現在17271個の困ったを解決できます!

2016月12月13日更新

女子大生の御用達!通学にぴったりのおすすめリュックブランド7選

125996 views

リュックで通学しようと考えているのですが、人気のあるブランドや、使いやすくてオススメのものはありますか?
自分で探してみてもあまりしっくりくるものが見つからず、困っています。(大学1年生・女性)

大学生になったら、LOUIS VUITTONかSamantha Thavasa!


……そう思っていた時期が、私にもありました。
実際は、教科書やパソコンを持ち歩く機会が多くて、手提げバッグでは肩が凝ってしょうがないんですよね。
それに、金欠女子にはかなりの高嶺の花だったりします。




そこで、リュックの出番ですよ!
可愛いデザインがたくさんあって、服に合わせるのも難しくないんです。




ここでは、予算1万円以内で買える、可愛くて機能的なリュックブランドをご紹介します。






1.GYM MASTER(ジムマスター)




Photo by GYM MASTER




カナダ生まれで100年続くスウェットブランド、ジムマスター。


写真は、ハリスツイードとのコラボレートアイテムで、スウェット×ツイードのきれいめなシルエットが良いですね。


A4の雑誌も入ります。


フラップの内側の隠しポケットが意外と便利。


1916年に工場が創業した当時から伝統的な製法を維持し、生産され続けているカナダメイドのスウェットライン。
生地の編み立てから、縫製に至るまで一貫した生産を行うことにより確かなクオリティを生みだしています。


スウェットの柔らかい生地が背中に馴染んで、使い勝手も抜群。


型はしっかりしていますが、スウェット地なので多少詰め込み過ぎても大丈夫です!







2.macaronic style(マカロニックスタイル)



Photo by macaronic style




リュックだけでなく、手提げ、ショルダーにもなる3WAYタイプがオススメ。


カラーは、ブラック・ワイン・ベージュ・カーキ・ネイビーがあり、どれも上品で落ち着いた風合いです。


雑誌などのA4が入る大きめのサイズも、手頃な価格で手に入ります。


見た目に高級感があり、作りもしっかりしているので長く愛用できそうです。


大人っぽい雰囲気を出したい3、4年生にオススメです!






3.MILLET(ミレー)



Photo by MILLET



フランスのアウトドアブランドMILLETのリュックは背負いやすく、リュック自体が軽いのが特長。
写真の「クリフ12」は、子供用に設計されているので、女子にはちょうどよいサイズです。
バッグの上がまるくガバッと開くので、荷物の出し入れがしやすいのが嬉しいですね。

スポーツ系のサークルに入っている人や、カジュアルスタイルが好きな女子にオススメです。






4.EBANCE(エバンス)


Photo by 楽天市場 SUPER FROG




EBANCEは明治より続く、鞄・バッグの卸専門業者です。


H型のリュックといえばEBANCE!


たくさん入るのに膨らまないので、すっきりと背負えます。


急いで歩いたり走ったりしても、歩くのに邪魔にならず、疲れにくいのがポイント。
背負ったまま、ポケットから出し入れできるのも便利です。


フェミニンからクールカジュアルまで、色んなテイストに合いますね。






5.Slowfine(スロウファイン)



Photo by 楽天市場 slow fine




カジュアルなキャンバス素材で、ほかとはちょっと違うコロンとしたシルエット。


スポーティーになりがちなリュックですが、ガーリーな服装の方にも似合いそうです。


口を折って留めるスタイルなので、電車の中も安心ですね。


マチも余裕があるので、授業数の多い日やサークルのある日でもリュック一つで済みそうですね。


好きなバンドのグッズなどを付けて、自分なりにアレンジしても楽しそう。


こちらのお店では、ほかにも色々なデザインのリュックがあるので、選ぶのも楽しいです。






6.Dickies (ディッキーズ)



Photo by http://dickies-jp.com/




ディッキーズはアメリカのテキサスで生まれたブランドです。


ワークカジュアルブランドであり、世界約100ヶ国で展開されています。


メンズ・レディース・キッズをはじめ、バッグやキャップなどアクセサリーも展開されています。


限定の生地やコラボデザインもよく出ているので、お店で見るたびにラインナップが変わって楽しいです。


普段ポップなコーデが多い女子には、Dickiesがオススメです。


カラーバリエーションの豊富さでは随一でしょう。
形はシンプルでも、誰ともかぶらない一品に出会えるはず。







7.KELTY(ケルティ)



Photo by KELTY




KELTYは1952年、南カリフォルニアにあるケルティ氏の自宅で500ドルの借金とともにスタートしたブランドです。


KELTYのHOLY Lineは、上品で暖かみのあるウール生地が特長です。


背中にフィットする薄目のデザインで、すっきりとコーディネートできます。


ロングサイズのものは、背負い方によってはスタイルアップも目指せます。
カラーも豊富なので、お気に入りを見つけやすいのでは。





最後に、女子大学生がリュックを選ぶときのポイントをご紹介します。
★内ポケットが充実しているものを!
  →リップ、鏡、手帳、iPod……細々した小物の定位置を決めましょう。
   気に入ったリュックにポケットが少ない場合は、バッグインバッグを使うのもいいですよ。
★小ぶりなリュック+キャリングケースもアリ!
  →小柄な女子だと、リュックが大きすぎてランドセル状態になることも。
   財布やポーチなどの必需品は小ぶりなリュックにいれて、
   教科書はプラスチックのキャリングケースに任せるのもひとつの手です。

2016年12月13日

written

by 海月


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop