現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月5日更新

困ったときのスマホ!海外旅行に持っててよかった無料アプリ10選

522 views

来週からアメリカに旅行に行きます。海外旅行の時にダウンロードしておいた方がいい無料のアプリを教えてください。(大学4年生・女性)


海外旅行に行く、これは本当に楽しみですね。

出発までの毎日までも何だか楽しく感じます。

そんな海外旅行をより快適に過ごすために、今日は海外旅行に持って行って本当によかった、助かった、と感じた無料アプリ10選をご紹介します。(iOS、Android両方で使えるものをピックアップしています)

 

1.AB-ROAD海外ガイド



対応OS: iOS Android
用途: 観光、グルメ、宿泊、買い物などの情報収集


観る、遊ぶ、美容、宿泊、食事、勉強、買い物などの情報収集はこれひとつでカバーできます。

実際に海外旅行に行った人たちが自分たちの体験をもとに書いた記事が載っています。

Area(エリア)から渡航先する国を選択して次に市町村などの単位で記事を絞り込んで行く方法とTheme(テーマ)を選択して、見たい、乗りたい、癒されたい、食べたい・飲みたい、宿にこだわりたい、などやりたいことから絞り込んで、次に行く国と場所を探す方法があります。

ある旅行で現地の友人と会うことになっていたのですが、急遽相手の都合が悪くなり、3日目だけ独りで過ごすことになりました。

どこに行ったらいいのかわからなくてこれを使いました。

映画の舞台になったというカフェに行ったり、建築に疎く普段の自分だったら通り過ぎてしまったであろう寺院に足を留めて記事に倣って内部を眺めたりして、宿泊先数km圏内を徒歩で散策しただけですが、ホテルに戻ったらもう夜でした。

AB-ROADガイド記事

 

2.Evernote



対応OS: iOS Android
用途: 旅行スケジュールおよびDoToリスト、日記


スケジュールやDoTo、ダイアリーアプリは他にもありますが、旅行のスケジュール作成、出発までにやることと買う物のリストアップ、現地でのメモ書きとして私はEvernoteを使いました。

Evernoteにはフォルダ用のノートブックとメモパッド用のノートがあり、旅行用として使うには、まずノートブックを新規作成して旅行とわかる名前(例えばパリ・ベルリン旅など)を付けて保存します。

次にノートを新規作成して、スケジュール表を作り、名前を付けてノートブックに入れます。

Evernoteの表機能を使って左セルから日付、場所、内容などを入れていくと見やすくなります。

この他チェックボックスやリスト(1.... 2....)機能を使ってDoToリスト、買い物リストを作ったりすることもできます。

(ノートを保存する時に旅行の日付や渡航先などをタグ付けをしておくと検索しやすくなります)

Evernoteを使うことで効率よスケジュール作りと準備ができます。

また、現地に着いてから必ず、「今これを心に留めておきたい!」と思う瞬間がたくさんあります。

そういった瞬間を撮って貼り付けたり、書き残したりすることが簡単にできるアプリなので大変重宝しました。

Evernote

 

3.Currency



対応OS:iOS Android
用途:外貨購入、両替、支払い


外貨は銀行、金券ショップで購入したり、銀行の外貨宅配サービスを利用したりすることで手に入れることができます。

また現地の空港や銀行でも円を外貨に両替できます。(手数料が場所によって異なり、しかも日本語が通じないので日本である程度の外貨は用意しておき、買い物はクレジットカードを使うほうがいいでしょう)

その際気になるのが毎日変わる為替レート。

新聞アプリや現地のメディアでレートをチェックできますが、その都度計算するのは何とも手間のかかる話です。

こんな時はCurrencyがあると便利です。

たとえば円を基準にして外貨に置き換えたい時は、Japanese Yenをタップして任意の金額を入れるとその金額を外貨に変更して表示してくれます。

操作はとにかく簡単です。

Currency

 

4.Translate (Google翻訳)



対応OS:iOS Android
用途:英和・和英翻訳



海外旅行向けの翻訳アプリは他にいろいろ出ていますが、痒いところに手が届くのはやはりGoogleのTranslateです。

Translateの良さは対応言語の範囲が広く、反応が速いのと、過去に調べた翻訳履歴が保存されるということ、そしてタイピング入力の他に手書きや音声認識機能があるということです。

「一番近い駅はどこですか?」「これはいくらですか?」とパターン化した例文をいくつも検索するより、訳したい日本語を入力、あるいは訳したい英語をそのまま入力したほうが応用が効きます。

発音機能は英語圏外の国に渡航した時には大変役立ちました。

フランスのシャルル・ド・ゴール空港からパリに向かうのにRERという鉄道があります。

この乗り場を空港のスタッフや警備員に聞くのですが、全然通じませんでした。

彼らは英語はわかります。

でもこのRERだけは何度言っても通じなかったのです。

もともとRの発音は日本語にはないもので、さらにフランス語のRの発音は英語と違うことを思い出し、RERをTranslateに言わせてやっと理解してもらいました。

RERはアールイーアールではなく、エルエー(実際はエとへの中間でRを発音、Eはほぼウー、そしてエとへの中間)なのです。

Google翻訳(iPhone)
Google翻訳(Android)

 

5.Google Maps



対応OS:iOS Android
用途:地図、ルート案内



iPhoneにはMapsアプリがデフォルトで付いていますが、地図、場所探索、ルート案内機能にはGoogleMapsが断然おすすめです。

海外旅行でGoogle Mapsを使うのはどんな時かというと、道に迷って現在位置を確認したい時、鉄道ルートを広範囲で見たい時、あちこち歩いて周りたい時です。

また、ストリートビューで現実に近い写真を街歩き目線で見ることができますので、行く場所をあらかじめ確認しておく時などに役に立ちます。

それから思いがけない発見をすることもあります。ある時鉄道の路線を調べていて、降りる駅の周辺を調べていたところ、宿泊施設らしきものを見つけました。

ストリートビューで外観と付近の様子を見たところ建物の感じが良かったので、結果的にそこを利用させてもらうことにしました。

Google Mapsにはそんなちょっとした出会いもあります。

Google Maps(iPhone)
Google Maps(Android)

 

6.海外旅行便利アプリ



対応OS:iOS Android
用途:チップ計算



渡航先でボーイが荷物を運んでくれるようなホテルを利用するかどうかは個人差が出ますが、レストランでの食事、タクシーの利用は誰でも経験することでしょう。

そこで困るのがチップの計算。使い方は合理的で、まず渡航先を選び、次に「料金・チップを計算する」をタップ、そしてチップ計算します。

チップ計算をする前に「チップの目安」をタップしてチップの相場をチェックしておくことが大事です。

このアプリでは計算だけでなく、だいたいの目安も載っています。

だいたいの目安を把握したら「料金・チップを計算する」に戻ってチップ計算をします。

学生の旅行だと、カフェワゴンや屋台などを利用することの方が多いかもしれませんが、日本にはチップの文化がありませんから、とっさに計算はできません。

用意しておくと便利です。

海外旅行便利アプリ(iPhone)
海外旅行便利アプリ(Android)

 

7.Skype



対応OS:iOS Android
用途:代替電話 国際電話



持っているスマホに国際電話サービスを追加すれば現地で電話が使えます。

もちろん日本にかけることもできます。

私は日本にかけることはなかったのですが、現地市内で連絡を取り合う必要がありました。

しかし、市内通話は全部エラーになってしまい失敗に終わりました。

利用キャリアの国際電話サービスはもちろん付けていましたし、海外で使う場合の手順が載っているキャリアのWEBページをプリントアウトして持って行き、その通りにかけました。

しかし、ダメでした。

そこでSkypeを使いました。

電話代は無料です。

ただし、Skypeはお互いがスマホ同士、スマホとPCの場合に有効で、携帯電話、固定電話にかける場合は前もってSkypeの月額プランに入っておくか、Skypeクレジットを購入しておく必要があります。

あくまでも二番手という位置付けにしておくのが良策でしょう。

Skype Mobileのダウンロード

 

8.facebook



対応OS:iOS Android
用途:旅行先でのシェア、友達との交流、情報収集



SNSアプリは標準で持っているのが常識になっている今、わざわざここでfacebookを持ち出す必要はないのですが、海外旅行で持っていくべきSNSといえば、やはりLINEやtwitterより断然facebookでしょう。

何故facebookかと言いますと、コミュニケーションツールとして使えるのはもちろんのこと、自分がリアルに体験していることを、タイムラインを使うことで目から入る情報共有にできるからです。

twitterは見せるツールとしては物足りないですし、最近ではLINEにもタイムライン機能が追加されていますが、LINEユーザーの中ではこれからの機能という位置付けです。

私の場合は現地で自分のiPhoneが電話として使えず、相手のSkypeIDも知らず、それでもその相手に連絡をとる必要があり、困りました。

そこでfacebookで名前と住んでいる場所を入れて検索し、幸い相手が顔写真をアバターに設定していたこともあり、相手を見つけ出すことができ、無事に連絡がとれました。

やはりfacebookでしょう。

また、旅先で気になるお店やイベントの関係者がfacebookページを開設してる場合が多く、詳細がわかるというのも魅力です。

Facebook(iPhone)
Facebook(Android)

 

9.グローバルWiFi



対応OS:iOS Android
用途:旅行先でWi-Fi接続



海外のWiFi環境は日本と違い、キャリアとの契約が不要のため、空港、駅、ホテル、飲食店、市内のどこでも簡単な登録や共通の認証IDとパスワードを使ってフリーWiFi接続できることがあります。

ただ、これは渡航先によってサービス事情が異なったり、現地の母国語の説明はあるけれど日本語はもちろん英語の説明がない場合もあり、また犯罪を防ぐためのセキュリティチェックが緩く、リスクを伴った無料WiFiだったりするのです。

かといって日本で契約中のキャリアのローミングを使って海外でインターネットをしていると高額請求になるおそれもあります。

この2つの問題を解決するために出て来たのが、グローバルWiFi。

事前に契約をして出発空港でWiFi機器を借り、帰国後機器を空港で返し、レンタル料(クレジット払い)を払うといったサービスを利用するのが一番です。

設定は自分のスマホとWiFiの設定画面で行い、やり方は空港のグルーバルWiFiサービスカウンターの担当者が教えてくれますが、使用する際の細かな注意点や国ごとに違う利用料金の算出はグローバルWiFiアプリで調べることができます。

また、グローバルWiFiアプリを使ってサービスを利用すると利用料金が5%割引になるのと各種手数料が無料になります。

グローバルWiFi (iPhone)
グローバルWiFi (Android)

 

10.トラブルCh



対応OS:iOS Android
用途:旅行先でのトラブル対応



最後にご紹介するのがトラブルシューティングとしてのアプリ、トラブルChです。

このアプリのいいところはトラブル解決術がジャンルやキーワードから検索でき、いざという時のために画像で見たい車のナンバープレートや航空券、ホテルなどの連絡先を保管しておける「いざフォト」スペースがあり、また、契約に関わらず誰でも無料で利用できるところです。

トラブルCh(iPhone)
トラブルCh(Android)

 

海外に持って行くべきアプリはいろいろありますが、以上10点を選出しました。

スーツケースやバックパックに入れる荷物同様、旅行用アプリも応用の効くもので使い勝手の良いものが一番良いのです。

スマホアプリを持っていくことで、あなたの海外旅行が絶対に楽しくなるという保証はありませんが、旅の一瞬一瞬をいい形に残すお手伝いをしてくれるのは確かです。

 

2015年1月5日

written

by nstylesub


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop