現在17272個の困ったを解決できます!

2015月4月24日更新

学生の知らない企業のリアル No.004

1773 views

企業は採用現場でどういった視点で学生を見ているのか、企業が今必要としている人材とはどのような人なのか。大学のキャリアセンターでは教えてくれないリアルな声をお伝えします。〈編集部より〉


学生の知らない企業のリアル

© takasu - Fotolia.com

グローバル企業が求める要件とは何か?



みなさんこんにちは!i-plugの田中です。先日はたくさんの方が弊社主催の就職活動応援イベントNext Leaders Forumに参加くださいました。次回は12月15日です。企業のリーダー、人事とディスカッションしながら業界や企業の理解が深められますし、サイバーエージェントの曽山人事本部長には“社会に出て成長できるリーダーの要件”についてお話いただきます。是非ご参加くださいね。

さて、前回のイベントでは田村耕太郎さん(前参議院議員、日本人唯一のランド研究所研究員)に登壇いただき、今、世界で何が起こっているかについて、日本のメディアやインターネットではなかなか得にくいお話を聴かせていただけました。(詳細については別の機会にアップしますね)

田村さんのお話にもあったとおり、日本の企業、日本人にはグローバル化が待ったなしで突きつけられています。

インドでは日本の家庭よりもはるかに低い所得の家庭に生まれた子供たちが幼くして数学やプログラミング、経営の理論を学び、虎視眈々と世界を目指し学んでいます。中国のエリート組は国内で就職ができないため、日本語を学び、日本企業への就職を本気で目指しています。

一方で日本企業も、世界で戦っていくために優秀な人材を必要としています。しかしながら、その人材は日本人でなければいけないかというとそういうわけではありません。多くの企業の採用担当が中国の人材や東南アジアの学生に会うために海を渡っています。

「日本人の学生と比較すると、やはり意欲、姿勢が違う。」

と口をそろえて言うのです。ある企業の採用責任者の方は、「海外人材の採用を強化します。国内は縮小、社会から批判されない程度は枠を残します」といったことも言っています。

厳しいようですが、これが実態なのです。私は、日本の若い人たちは無限に可能性を秘めていると思います。ですが、なかなかこういった実態が伝わっていないことに危機感を感じています。

今回から数回にわけて、企業(とくにグローバルで展開している企業)がどういった視点で学生を見ているのか、企業が今必要としている人材の要件についてお話します。巷で言われているような一般論ではありません。今、まさに多くの企業が考えていること、採用担当者、責任者の方のお話をそのままお伝えします。

その1:Valueは何か?



これまで100社以上の企業をまわり、どのような人材が会社に入ってから成長し活躍しているか、採用の際にどういった点を重視しているかということを聞いてきました。その結果、以下のような点を企業が重視していることが見えてきています。

その1つ目は、『Value』です。その人固有の価値観、軸となる考え方、情熱的に取り組めるもの=Passionが該当します。とくにPassionについては、高貴な志まではいかなくてもいいので「これのためなら寝ずに頑張れる」といった「何か」を持っていることが重要だと、ある外資大手の人事役員の方がおっしゃっていました。例えば、「私はAKBのためなら頑張れる!」とかでもいいそうです。それがひとつのより所となり、仕事へのパワーを生み出すことにつながります。これは脳科学的な視点からも言われています。

Valueは、企業のそれと整合するかという視点で重要だと言われます。根っこにある価値観が異なるとミスマッチにつながる可能性が高いという考えからです。ただ、それだけではないということがわかってきました。

グローバルリーダーに不可欠な要素



これから世界でリーダーとして活躍を期待される人材においては、過去に経験したことがないような出来事に直面し、そこで判断することが求められます。そのときの判断軸、或いは「決める」という行為をするためには自身の中に軸となる考え方、判断基準、より所となるものが必要だといわれています。

今日、ちょうど古巣のグロービスの大阪で代表の堀さんの講演を聴く機会がありました。そこでも同様の話がありました。

「今の時代、過去の成功体験は役に立たない。自分達で事例をもとに考え、過去と決別していかないといけない。正しいかわからない、批判もくる、四面楚歌にもなりかねない。それでもやっていくことが求められる。そのためにはリーダーとしての哲学、使命感を磨いていくことが必要である(by堀さん)」

内省して磨き続けるもの



皆さんの軸、Passionはなんでしょうか?簡単には見つからないと思います。大事なのは、それを探し続ける姿勢です。自分と向き合い、考えることを『内省(リフレクション)』と言いますが、内省する思考習慣は成長する人材の共通点であり、企業が重視している点でもあります。

皆さんは内省できていますか?

自分自身を知らずして、多様な人々を受け入れることはできません。様々な経験をつみながら、内省し、自分自身を知り、自身のValueを磨いでいくこと。これは2つ目の要件でもあるMindsetにもつながる内容です。

今回は『企業が求める要件とは何か?』の第1回とし、『Value』について書きました。次回は2つ目の要件である『Mindset』について書きたいと思います。乞うご期待^^

(つづく)

http://offerbox.jp/

Campus読者限定キャンペーン!2ヶ月で1200名登録!
完全招待生の新型就活ツールOfferBoxへご招待!
まずはこちらよりエントリーをお願いします⇒http://offerbox.jp/


バックナンバー
>>001 みなさんはじめまして
>>002 留学経験は就職に有利って本当?
>>003 今すぐ就活マニュアルを捨てなさい

株式会社i-plugは就職活動にイノベーションを起こし、若い人財の可能性を広げることを事業を通じて実現していきます!FacebookTwitterフォロー歓迎です!

2015年4月24日

written

by nobuaki-tanaka


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop