現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月19日更新

引きはじめの風邪に効く食事レシピのまとめ

369 views

最近風邪っぽい感じがします。そんな時に効くレシピを教えてください。(大学1年生・女性)


 

寒い季節になりましたね。寒くなると空気も乾燥し、風邪をひきやすくなりますね。

風邪はひき始めが肝心と言われます。

風邪かな?と思ったら休養をとり、風邪に効く食べ物を食べて早めに対処することが大切です。

今回は風邪の引き初めに効く食事についてお伝えしたいと思います。

 

1、はちみつ生姜湯(1人分)



画像出典 クックパット

はちみつ    小さじ2杯
絞りしょうが  4g
熱湯      150cc

 

熱湯にはちみつと生姜を入れて混ぜれば出来上がりです。

生姜は、体を温める、発汗の促進、血液の流れを良くする、消化機能の促進、利尿作用があります。

はちみつは、体を温める、整腸作用、殺菌作用、良質なビタミンが含まれるため疲労回復効果があります。

またはちみつは、砂糖よりもカロリーが低いのです。

熱湯の代わりに紅茶にすると、更に良く、保温効果や利尿作用が高まり体の水分のたまりすぎを押さえてくれるため、冷えやむくみにも効果があります。

しかし、紅茶はカフェインが含まれるため覚醒作用があるため飲みすぎには注意が必要です。

 

2、卵酒(卵1個分)



画像出典 クックパット

 

卵           1個
日本酒         180ml
砂糖か又は、はちみつ  30g(又はお好みで)

日本酒は熱燗にしておきます。

卵と砂糖又は、はちみつをよく混ぜます。熱燗に少しずつ混ぜながら入れ越して出来上がりです。

日本酒には、栄養補給と血液の循環を良くする作用があります。また、アルコールなので寝つきを良くする効果もあります。

卵白に含まれる塩化リゾチームが含まれていて殺菌作用があり、鼻水や淡が出ることによって細菌を体の外にだし、鼻づまりや呼吸を楽にしてくれます。

この塩化リゾチームは、風邪薬に含まれる成分でもあります。

卵酒を飲むときは、アルコールなので風邪薬との併用はいけません。

 

3、大根おろしスープ(2人分)



画像出典 クックパット

大根おろし  お好みで
水      大根おろしと合わせて360cc
ねぎ     お好みで
豆腐     100g

豆腐はさいの目に切っておきます。

ねぎは小口切りにしておきます。大根おろしと水を鍋に入れ火にかけます。

煮だったら白だしと豆腐を入れ、豆腐が温まったらお椀によそい、ねぎを散らします。

ねぎは斜め切りにして白だし豆腐と一緒に煮込んでもおいしいと思います。

大根の酵素は消化を助けることや、のどの粘膜の炎症を鎮める作用があります。

ねぎは、体を温め、発汗を促します。

ねぎのアリシンと言う成分は、体内の代謝をアップして体温をあげるので免疫力が上がる効果があります。

 

終わりに



今回、「風邪かな」と思ったら簡単に作れるレシピを紹介しました。

この他に、野菜煮込みうどん、鍋物、埋めねぎスープ等の料理があります。風邪の引き初めは体を温め、水分を摂り、消化の良いものを食べることで辛い症状を緩和できます。

風邪の引き初めに体力を付けようとして肉類や高カロリーの物を食べることは、消化器官に負担を与え逆効果になります。

消化の良いものを食べることによって体に負担無く、エネルギーをウイルスのへの対抗に使うことができるのです。

寒くなると、風邪ばかりでなくインフルエンザも流行してきます。

無理をせず、体に良いものを食べてこの冬を乗り切りたいですね。

 

 

2015年1月19日

written

by rurumama


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop