現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月16日更新

年上の彼氏と付き合うなら注意したい5つのこと

10466 views



 私は5個年上の彼氏と付き合っているのですが、時々彼の気持ちがわからなかったり、「なんで?」と思うようなことで喧嘩をしたりしてしまいます。年上と付き合う際の注意点ってなんでしょうか。(大学2年生・女性)






よく女の子で「彼氏にするなら年上の人がいい!」という言葉を耳にします。


たしかに、一般的には女性の方が精神年齢も高いと言われていて、


同年齢の男性とお付き合いすると、どうしても彼が幼く見えてしまいがち…


という話な多くの方がご存知ではないでしょうか?


しかし、年上の彼氏を持つと、精神年齢が同じくらいに感じられる一方で、


彼のことを考えて気遣いを忘れてはいけないこともまた大切です。


そこで今回は、年上の彼と付き合った際、


あなたがどのようなことに注意をするべきかを5点挙げようと思います。


ぜひご参考にしてみてくださいね!




①プライドを傷つけないように気遣う



男性なら誰でも、彼女にはカッコよく見えていて欲しいと思うものです。


そんな思いから、いろいろ考えたり努力している男性もいるのではないでしょうか。


それなのに「えー、ださい」とか「それ、ありえない」などと、


男性のプライドを傷つけるような言葉を言ってしまっては、


彼も嫌な気持ちになってしまいます。


このようなことを言いたいと思った時は、オブラートに包むように


「それもありだけど、こっちもいいんじゃない?」などと言ってみてはいかがでしょう。


言い方を変えるだけでも印象が違いますよ! 




②無理に大人ぶらない



これには首を傾げる方もいるのではないでしょうか?


しかし、男性という生き物は、彼女に甘えられたいと思う人が多いものです。


無理に大人ぶって甘えなかったりすると、かえって不安に思う人もいるものです。


「○○行きたいなぁ」などと小さなことでもいいので、素直に甘えてみてはいかがでしょう。




③申し出はなるべく素直に対応



これはもし彼が「○○してあげようか?」などと言ってきてくれた場合のことを言います。


せっかく好意で助けてくれようとしているのを頑なに拒んでしまっては、


「頼られてないのかな?」と不安に思ったり、いい気分にはならなかったりと、


プラスには働きません。


ぜひ「ありがとう」とお願いしてみてくださいね!




④わがままを言い過ぎない



先ほど、甘えてくださいとは言いました。


しかし、甘えることとわがままとは大きく違いますので、


そちらを履き違えないようにご注意ください。


例えば、年上の彼とはもちろん年が違いますから、


学年、はたまた学生と社会人という壁さえあるかもしれません。


ですから、もし彼があまり時間を多く作れない時期があるとしても


責めるようなことを言ってはいけません。


そんな忙しい時期だからこそ、彼女として応援してあげるのが正解ですよ!




⑤甘えさせてあげる



普段頼られたい、男らしいところを見せてあげたい。


そう思う男性も、たまには甘えたいと気があるはずです。


そんなときをしっかりと見逃さずに、甘えさせてあげるのは大切かもしれませんね


相手によって甘え方は様々かと思いますので、


ぜひあなたのお相手のことを理解して、たまには甘えさせてあげてみてはいかがでしょうか? 




最後に 



いかがでしたでしょうか?


意外と男性は甘えられたり、頼られたりすることで、


彼女に男として見てもらえてるというように感じるのかもしれません。


また、可愛いわがままであれば、喜んで受け入れてくれる方も多いと思いますので、


ひご参考にしていただければと思います。

2014年6月16日

written

by shiori


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop