現在17272個の困ったを解決できます!

2015月4月1日更新

彼氏との価値観の違いがしんどいと感じる7つのタイミング

3597 views

最近彼氏と一緒にいる時によく違和感を感じます。これって価値観がすれ違っているということなのでしょうか?(大学2年生・女性)


どんなに大好きな彼氏でも、他人である以上価値観の違いはありますよね。
今回は、女性が彼氏との価値観の違いをしんどいと感じてしまう、7つのタイミングをご紹介します。

 

その1:お金のかけどころ



買い物する女性

価値観の違いで多くあげられるのが、金銭感覚の違いです。
ファッションにかけるお金が多い人もいれば、食事やギャンブルにかけるお金が多い人もいます。

女性は特に美容やファッションにお金をかける人が多いため、趣味にたくさんお金をかけて、ファッションには
ほとんどお金をかけない彼氏を、理解できないという人も少なからずいます。

金銭感覚の違いは、将来結婚を考える上でも問題になりがちな部分です。
もし本当にお互いのこれからを考えているのであれば、ある程度は許容する努力をし、それでも限度をこえる
場合は、一度きちんと話し合うことをお勧めします。

 

その2:恋人の優先順位



人によって、恋人の優先順位というのは大きく異なります。
友達でも先約であれば恋人より優先させるという人もいますし、友達との先約をキャンセルして恋人と
デートをする人もいます。

こうした恋人の優先順位に価値観の違いがあると、恋人なのに自分を優先させてくれない、
と不満を抱いてしまったり、逆に友達との先約を断ってまで自分とデートをしてほしくない、としんどく感じてしまう要因になります。
まずはお互いの価値観をよく知り、できるだけ許容しあう姿勢が大切です。

 

その3:マナー



高級レストラン

マナーに対する認識が違ったときです。
優先席に堂々と座って携帯電話を使用したり、食事の際くちゃくちゃ音を立てて食べたり、
そういったマナー違反を平気でする人と、そういったことは絶対しない、という人がいますよね。

こうしたマナーに対する行動は習慣であり、デートや行動を共にするとき目につきやすい部分です。
いくら性格や外見が好みでも、普段の行動が合わないと女性は疲れてしまいます。
普段彼女がどういう行動をしているのか、デートのときなど気にしてみると良いでしょう。

 

その4:時間



例えば、待ち合わせ時間に対する考え方が違ったときなどです。
毎回遅刻してくる人や、少し遅れると言って30分以上遅れてくる人もいます。
逆に、待ち合わせ時間の10分前にいるのが当然、という人もいるでしょう。

また、デートコースを決めたとき、水族館を見て回る時間はこのくらい、バスはこの時間に乗る、といったように
ある程度時間を決めておく人もいれば、時間を全く決めず、気ままに行動する人もいると思います。

それらに対して不満や相違があるとき、女性は小さくても何かしらのサインを出しているものです。
「もう少し見て行こうよ」、「○○時のバスに乗るんだよね?」などのセリフ、そして彼女の表情をよく見て、
その小さなサインを見逃さないようにしましょう。

 

その5:家事



家事をする女性

家事は女性がやって当たり前。そういう風に考えている人も少なからずいるでしょう。
しかし、今は女性も当たり前に働く時代。中には専業主婦になりたいという女性もいますが、明確な夢を
もっていて、バリバリ働きたい!という女性がいることも確かです。

彼女を部屋に呼んだとき、掃除や料理をしてもらうことを当たり前のように思ってはいませんか?
恋人は、家政婦でも召し使いでも、あなたの親でもありません。

それでもあなたの世話をしてくれるのは、恋人であるあなたを好きだからこそです。
今まで家事を任せきりにしていた方は、これを機にお手伝いをしてみてはいかかでしょうか。

 

その6:笑うポイント、泣くポイント



例えば一緒にお笑い番組を見ているとき、自分は爆笑しているのに恋人はつまらなそうだった、
もしくは感動ものの映画を見ているとき、
自分は号泣しているのに恋人は平然としていた、などの経験はありませんか?

笑わない、泣かないだけならまだしも、「何が面白いの?」「何が悲しいの?」と言ってしまった場合、
この人とは感覚の共有ができないのだな、と感じてしまう人もいます。

感覚的な問題ですので、なかなか解決するのが難しいところではあるのですが、せめてお互いが面白いと
感じるもの、悲しいと感じるものについて、否定をすることだけは避けましょう。

 

その7:異性の友達との付き合い方



異性の友達との付き合い方は、浮気とそうでない場合の判断基準にもなることです。
二人きりで遊んだ時点で浮気だという人もいますし、異性でも友達ならば二人で遊びに行って良いと
許容する人もいます。

友達だから、と何も言わずに異性の友達と二人で出掛けたことが、後々恋人に知れて喧嘩になってしまうという
ケースも実際にあるようです。
恋人がどこまでを許容範囲としているのかお互い知ることで、こうした価値観の違いによるトラブルは
未然に防ぐことができるでしょう。

 

おわりに



いかがでしたか?
価値観の違いが大きなトラブルになってしまうこともあります。
お互いをよく見て、話を聞いて、うまく折り合いをつけながら幸せなお付き合いをしていって下さい。

2015年4月1日

written

by asuka-2


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop