現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月28日更新

過去の自分を否定しないで!失恋した気持ちを癒す5つの考え方

1554 views

失恋してしまいました。気持ちを癒したいです。(大学3年生・女性)


失恋をいやしたい

失恋。

まるでこの世の不幸を全て背負ってしまったように悲しいと思います。
もう一生笑える日は来ないのではないかと思えてしまうような苦しい思いを1人で抱え、
孤独に闘わなければならならない絶望感…。

でもそれは噓です。錯覚です。必ず新しい、もっともっと幸せな恋愛ができる日がきます。
一緒に今の悲しい気持ちから抜け出しましょう。

 

 

『不幸』を感じるこのは、『幸せ』を知っているから



あなたがもし現在失恋をして不幸を感じているとしたら、それはあなたが『幸せ』を知っているからです。
『幸せと不幸』『嬉しさと悲しみ』『喜びと憂鬱』など対になってるものは一見独立した感情に見えます。
しかし本当はどちらかの感情を感じたことがなければ一方の気持ちも知り得ないものになります。

人は常に何かを比べてしまう生き物です。「誰かと自分」「過去と現在」「理想と現実」。
失恋直後のときは「幸せだった頃の過去の自分」と「失恋してしまった悲しい現在の自分」を比べて落ち込んでいる状態です。
しかし、恋愛をしていた頃の自分を知らなければ、現在の悲しみをあなたは感じ得なかったわけです。

としたら、逆に『不幸』を感じてるあなたは『幸せ』を知っているということ。
『幸せ』を知っているということは、次の幸せも見つけられる知恵と経験を持っているということです。

今の感じてる悲しい気持ちを受け止めて、それすらも大切にしようという意識を、心の片隅どこか小さなスペースでもいいので持っていて下さい。
そうすれば次の幸せを見つけたとき、すぐにわかると思いますよ。
なぜなら、『不幸』と『幸せ』は真逆の気持ちなのですから。

 

 

頑張らなくてもいいという考え方



失恋初期は我慢しなくていいんです。思いっきり泣いて、とことん落ち込んでください。
人間いつまでも同じではいられないものです。ずっと悲しんでいることはないのです。
必ず立ち直り幸せになるという意思があることを前提で、その前に思いっきり自分のことを甘やかしてください。

相手のことを次の日すぐに忘れるなんて薄情なこと、真剣な想いであればあるほど有り得ません。
まずは傷ついた心を癒しましょう。自然と、「このままじゃいけない」と思える瞬間が来るはずです。
それまで無理をせず、決して自分のことを責めてはいけません。

 

縁はあったけど、運命の人ではなかった



地球上に何億と人がいる中で出会った相手。縁がなければ出逢うことなんてありません。
ましてや一時でもお互いに好意を感じた相手。
あなたには魅力があります。1人の異性を惹きつけるあなただけの強い魅力があります。
ただ、相手の人はあなたがずっと一緒にいるための運命の人ではなかったというだけのことなのです。

 

あなたの運命の人も、どこかで頑張ってる



彼と一緒にいる間、別れてから、あなたは何を学びましたか?
別れるのに色々な原因があると思いますが、そこに至るまでの中で、あなたが直せるところはありますか?

終わってしまった恋は、運命の人に出会うための通過点で、あなたの学びのチャンスです。
あなたはその人に出会うために成長しなければいけません。
なぜなら、あなたの運命の人もきっとどこかで、まだ見ぬあなたに会うために頑張っているからです。

人と人の出会いは、お互いの生きてきた道の偶然が幾重にも重なって交わってできています。
現在のあなたのどんな些細な行動がそこにつながるかわかりません。
そう思ったら、いつまでも内にこもっていてはもったいないと思いませんか?
いつかどこかで出逢う運命の人のために、少し勇気を出して行動しようという「意識」をまずは持ってみましょう。

 

あなたに送る偉人の名言



「あなたはただ、愛してくれない人を一人失っただけ。
悲しむのはむしろ彼の方だろうに。なぜなら彼は愛してくれる人を失ったのだから」

いつまでも立ち止まって後ろを振り返ってばかりではいけません。
失恋したあなたは可哀想なんかじゃありません。なぜならあなたは自由だからです。
これからいろんな人に巡り会えます。あなたがあなたを愛してくれる人を選んで、あなたもその人に選ばれるために。

 

 

いかがでしたか?

失恋は恋の終わりじゃないですよ。今からがスタートです。
この記事を参考に、あなたが新しいもっと幸せな一歩になることを願っています。

2014年11月28日

written

by ellie


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop