現在17274個の困ったを解決できます!

2016月4月30日更新

車庫入れをマスターして運転上手になるコツ5選

29660 views

車庫入れとか駐車がすごく苦手なのですが
これをうまくするコツがあれば教えて下さい!(大学3年・男性)



苦手意識を持っている人が多い車庫入れですが、あなたはどうですか?


コツさえ分かってしまえば、実はそんなに難しくないんですよ。


今回は特に苦手な人が多い、左側の駐車場に停める場合での車庫入れのコツを伝授します。





1.車の頭をしっかり振る



パーキング


車庫入れはバックし始めてからよりも、何と言っても最初に止まる位置が肝心です。


ここで80%決まってしまうと言っても過言ではありません。


まず、止めたい場所を見つけたら、その駐車場めがけて斜めに突進していきます。


その時、駐車スペースの中心線よりも少し手前側を目指すのがポイントです。


そして、駐車スペースに少し車の頭が入ったあたりで、ハンドルを逆(右)にいっぱい切ります。





2.前のスペースを盛大に使う



何度も切り返す人を見ていると、スペースを十分に使えていない人が非常に多いように思います。


車はちょこっと動かしたぐらいでは方向は大して変わりません。


もし前のスペースが空いていれば、目一杯使いましょう。


頭をしっかり振った後、少し前に出たあたりで止まってしまうのではなく、


前のスペースを盛大に使い、前に停まっている車いっぱいまで前に出ましょう。


その時、出来る限り駐車スペースと平行になるようにするのがポイントです。


その方がバックするときに、ハンドルを回す量が少なくて済むため、簡単になります。





3.止まる寸前にハンドルを逆(左)に戻す



車の運転


バックし始めてからハンドルを左に回すと、遅れてしまうために、間に合わず、手前(右)の車にぶつかってしまう可能性が大きくなります。


そこで、バックし始めてからハンドルを左に回すのではなく、前進している状態で、止まる前にハンドルを右から左に戻しましょう。


目安としては、ハンドル半回転~一回転分ぐらい戻せば十分です。


よく、バックする前に停車したままハンドルを左にいっぱいに切る、と言われたりしますが、


筆者はその方法はあまりおすすめしません。と言うのも、理由が2つあります。


1つ目は、停車したままでハンドルを回すとタイヤが擦れるのでタイヤに良くないためです。


2つ目は、動きながらでないと、どの程度左に曲がるか掴みにくいからです。


停車したままハンドルをいっぱいに切ってしまうと、今度は切りすぎてしまい、奥(左)の車にぶつかってしまう可能性があります。


また、毎回停車位置が同じわけではないので、一概にハンドルをいっぱい切れば良いとも限りません。


そのため、バックする準備として、止まる前にハンドルを左に戻しておくのが良いのです。





4.バックし始めたらサイドミラーを駆使する



いよいよバックです。


後ろが気になってしまい、直接後ろを向いてしまう人がいますが、あまり意味がありません。


バックし始めたら、とにかくサイドミラーを確認しましょう。


最初は左のミラーと右前に注目です。


右後ろも気になってしまう気持ちはわかりますが、左がものすごく空いていない限り、いきなり右後ろがぶつかることはありません。


左のミラーで確認しながらバックします。


この時、ぶつかる可能性があるのは右前なので、左のミラーと右前を目視で確認しながら下がります。


車体が駐車スペースに入り始めたら、今度は右のミラーで右後ろがぶつからないか確認しましょう。


また、AT車の場合は、アクセルを踏まずにブレーキだけで速度調整する方が楽ですよ。






5.日頃から車両感覚を掴んでおく



自分の車の車両感覚を掴んでおくのはとても重要です。


特に運転席から見て前がどの程度空いているのか、後ろの長さがどの程度なのかが掴めていると楽です。


後ろの長さは言うまでもないと思いますが、前の感覚が掴めていると、「2.前のスペースを盛大に使う」ときに、どこまで前に出て良いかわかりますし、「4.バックし始めたらサイドミラーを駆使する」ときに、右前の目視が楽になります。



いかがでしたでしょうか。


車庫入れは多少の慣れもあるので、初心者の人はコツを言われてもなかなか難しいとは思います。


ですが、やはり車庫入れが苦手と言う人は、ぜひこの5つのポイントを試してみてくださいね。


2016年4月30日

written

by tamorieeeen


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop