音を吐いてしまうのも、仕方のないことでしょう。

しかし、ことあるごとに「忙しいから」という言葉を使っていると、「本当にそんなに忙しいのか」、「自分と連絡を取りたくないだけなんじゃないか」と彼女は不安になってしまいます。

人間、どれくらい待てばいいのかわからない状況は不安でストレスが溜まります。
しかし逆にどれくらい待てばいいのかわかる状況であれば、落ち着いて待つことができるものです。
例えば、「仕事が落ち着きそうな一週間後に連絡する」、などという風に、明確に「忙しい期間」を伝えてあげるようにして下さい。

 

その3:「興味ない」



彼女からオススメの本やアーティストを紹介されたときなどです。
たとえ興味がないと思ったとしても、この言葉を使うのは避けましょう。

自分の好きなものを、一番わかってほしい相手に否定されるのは悲しいことです。
好きなものや、好きなことを否定されることは、それを好きな自分自身をも否定された感じがするため、彼女を不安にさせてしまいます。

興味がないと思っていたものでも、読んだり聴いたりしてみれば、案外ハマるかもしれません。
「食わず嫌い」はせず、とにかく一度試してみましょう。

試した結果が芳しくないときは、間違っても「すごくよかった!」などと嘘は必要ありません。
どういう部分が苦手なのか、逆にどういうものが好きなのかを彼女に伝えてあげると良いでしょう。

 

その4:「自分でやるからいい」



彼女が何かを手伝ってくれようとしたとき、こんな言い方をしていませんか?
そういうつもりはなくても、どこか突き放したように聞こえてしまいます。

大好きな彼氏のために、困っているとき、少しでも力になりたい…。
そんな彼女の気持ちをしっかりと汲んであげることが大切です。

手伝ってもらえることがあるなら素直に手伝ってもらいましょう。
断るときは「今は大丈夫だから、手伝ってほしいとき声をかけるね」という風に答えると、彼女を不安にさせずに済むでしょう。

大切なのは、「私に手を出されたくないんだ」、「私に手伝えることなんてないんだ」と彼女に誤解されないようにすることです。

 

その5:「男前だよね」



どんなに男前な彼女であっても、これは言わない方が良いでしょう。
男前と周囲に言われてしまう女性ほど、実は女性扱いされることに憧れているものです。

表だって口にはしないものの、彼氏の前では女性らしくいたいと思っているはず。
ふとした瞬間に男前だなあと思ってしまっても、どうか言わないであげて下さい。

男前でたくましい彼女のことを、「一人でも大丈夫そうだな」、と思ってはいませんか?
「実は私だってこんな弱い部分があるんだよ」という本音は、男前な女性ほど、思っていても口に出せないものです。

「私のこと、男前だって思っているんだ…」というだけで、ショックを受けてしまう女性も少なからずいるはず。
「俺は○○より男前になるよ」と言えたら、周囲から頼りにされがちな彼女も、彼氏の前でなら女性らしくいられる、と安心してくれるかもしれませんね。

 

おわりに



いかがでしたか?何気なく使っていた言葉もあったのではないでしょうか。
この記事を参考に、ぜひ、円満なお付き合いをしていってほしいと思います。

 

2014年11月28日

written

by asuka-2


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop