現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月25日更新

ベッドから出るのが難しい冬の朝でもしっかり起きられる方法まとめ

1782 views

冬に布団の魔力から逃れるすべを教えてください…(大学3年生・男性)


寒い冬。起きるのがとても辛いものです。

ベッドの中から出ることができずにいつまでも寝てしまったり、ぐっすり眠れなくて寝起きが悪かったりしますよね。

寒い朝でも気持ちよくスッキリと目覚めることができる方法を紹介します。

寝ている女性

 

寒い冬は、なぜ起きられないのか



寒い冬の朝、ベッドから出られないのは冷え切った室内よりも布団の中が暖かくて気持ちがいいだけでは有りません。

人間の体は、眠っている間は体の中の温度は、皮膚温度と反対に下がります。

スッキリ起きるためには血の巡りを良くし体の中の温度を高い状態にもっていく必要があります.

寒い冬は体の体温も下がり血行も悪くなります。

 

寒い朝でもスッキリと起きるためには



起きる時の努力だけではなく、寝る前の努力も必要です。

寝る前の体温をだくさん上げておいて少しずつ体温を下げながら睡眠に入るとスッキリと起きることができます。

体の温度を上げて、血の巡りを良くする。この2つの要素が大切です。

 

睡眠の前にするとスッキリ起きられる方法



 

①寝る前にお風呂に入る



手足を温めるのに入浴するのが一番です。

寝る1時間前位に40度前後のぬるま湯に10分以上ゆっくりつかりますと血の巡りが

良くなります。注意点は、42度を超える入浴は避けましょう。熱いお湯だと湯冷めし

やすくかえって目が覚めてしまいます。

 

②ストレッチ運動やアロマセラピーの香りなどで体の緊張をほぐします



体全体をリラックスさせて眠りにつきやすい状態にします。

 

③脳の運動をする。



本を読む、明日のスケジュールを確認するなど、簡単な頭の体操をする。

 

④目の周りを蒸しタオルで温める。



目をうごかしてる間は神経が過敏に動いているので温めると神経がリラックスして血管が開き体全体が温まります。

 

朝起きた時にするとスッキリ起きられる方法



 

①部屋を起きる前に温めておく。



寒い冷え切った部屋の状態では、布団の中の方が暖かくなかなか起きられません。

エアコンのタイマーなどを使用し起きる30分前から部屋を温めておいてください。

暖かくなった部屋でしたら布団から出られるでしょう。

 

②ベッドの中でストレッチをする。



耳を刺激する。全身のツボのある場所ですので耳の上の部分を上下や横に数秒間引っ張り離します。これを3回くらい繰り返します。

次は膝を立てて、左右にゆっくり倒します。かかとを揃えてそのまま位置を変えずに繰り返します。

血行が良くなり骨盤が閉じ交感神経の働きが良くなります。

 

③窓を開ける。



部屋が暖まって血行が良くなると、体が目覚めてきます。

体が温まったら、今度は頭も目覚めさせましょう。窓を開けて15秒位外の冷たい空気を吸いましょう。

冷たい空気の刺激で頭が起きてきて体全体が引き締まり体の血行がますます良くなります。

 

④シャワーを浴びる



朝シャワーを浴びると体を温めて、シャワーの圧のマッサージ効果で血行を良くしてくれます。42度位の熱めのお湯で5分位にしましょう。

 

⑤ご飯を炊きましょう。



美味しそうな匂いなど五感の刺激で起きる。

朝起きて炊きたてのご飯の匂いとかで、お腹が空いたから早く起きようとする気持ちになれます。

朝温かい朝食を摂るのも血行促進になります。

 

いかがでしたか?いろいろな方法がありますので、寒い朝起きられない貴方。

一つでも試してみてはいかがですか?

 

 

2015年2月25日

written

by fumi


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop