現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月17日更新

ファッションに疎くてもおしゃれな人に見せる5つのテクニック

1167 views

4月から大学生なのですが、私はファッションにうとく、周りから浮かないか心配です。(大学1年生・女性)


ふふふ

華の大学生になったなら…



大学生になると今までと違い私服の登場シーンが格段に増えて、今までファッションに無頓着だった人もおしゃれが必要になってくると思います。
でも、急にそんなこと言われても何を選べば良いかわからないという人もいるでしょう。そんな人が服選びで失敗しないポイントを紹介します!




1.自分の身長・サイズを把握しておく



初めておしゃれ用の服を買いに行くときに、いつも来ているジャージがMだからMでいいだろうなんて思っているとやたら小さかったり大きかったりなんてして、結局どのサイズを着ればいいのか解らないという人が多いです。おしゃれ用の服は普通の服に比べて基本的に幅が狭くスリムに作られていて、ブランドによってはあえて大きめに作っているというものもありS・M・Lの基準もブランドによってバラバラです。(表記自体がブランド特有なものの場合もあります)
なので基本的な自分の体のサイズを把握しておくことをお勧めします。具体的には身長・肩幅・袖丈・股下あたりでしょうか。大きすぎず小さすぎずジャストサイズのものが最も見栄えしやすく、かつほかに着る服の邪魔をせず合わせやすくなるでしょう。




2.自分の顔の色を把握しておく



最初に選ぶ服ですからあまり派手な赤や黄色の服はお勧めしませんが、フォルムや組み合わせによってはおしゃれ初心者の方にも手をだせるようなアイテムもあります。


しかし、そんな時に気を付けたいのが自分自身の雰囲気と合うかどうかを見極めることです。服の色とその人が持っている雰囲気というのは密接な関係にありますので、ぜひともミスしたくない場面です。そんな時に簡単に区別できるのが顔の色です。よく色白とか色黒なんて言いますが、色の白っぽい人は青やモノトーンのような白黒系などの落ち着いた配色が合います。逆に色の黒っぽい人は赤や黄色なんかの少し派手な明るい色が似あいます。細かいポイントは他にもあるのですが最初に選ぶ服はこの程度の基準で全然OKです。




3.自分の今持っている服を把握しておく



私服で着られるような服を持っていないといっても、例えば兄弟のおさがりや両親が昔着ていた服など何かしら使えるアイテムがあるかもしれません。そのような服が家にどれくらい・どのような服があるかを把握しておくと便利です。
よくショップの店員さんにアドバイスを促すと「普段はどんな服を着るのですか?」と聞かれることが多いです。そんな時に家にあるものを思い出して、そのアイテムを踏まえたトータルコーディネートを考えれば学生でお金がなくても一式そろえるのにも負担がぐっと減ります。




4.ファッション雑誌をチェックしておく



いきなりお店に行って何のイメージもしていないと何を買っていいかわからず、結局自分に合わないものだったり欲しくないものを買ってしまうことがよくあります。自分の周りのおしゃれな人を参考にするのももちろん一つの手ですが、自分のセンスに自信が無い時に自分の目で選んだものを参考にするのはなかなか難しいと思います。
なのでファッション誌を参考にしていただきたいのですが、ここで注意したいのが参考にするファッション誌の種類です。一口にファッション誌と言っても系統やターゲットとする年齢で様々種類があります。なのでその中でお勧めしたいのは、掲載されている商品がネットなどで比較的に手に入れやすく値段がお小遣いで十分無理なく買える範囲、そして雑誌全体が落ち着いた少し大人っぽいような雑誌を選びましょう。とても無難で地味に見えるかもしれませんがそだけ失敗することも少ないので、安全なフィールドから参考にしていくのをお勧めします。





5.店員さんに聞く



正直身もふたもありませんがこれが一番です。彼らはファッションのプロであって普通にただおしゃれをしている人たちとは経験も知識も違いますので、店員さんに聞く以上に安全な手段もないと思います。


しかし中には商品を売りたいがために似合っていなくてもゴリ押ししてくる店員さんも中には居ます、商売ですからしょうがないのですが…。そんな時は少しハイブランドいわゆるお高い商品を扱っているお店に出向いて、できれば自分より一回り年上くらいの店員さんにアドバイスだけもらいに行くといいでしょう。


ただでさえおしゃれしたことないのにそんなお店に行くなんて無理と思ってしまうかもしれませんが、そのようなお店に務めている店員さんのアドバイスはかなり的確でまず失敗する事はありません。店員さんに正直にどのような服が良いか参考にするために色々見て回っていると言えば、無理に商品を押してくることもなくアドバイスだけを頂くことができます。

2014年6月17日

written

by masa


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop