現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月17日更新

彼女との別れを考えたら自問すべき7つのこと

1485 views

 彼女と別れようと考えてるのですが、いま別れると後悔する気もします。どうすればよいでしょうか。(大学2年生・男性)


悩んでいる男性

© japolia - Fotolia.com

彼女と付き合って、喧嘩しては仲直りをし、また喧嘩して。付き合ってると

日々色々な事がありますよね?
もう、これ以上やっていけない。もう別れるしかないなと思う事もあるかもしれません。
でも、それで別れを決意して、彼女に別れを告げてしまったら後悔しませんか?
また、過去に、大好きな彼女と別れて、なんであの時別れてしまったんだろうと
思い悩んだ日はありませんか?
その別れは、本当に正しい選択なのか。そういう場面に遭遇した時
是非、これから書く事を自問してみてください。
何か違った未来が待ってるかもしれませんよ。

 

1.カッとして一時的に決意した事では?



喧嘩をすると、お互いに感情的になってしまって、言わなくても良い事まで
言ってしまう事が多々あります。
そんな時は、少し落ち着きましょう。その喧嘩の原因は、どうしても許せない事なのか。

売り言葉に買い言葉になって別れを決意したのではないか
落ち着いてからゆっくり考えてみてください。
案外、こんな喧嘩しなくても良かったのにな・・って思えるようになってくるかも
しれません。

 

2.二人で話し合ったら解決できるのでは?



別れようと思ってる時は、自分の考えが優先されてしまってる事が多いです。
お互いに話し合って、良い方向に改善出来ない事柄なのか、もう話し合う余地も
残っていない問題なのか、落ち着いてから二人で考えてみてください。
お互い、相手のことを思って譲り合ったら、意外と解決できる問題も
多いものですよ。

 

3.きちんと相手に伝わるように自分の気持ちを話したか?



感情的になっていると、どうしても論理的に話を進めることが出来ません。
何を分かってもらいたかったか、ちゃんと伝わるように話せましたか?
その上で、やはり別れを決意するしかなかった状態だったのですか?
その辺を一度良く考えてみてください。

 

4.別れたいと思ってる気持ちは本心か?



実際は、別れようとは思ってないのに、女性はやはり口が上手い?

ですからついつい勝てなくなって別れを口に出そうとしてるということはないですか?
それか、別れると言えば彼女が謝ってくるから、別れを口に出して彼女を
黙らせようという風に、駆け引きに別れという言葉を使おうとしている

ということはないですか?
もし、本心じゃなかったのに、彼女が「分かった」と返事をしてしまったらそこで、

その恋は終わりです。
ホントに心から別れたいと思ってるのか、じっくり自問自答しましょう。

 

5.倦怠期ではないのか?



付き合ってる期間にもよりますが、付き合いが長く続くと、お互い気心も知れて
付き合い始めのような新鮮な思いは、どうしても薄らいでいきます。
何か、最近彼女と居ても楽しくないしな~。別れた方がお互いのためなんじゃないのかなぁ

なんて思う日も来るかもしれません。
でも、それは、長く付き合ってると自然にある事なのです。
別に愛情が冷めた訳ではないのに、ただ、新鮮さがなくなったという事を
愛が覚めたと勘違いしてませんか?
デート場所を変えたり、待ち合わせ方を変えてみたり。今までと違った事をしても
改善されないものなのか、そういう方法はないものなのか、一度試してみてください。

 

6.他に選択肢はないのか?



感情的になっている時には、どうしても結論を一つに決めたくなります。
その方が気分的にも安心するからです。
でも、よく考えてください。本当に他の選択肢はありませんか?
色々考えてみて、頭で思い浮かべるだけなら堂々巡りになるというのなら
紙に書き出してみて、他にどうしても方法がないのか模索してみるのも
良いのではないですか?
選択肢というものは、必ずしも一つではないはずです。

 

7.暫く距離を置いても無理か?



どうしても、頭の中から、別れるという言葉しか浮かんでこないのなら
一度、暫く時間をおいてみてはいかがでしょうか?
一旦離れてみると、見えてくるものもあると思います。もしかしたら、
彼女が居てくれた事で幸せに感じていたことを思い出すこともあるかもしれません。

 

 

いかがですか?色々考えてみる余地が出てきたのではないですか?
折角出会った二人。どういう結論が出るにしろ、その決断が、二人の
これから先の人生に暗い影を落とす事がない決断であれば良いなと思います。
彼女を失った後に起こる様々な事なども考えてみるのも良いかもですね。

2014年6月17日

written

by ひろやん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop