現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

大学生が密度の高い勉強するための時間管理術

4601 views

時間管理が上手な女の子



© naka - Fotolia.com



大学生は人生の夏休みなんて言われて、すごく暇なように思われがちですが、案外やることが重なって忙しくなる時期もあります。ましてやテスト前なんて、本当に忙しいですよね。。


そんな時のために、短時間で密度の高い勉強をするためのテクニックを今回は紹介します!




1:時間の見える化



まず時間を有効に使うために日々の生活を表に洗い出して見える化します。


意外に書き出してみると、自分が如何に時間を無駄に使っているかが分かります・・・。


普段なんのために時間を使っているのか、明らかに不要と思われる時間はないかを洗い出し、無駄な時間を削減して、勉強などの有意義な活動に回していくのです。




2:短く集中してやる



長い時間勉強時間を確保しますと、結局その時間集中出来ずにダラダラと過ごす時間が増えてしまって、結果的に時間を無駄にしてしまいます。なので20~30分程度、一気に集中して5分休むなど、各々にあった集中できる時間の使い方を見つけることが重要です。


人間が持続的に集中出来る時間は限られていて、一般的には90分程度と言われていますが、個人的にもっと短いのではないかと思います。なので1回の勉強は1時間位を限度にして、小分けにしながら定期的にやっていく方が効率的に勉強を進められると思います。




3:一日の初めに計画を立てる



1日の生活リズムを毎日固定化することで、習慣的にノートや問題集を開くようになり結果として集中力をあげることにもなります。1日の計画を立てるときに出来るだけ、勉強時間をあらかじめ確保するのも効果的です。また勉強する科目や内容によって学習するタイミングを選ぶことも効果的です。例えば理数系のよいな頭を回転させて自分で考える必要があるような、思考力を求められる教科は日中特に午前中に行うのがベストです。人間は元々昼に狩りや仕事をしていたので、日中は元々様々な事を分析したり解析するようになっていたのです。逆に英語や社会などの暗記系は夜寝る前等にやるのがベストです。1日の最後に暗記系をやっておくと、寝るときに1日の出来事を脳が順を追って整理して行くので寝る寸前にやったことが定着しやすいのです。




4:スマホを避ける



実際に集中して勉強したいときには手元に勉強道具以外は、出来るだけ置かないように心かけましょう。スマホがあるとどうしてもTwitterやFacebook等のSNSサイトを見てしまい、ダラダラと無意味な時間を過ごしてしまいます。特に友人からの連絡ツールとなっているものは、友達からの誘いが来てしまったりして勉強の時間をしっかりと取ることが出来ません。なので勉強するときは出来るだけスマホ携帯は持たないようにしましょう。




5:休憩をしっかり取る



ただ机に座っているだけで何もする気が起きずに、無駄に時間が過ぎてしまう位だったらいっそ机から離れて休息を取りましょう。やはり人間なので体調の良し悪しや、疲労の蓄積等で集中力が低下してしまう場合もあります。そういう時は、15分~30分程度の仮眠を取ると疲れもとれてまた集中しなおす事が出来ます。


いかがでしょうしたでしょうか?


集中して勉強するテクニックはインターネット上だけでもたくさん転がっています。


ここで紹介したテクニック以外にも調べて、自分にあった勉強法を確立していってください

2014年6月12日

written

by masa


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop