現在17272個の困ったを解決できます!

2016月8月20日更新

冷え対策に最適!冬に作りたい美味しいホットドリンクレシピまとめ

0 views

朝晩の冷え込みも酷くなる冬は、おうちでホッと一息したくなりますよね。
お仕事の合間、お昼休み、外出から帰ってきた時などに、温かいドリンクはいかがでしょうか。


ここでは、冬場におすすめの、身体が芯から温まるホットドリンクをまとめてご紹介します。




ミントティー


ミントティーには、リラックス効果、デトックス効果、そして疲れを取る効果があります。

パソコンをずっと使うお仕事など、身体というか目や神経が疲れているという方に特におすすめです。

熱いお湯を沸かして、お仕事帰りのティータイムを楽しんでください。




ジンジャーティー


身体が温まる代表的なドリンクがジンジャーティーです。

最近は、女優さんなども身体を温めるために飲んでいると公言している方が多いですね!


市販のティーバッグもたくさん売られていますので、好みのものを見つけてください。




また、ジンジャーティーは自宅で作ってみるのもおすすめです。

おろし生姜に蜂蜜やお砂糖をお好みの分量入れてお湯を入れれば、身体の中からポカポカする美味しい飲み物の出来上がり。

市販のもの以上の効果を実感できると思いますよ。




昆布茶/梅茶+唐辛子


甘みのある飲み物はあまり得意じゃない、という方におすすめのホットドリンクがこちら。


昆布茶+唐辛子の組み合わせです。こちらも身体が温まります。


また、市販だと「とうがらし梅茶」なんてものもありますよ。


Amazonの人気商品のようです。


和の味わいが好みの方におすすめです。




ホットレモン/ホットゆず


生のレモンやゆずをお湯に絞って、はちみつなどを入れていただく…のもいいですし、


面倒な場合はポッカレモンなどを活用してもOKです。


また、ゆずなどのジャムがあれば、それをお湯で溶かすのもいいですね。


甘みは、はちみつ、お砂糖などで自分の好みに調節してください。




カモミールティー


ハーブティーの代表のカモミールティーも身体を温めてくれます。
このハーブティーにも少しジンジャーやレモングラスを入れると効果が増しますが、単品でも充分暖まります。


ホットワイン


一時流行りましたが、ホットワインもお薦めです。


最近日本では余り見かけませんが、普通のワインに、ほんの少しだけ、胡椒、唐辛子、シナモンと生姜を入れて20秒から30秒ほど電子レンジで温めれば完成です。


お好みで甘みを付けてもとても美味しく召し上がれます。
寝る前に飲むととても効果的です。



ホットミルク


ホットミルクに少しお砂糖や蜂蜜を入れて飲むの事は、古来よりヨーロッパの王侯貴族の伝統です。


牛乳が苦手な方もいらっしゃると思いますが、ホットミルクは安らぎ感を与え安心した眠りにつくと古来からヨーロッパでは言われています。



ホットココア

またココアもお薦めでアンチエイジング効果もあります。
ココアはカカオが興奮効果が有ると思われがちですが、相反して鎮静、リラックス効果も高い飲み物です。



カフェオレ

ランチタイム、外から帰ってきてカフェオレ・・・身体が温まりますね。
少し気分を変えたいときは、シナモンシュガーを入れてみてはいかがですか?コレで驚くほど温かくなります。




粉末スープ




自宅でスープを手作りするのはハードルが高いと思いますが、粉末スープなら手軽に美味しいものを楽しめます。



和風スープ、洋風スープ、中華風スープなど色々と揃えておくと楽しそうです。
和風、中華スープには少々の唐辛子や生姜、洋風には少々の胡椒をプラスすると、暖まり方が変わってきます。



いかがでしょうか。

冬場は、身体の芯から温めて行く事が一番健康に良いかと思われますし、リラックス効果にも繋がります。
ほっと一息、の後は再度お仕事、又はリラックスタイム、どちらにしても冷え対策には温かい飲み物で身体の中からポカポカ暖まるようにして行くと良いでしょう。


漢方でも冷えに対しては生姜や高麗人参などが使われます。
身体が冷えればそれだけ疲れやすく、疲労して、新陳代謝も悪くなり、仕事の能率も悪くなります。
また、疲れが残ってしまうので、身体がいつも疲れた状態になってしまいます。
その前に手作りホットドリンクで、身体の芯を温めて寒い冬を乗り越えましょう。

2016年8月20日

written

by liliaapril


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop