現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月9日更新

どんより気分の原因かも?ホルモンバランスの乱れを予防する5つの方法

2574 views

最近気分が晴れません。なにか原因があるのでしょうか?(大学2年生・女性)

ホルモンバランスを崩した女性


イライラしたり、鬱気分になったり、無気力になったり。


そんなことありますよね。


もしかしたらそれは、ホルモンのバランスが乱れているのが原因かもしれません。



ホルモンバランスが乱れてしまうと、イライラや鬱、生理不順、更に頭痛や肌荒れになることもあります。


そこで、ホルモンバランスの乱れを予防する5つの方法をご紹介したいと思います。




1.食生活の改善、効果的な栄養素を食事から摂る


食生活の乱れは、ホルモンバランスが乱れてしまう要因にもなります。


ホルモンバランスを改善する為に有効な栄養素を効果的に摂取し、予防につとめましょう。


それでは、ホルモンバランスの改善に有効な栄養素と、その栄養素が多く含まれる食品をご紹介します。




「大豆イソフラボン」


ホルモンバランスの改善に効果を発揮するといわれているのが、大豆イソフラボンです。


女性ホルモンである「エストロゲン」と似た働きがあると、注目を浴びている栄養素です。


エストロゲンは加齢と共に分泌量が減少していく傾向にあります。




そこで、大豆イソフラボンを体内に取り入れることで、エストロゲン不足を補ってくれるといわれています。


では、その大豆イソフラボン、どんな食材に含まれているのでしょうか。


納豆や豆腐、豆乳、味噌、醤油、きな粉などの大豆食品全般に含まれています。


「ビタミンB6、ビタミンE」


ビタミンB6には女性ホルモンの代謝に働きかけ、バランスを整える作用があるといわれています。


ビタミンB6を多く含む食材には、以下のようなものがあります。


マグロやかつおといった魚や、肉類のレバーなど。



また、大豆製品やナッツ類、にんにく、バナナなどにも多く含まれています。


ビタミンEには、ホルモン分泌器官の細胞膜などが酸化を防ぐ作用があるといわれています。


ビタミンEを多く含む食材には、以下のようなものがあります。




植物油やアーモンドなどのナッツ類、うなぎやかぼちゃなどにも多く含まれています。




「パントテン酸」




副腎皮質機能を活性化させ、ホルモンの分泌を促進する作用があるといわれています。


パントテン酸を多く含む食材には、以下のようなものがあります。


肉類のレバー、うなぎや納豆、落花生、アボガドなどに多く含まれています。




2.ハーブ、アロマテラピー


強いストレスもホルモンバランスが乱れる要因の一つです。


そこで、ストレス軽減に効果的といわれているアロマテラピーで、リラックス効果をもたらすのも有効的です。


エッセンシャルオイル(精油)には、ホルモンのバランスを整えてくれるものもあります。




また、ハーブティーにもリラックス効果をもたらし、ストレスを軽減してくれる作用のあるものがあります。


そこで、ホルモンバランス改善に効果的といわれている、エッセンシャルオイル、ハーブティーを、


ホルモンバランスの乱れで起こる様々な症状別にご紹介します。




エッセンシャルオイル




・便秘・・・ペパーミント、ローズマリー


・イライラや憂鬱、情緒不安定・・・ローズ、イランイラン、ゼラニウム、ラベンダー


・生理痛・・・ラベンダー、クラリセージ、マジョラム


・生理不順・・・カモミール、マジョラム、ゼラニウム、クラリセージ


・生理中のむくみ・・・ローズマリー


・冷え性・・・ローズマリー、ローズ、ゼラニウム


・更年期障害・・・カモミール、ゼラニウム、クラリセージ、ローズ




ハーブティー




・気分が落ち込んでいる時・・・ラベンダー、オレンジピール


・リラックスしたい時・・・カモミール、ペパーミント、ローズ、レモンバーム


・肌荒れ改善・・・ローズヒップ、ハイビスカス


・冷え性・・・ジンジャー、レモングラス




3.睡眠不足改善




睡眠時間が十分に取れていなかったり、熟睡出来ていなかったりと、


睡眠の質が悪い時などもホルモンバランスが崩れる要因となります。


十分な睡眠を取り、体を休めることもホルモンバランス予防の一つの方法です。






4.ウォーキング


日頃からの運動不足もホルモンバランスを崩す要因の一つです。


運動は、自律神経を活性化させる働きを持っています。


そのため、運動不足になってしまうと自律神経を刺激することが減ってしまいます。




結果、ホルモンバランスを整えようとする働きが低下してしまい、ホルモンバランスを乱す要因になってしまうのです。


かといって、スポーツクラブに通うなどということは大変ですよね。


そういったことをしなくても、簡単に運動不足を解消する方法があります。




それは、ウォーキングです。


休日などを使って近場をウォーキングしてみたり、歩いていける場所へはなるべく歩いていくようにする、


エスカレーターやエレベーターをなるべく使わず、階段を使うようにするなどでも、十分に効果は得られるのです。





5.効果的なサプリメントを飲む


食生活の改善など、食事内容を見直すことがホルモンバランス改善の一つですが、日常生活で、補いきれない場合も出てきてしまいます。


そこで、サプリメントなどから補給することも大切になります。


ホルモンバランス改善に効果的なサプリメントは、大豆イソフラボン、亜鉛、ビタミンE。




そして今、注目を浴びているもう一つの栄養素。


「マカ」です。


マカとは、もともと、非常に限られた地域でのみ栽培されていた植物。


南米ペルーのアンデス山脈で生育、栽培された植物です。


マカには多くのビタミン、アミノ酸、ミネラルが含まれいると同時に、
ホルモンバランスに重要なエストロゲンに似た作用を持った植物エストロゲンや、
代謝を助けるグルコシノレート、ステロール、アルギニンなどの成分がたくさん含まれているため、
ホルモン、自律神経の調整機能を整えるのに最も効果的な栄養素です。




いかがでしょうか。


日頃の食事を少し変えてみたり、歩く距離を増やしてみたり、身近なところから予防ができます。


ストレスを軽減し、ホルモンバランスを整え、楽しい毎日を過ごしてください。

2015年10月9日

written

by 悠月


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop