現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月7日更新

知らない人も多いのでは!?女子必見!鼻のメイクテクニック3つ

1788 views

毛穴が目立って、鼻のメイクがうまくいきません。どうしたら陶器肌を手に入れられますか?(大学1年生・女性)


鼻は顔の印象を決める大事なパーツですね。


つけまつげやアイラインなど、目元の印象を変える方法は知られていますが、鼻のメイク方法って意外に少ないですよね。


そこで今日は鼻のメイクに焦点を当てた、鼻のメイクテクニックを3つご紹介します。







まずメイク前に毛穴を引き締めておきましょう



鼻は皮脂腺も多く、どうしてもメイク崩れしやすい場所です。


ファンデーションやメイクが鼻の辺りで崩れてしまっては、せっかくのメイクも台無しになってしまいます。


ざらざらした角栓が気になる場合は専用のケアを心がけて、日ごろから角質や角栓除去のお手入れをしておきましょう。


洗顔後、メイク前に冷水をあてて毛穴を引き締めるか、引き締め用の化粧水をつけて、鼻の毛穴を引き締めておきましょう。


メイクの仕上がりも違いますし、後から乗せるファンデーションやカラーパウダーの崩れも防ぐことができます。





シェーディングパウダーとハイライトカラーを使う



スーッと通った鼻筋を目指して、影と光で立体感を作りましょう。


影にしたい部分には、濃い目の茶色いアイシャドウかシェーディング用のカラーを使いましょう。


光を入れたい部分(高く見せたい部分)には白っぽいパールやゴールドを乗せましょう。


マットな白よりパールやゴルドー系のカラーの方が自然に見えるのでおすすめです。





ノーズシャドーを入れる



やっぱり外国人の立体的な顔立ちって憧れますね!鼻の付け根の位置も高く、鼻筋も通っていますね。


実際の鼻を高くすることは難しいですが、メイクで高く見せましょう。


両方の眉頭の下から目頭と鼻筋に向かって、濃い目の茶色いアイシャドウをいれましょう。


鼻の始まる場所(目と目の間)にはハイライトをのせます。鼻骨を高く見せることができます。


やりすぎないように、様子を見ながらカラーをのせていきましょう。


小鼻の大きさが気になる場合は、シェーディング用のパウダーをブラシに取り、小鼻の気になる部分にのせます。


小鼻周辺はメイクがよれやすいので、肌より濃いファンデーションの方が崩れにくく、おすすめです。


影をつけることで、気になる小鼻の大きさを、ある程度目立たなくすることが出来ます。


小鼻が小さく見えることで、鼻全体もすっきり見えますね。




画像出典:@cosme






鼻筋にハイライトをのせる



鼻が低くて気になる場合や、鼻を高く見せたいときはノーズシャドーと合わせて鼻筋にもハイライトカラーをのせましょう。


ブラシにハイライトカラーを取り、鼻先に向ってハイライトカラーを入れていきます。


鼻筋に光が当たり鼻筋がすーっと通って見えます。


あまり塗りすぎるとかえって不自然になってしまうので、様子を見ながら軽くいれていきましょう。





団子鼻や鼻先が大きくて気になる場合はハイライトは鼻先には入れない



鼻先の大きさが気になる場合、鼻の存在感を薄くしたい場合はハイライトの位置に注意しましょう。


ハイライトをのせる場所は鼻筋のごく上の方だけにして、鼻先にまでハイライトをいれないようにしましょう。


視線をなるべく鼻からそらせて、目線が上の方に来るようにしましょう。



いかがでしたでしょうか。すっと通った鼻筋は誰もの憧れですね。


ぜひ鼻のメイクの参考にしてみてくださいね。

2015年9月7日

written

by rutaho


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop