現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月1日更新

うまくいってる年の差カップルに共通する5つのポイント

2804 views

4歳年上の彼と付き合うことになったのですが、不安です。

うまくいっているカップルが心がけていることを知りたいです!(大学1年生・女性)


 

年の差カップルというと、どんなことを思い浮かべますか?

乗り越えなければいけない壁も多そうですよね。

では、どんなカップルが年の差に関わらず上手くやっていけるのでしょうか。

共通点を5つにまとめてみました。

年の差カップル

 

①二人でできる新しい趣味を探す



どうしても、話題は年の差から変わってきてしまうはず。

違うことをしていると、同年代ではないがゆえに、話題が合わずに苦労してしまうことがあります。

なので、新しいことを二人で始めてみるのがお勧めです。

二人で新たに始めることがあると、二人ともゼロからのスタートなので同じ目線に立つことができます。

話題も豊富になるはずです。

共通の趣味があって楽しい、というのもありますし、同じ目線で同じくらいの経験値で、というと話が広がりそうですよね。

年の差は埋められませんが、経験値は同じくらいだと楽しく話をすることができそうです。

 

②年の差を気にしない



埋められない差を細かく気にしていると、二人でいる時間を楽しむことができません。

あまり年の話をせずに、同じくらいの年代だ、と思って話をしてもいいのではないでしょうか。

年上が「俺はオジサンだから……」「私はオバサンだから……」と思っていると、常に年下が気を使うことになります。

また、逆に、年下が「いつまでも追いつけない……」と思っているのも、年上が疲れてしまいますよね。

埋められない差を気にしすぎていると、二人でいる時間を楽しむことはできませんよ。

 

③相手に頼る



これも②に共通することであり、逆に、②とは少し違う観点です。

年下が年上に頼っても、年上が年下に頼っても良いのです。

何か心配なことがあったら、相手に頼ることが大事です。

年下が頼ってきたときは、年上が力になれるかもしれません。

逆に、年上が年下に頼ることがあっても、恋人からの励ましで元気になれるかもしれません。

変に気を遣いすぎて相手に頼れない、というのは恋人なのに勿体ないですよ。

何かあったら、年上は年齢を気にせずに相手に頼ってしまってください。

年下も、相手の経験を頼りにしてみるのも良いと思いますよ。

談笑する年の差カップル

 

④相手の話をよく聞く



喧嘩になった時に、つい頭ごなしに起こってしまったり、何も考えずに取り敢えず反駁してしまったりしませんか?

大切なのは、相手の話をしっかり聞くことです。

自分の方が年上だから、正しいと思ったり、年上相手だからこその反抗心を持ってしまったり、などでは、なかなか仲直りをすることができません。

まずは、相手の話をしっかり聞くことが大切です。

反論してもされても、相手の主張をしっかり聞きましょう。

 

⑤周囲の理解を得る



年の差カップル、というと周囲からは、誤解されたり色眼鏡で見られてしまったりすることがあります。

親しい友人、家族には、誠実に付き合っていることをしっかり示してください。

周囲からの圧力、というのは意外と厳しいものですが、周囲からの理解があれば、何かあっても頼りにすることができますよ。

 

いかがでしたか?

年の差があろうとも、二人が幸せなら良いですよね。

自分たちの気持ちを大切に、年の差カップルならではのお付き合いを楽しむのも良いと思います。

2015年4月1日

written

by kris


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop