現在17272個の困ったを解決できます!

2015月10月9日更新

TOEICリスニング対策!公式問題集を使った効果的な勉強法

1040 views

TOEICのリスニング対策をどのようにすればいいですか?(大学1年生・女性)

TOEIC公式問題集で勉強して挑む


英語力を示す試験として注目を浴びているTOEIC。


最近では社内公用語は英語という会社もあり、会社によっては、応募条件にTOEICスコアの提示を示す場合もあります。


そのため就活を機に受験を検討されている方も多いと思います。




試験に向けて、問題集の購入を検討される方が多いと思いますが、最近ではTOEIC対策の問題集が多く販売されているため、どの問題集を購入すべきか迷われることも多いかと思います。


そのような場合は、まずは公式問題集に取り組まれることをお勧めします。


公式問題集は、TOEICを主催している団体が発刊しているため、問題集を解くことによって、出題形式や傾向を知ることができるため、特に勉強時間を十分に確保することが難しい方や短期間で集中的に勉強したい方に取っては、最適の問題集です。




今回はその公式問題集を使った効果的な勉強法をご紹介します。




1.試験と同じシチュエーションで問題に取り組む




TOEICは問題数が多いため、一つ一つの問題に時間をかけすぎてしまうと、最後の問題までたどり着く前に時間切れとなってしまいます。


そのため、リスニング対策として、制限時間内に全ての問題を解く訓練、が必要になります。


問題集に取り組む際も、だらだらと問題を解くのではなく、制限時間を設けて問題を回答するようにしてください。




2.音読をする




一度解いた問題は、問題文、回答文も含め、全て音読するようにしてみてください。


リスニングの対策なのになぜ音読が必要かと思われる方もいると思いますが、声に出すことによって単語や言い回しが身に付き、身に付いた言葉は聞き取りやすくなります。


たとえばCNNやBBCなどのニュースを聞いているときなど、全てを理解できなくても、自分の知っている単語や言い回しなどは耳に入ってきますよね。



ぜひ音読は取り入れるようにしてください。





3.繰り返し問題を解く


一度解いた問題は答えを覚えてしまっているから、何度も解くのは効果がないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ぜひ繰り返し問題を解くようにしてください。


リスニング問題に対する勉強で大切なことの一つは、英語を聞き慣れることです。


何度も同じ文章を聞いていると、暗記できるほどになってくると思います。




そして暗記できるほどになった文章はどこかで耳にした場合、必ず聞き取ることができます。


答えがわかってしまっているとしても、何度も繰り返し問題に取り組むようにしてみてください。




いかがでしたでしょうか?


TOEICは問題数が多いため、一つ一つの問題にかけられる時間は限られており、またスムーズに問題を解いていくことが必要になります。


そのため、話されている文章がすべて理解できなくても、瞬時にキーワードを聞き取り、文章全体を大まかに理解して回答することが必要になります。




そのためにはとにかく英語に聞き慣れることが必要であり、またどのような問題が出題されやすいか、出題傾向を知ることが重要になってきます。


そのような勉強法には、公式問題集を利用することが最適です。


ぜひ公式問題集にじっくりと深く取り組んで、リスニング問題のスコアアップを目指しましょう。

2015年10月9日

written

by superokami


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop