現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月11日更新

お洋服を長持ちさせる!正しいお手入れ方法

5031 views

一人暮らしを初めてから、洗濯などがどうも手抜きになってしまっています。お洋服のためにも正しい洗い方や干し方を教えてください。(大学1年生・女性)




おしゃれの中で大事な要素である「清潔感」
その清潔感を保つには何が大切だと思いますか?
色使い?コーディネート?ヘアスタイル?
色々な答えがあるかとは思いますが、
私はお洋服の正しいお手入れだと思います。

せっかくおしゃれに気を配っていても
服にシミがついていたり、よれていたりしたら可愛さ半減ですよね。
いくら外見を着飾っていても、洋服を大切にする気持ちがなかったり
お手入れを全てお母さん任せにしているようでは本末転倒。
自分の着る服は、きちんと愛情を持って自分自身で管理するべきです!!

逆に、シンプルで何気ない服装でも
きちんとアイロンがかけられていたり、柔軟剤の香りがほのかに香るような
清潔感のある服装は、それだけでも十分「おしゃれ」だと思いますよ。

今回はお洗濯を中心とするお手入れ方法を伝授いたしますので、
是非実践されてみてくださいね!

 

おしゃれ着洗い





まずはお洋服のタグに注目。
ドライクリーニングマークや手洗いマークがついているものでも
ホームクリーニング専用の洗剤を使えば自宅で洗える物もあるのです。

例えば洗えないものといえば、以下のようになります。
・シルク、レーヨン、キュプラ、アセテート、革、毛皮など
・コートなど型崩れしやすいもの
・特殊なボタンや飾りがついたもの
・濃い色や柄など

上記に当てはまらなければ、おうち洗いにチャレンジしましょう!

 

洗濯機で洗う場合



シンプルなニットやブラウスなどは
大きさに合った洗濯ネットに入れましょう。
この時、あまり小さくは畳まず二つ折りなどできるだけ大きめに軽く畳むのがコツ。
汚れが気になる部分には予め指で直接洗剤をつけましょう。
メイクの汚れにはクレンジングが力を発揮!
あとは洗濯機の手洗いコースで洗うだけ。

 

手洗いの場合 



型崩れが心配なものや毛玉のできやすいものはやさしく手洗いを。
洗面器などに20~30度のぬるま湯をため、クリーニング用の洗剤を入れたら
手のひら全体を使ってソフトに押し洗いをします。
繊細な素材の場合はネットに入れましょう。

数回水を取り替えつつすすいだら、軽く絞ってバスタオルに包みます。
タオルごとねじって絞りましょう。
ボトムなど重みのあるものは洗濯機で1分ほど脱水を。
もちろんネットに入れて脱水してくださいね!

 

干し方にも工夫を!




トップス編



形を整え、風通しの良い場所に干します。
ハンガーを使う場合は針金タイプではなく
肩に厚みのあるものを使うと型崩れ防止になります。
ローゲージのニットなど伸びやすいものは平干しにしましょう。

 

ボトム編



パンツはは筒状に干して風の通りをよくして干します。
しわになりやすい素材のスカートやパンツは
脱水直後の半乾きの状態でアイロンをかけるとしわ対策になります。
アイロンの際は当て布を忘れずに。

 

ストール編



マフラーやストールを干すときは
2本のさおにМ字型に引っかけて干せばしわになりません。
一度伸ばして形を整えてから干すのもポイント。
乾いてからアイロンをかける必要がなくなります。
長々と書いてしまいましたが、コツさえつかめば簡単に洗えますよ!
自分のお気に入りの香りの洗剤を使ってお洗濯するのは
やってみると意外に楽しいものです♪
正しいお手入れでお気に入りのお洋服と長い付き合いができるように頑張りましょう!

 
=================


ライター:Kanako Nagahama(パーソナルカラーアドバイザー)


1988年東京都生まれ。



立教大学卒業後、アパレル会社に勤務。

その傍ら、for*styleファッションビジネススクールにて

パーソナルスタイリスト久野梨沙に師事、


パーソナルカラーの技術を身につけ、現在はカラーアドバイザーとして活動中。



販売の経験を活かし、

パーソナルカラーに基づいたファッションアドバイスを行っている。


ニーズや生活スタイルに合ったリアルクローズの提案を得意とする。

2014年6月11日

written

by forstyle


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop