現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月1日更新

大自然を楽しみ尽くす!爽快アウトドア遊び10選

13857 views

 今度サークルのみんなでアウトドアをしようと思います。いつも日常を忘れて、大自然を感じられる遊びを教えてください。(大学2年生・男性)


空、海、山、川、大地、雪……、大自然こそ、遊びの宝庫!

太陽の光を浴び、風を感じ、水や土にまみれて遊べば、生きている実感が湧いてきます。

解放感もたっぷりで気分爽快、自然を体感できるアウトドア遊びをご紹介します。

 

 

パラグライダー





画像出典:http://www.japan-para.com/osaka/index.html

空を飛ぶ、それは人類の夢……、パラグライダーで叶えてみませんか?

大地を蹴り、宙に浮いたら、風に乗って大空へ、まるで鳥になったような気分を満喫できます。

空へ、そして輝かしい未来へ、大きく羽ばたきましょう!

 

 

スポーツカイト





画像出典:http://www.yamanami-farm.jp/event/kite.html

凧揚げと言うと、昔、子供がお正月に遊んだイメージ。

ですが、こちらは大人も遊べる、かっこいいスカイスポーツの一種です。

カイト(凧)を大空に舞い上げるには、風を読み、糸を操るテクニックが必要。

体を動かすというよりは意外と頭脳戦なので、運動が苦手な人でも楽しめるのが嬉しいポイントです。

 

 

ボディボード





画像出典:http://www.sun-child.net/experiencebodyboard.html

サーフィンって、かっこいいけど、立ち上がるのが難しそう……。

そういう方には、立ち上がらずに波乗りを体験できる、ボディボードがおすすめ!

サーフボードよりも小さく軽いため持ち運びが楽ちん、女性にも大人気のマリンスポーツです。

 

 

スキューバダイビング





画像出典:http://sbb.ti-da.net/e3421280.html

海の中に潜って見れば、そこに広がるのは神秘の世界。

カラフルな魚達、時にはウミガメやイルカと一緒に泳ぐなんていう、感動体験が待っています。

水中にたゆたう内に、日頃のストレスも溶け出して、スッキリ爽快気分になれますよ。

 

 

ホーストレッキング





画像出典:http://www.asoview.com/3000000500/pln3000001203/

馬の背に揺られて、草原や森、浜辺を散歩したり、川や山を越えたり。

目線も高く、自分の足で歩くトレッキングとは、一味違う大自然を満喫できます。

動物と触れ合うことで、癒し効果も倍増すること間違いなしです。

 

 

ケイビング





画像出典:http://www.caving.jp/photos.html

ケイブ(洞窟)を探検するという、人気急上昇中のリアルアドベンチャーゲーム。

泥まみれ、びしょ濡れになって、地底の世界を這いずりまわる楽しさを味わうことができます。

鍾乳石や地底湖など、地球の神秘に感動必至です。

 

 

シャワークライミング





画像出典:http://www.miyamanavi.net/p-ri0002/

水しぶきを全身に浴びながら、沢や滝を登ってみませんか?

登り切ったら、岩場のウォータースライダーを滑り降りたり、滝壺にダイブしたり。

達成感や爽快感と共に、マイナスイオンたっぷりで癒し効果も抜群です。

 

 

ラフティング





画像出典:http://river-guide.org/

シャワークライミングでずぶ濡れになったら、ついでにこちらもいかがでしょう。

急流や激流を下る川遊び・ラフティングは、岩をジャンプしたり、滝に落ちたりとスリル満点。

流れの緩やかな場所では、川沿いの風景や渓谷美も堪能できます。

 

 

スノーボード





画像出典:http://freerideworldtour.com/splash

雪山を遊び尽くすなら、スノーボードがおすすめです

転ぶと痛いので、ぜひ雪がフカフカなゲレンデで遊んで下さいね。

清らかな白銀の世界を滑走する気持ち良さは、たまりませんよ!

 

 

雪合戦





画像出典:http://tokainewspress.com/view.php?d=111

最も童心に返れる遊びと言っても過言ではない、雪合戦。

なんと国際大会まで存在し、スポーツ雪合戦というジャンルも確立しているのです。

大の大人が本気でバトるからこそ、楽しさもひとしおです。

 

 

雄大な自然と一体になれる、アウトドア遊びの数々、いかがでしたでしょうか?

爽快感、達成感、スリルなど、テーマパークのアトラクションの比ではありません。

体験プログラムなども活用し、大自然を楽しみ尽くして下さいね。

 

2015年4月1日

written

by 雪月風花


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop