現在17272個の困ったを解決できます!

2016月7月31日更新

意外と難しい!奨学金の申請理由の書き方と3つの例文

72470 views

奨学金の申請理由、何を書いたら良いでしょうか。(大学1年生・男性)


消しゴムを使い切る


大学生活を送るために必ず必要なもの、それは「お金」です。


学費に教材費、交通費、そして交友費など、大学生活には相当なコストが必要となります。


一人暮らしを始めるとなれば生活費も多分に上乗せされます。


この不景気の折、親の経済状況が芳しくない、負担をかけたくない、学業に専念するため自身もアルバイトの時間があまり取れない、などの理由で奨学金の給付を受けるという選択肢もあるかと思います。



独立行政法人日本学生支援機構が発表したところによると、今や全大学生の50%以上が、奨学金を受けているとのことです。


それでは、奨学金を受けるためには、どのように申請書を書けば良いのでしょうか。


奨学金を受けるための条件は、「家計基準」、(年収・世帯人数・就学者の有無によって異なります。)「学力基準」、(大学における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者)などがありますが、それらの事情を具体的に示すことが必要です。


参考出典:日本学生支援機構



申請理由を主な3つの理由によって、例を上げてみましょう。





1:家庭の事情により親に学費までは望めない。



「私の家庭は両親と妹の4人家族で、生活費は主に父の収入でまかなっています。


しかし、ここ数年父の年収は横ばいで、私立高校に通う妹の大学受験も控えているので学費の負担が大きく、私の大学の費用を捻出するのは困難な状況です。


私もアルバイトをしながら勉学に勤しみ部活やサークル活動もして、充実したキャンパスライフを送りたいと思っております。


このような理由で貴機構の奨学金が必要と考えております。」





2:一人暮らしなので、仕送りだけでは生活費をまかなえない。



「私の家庭は両親が共働きですが、まだ小さい兄弟がいて生活費もかかります。


私は一人暮らしで仕送りは月に8万円なので、生活費にしかまわせません。


このままでは無事に大学を卒業できる見通しがたちません。


そのため、学費は奨学金を充当したいと考えております。」





3:学業に専念する為アルバイトの時間が取れず、親に負担をかけてしまう。



「私は薬学部に通っていますが、6年制なので学費はかなり高額です。


他にも大学生の兄弟がいますので、全額学費を親に負担してもらうわけにはいきません。


しかし、毎日授業は午後まであり、常に勉強をしていないと進級もままならない状況でアルバイトをする時間がありません。


将来のために今は学業に専念したいと思いますので、奨学金を活用したいと考えております。


何卒ご検討のほどよろしくお願いいたします。」



いかがでしょうか。


基本的には「学費が足りないこと」、一人暮らしであれば「生活費が足りないこと」を書きます。

お金が足りないことに関しては、「なぜ足りないのか」を書くことが重要です。



兄弟がいて、そちらもお金がかかるであったり、収入が多くないことや何か特定のものとお金がどうしてもかかってしまう事情などを書けるのであれば、数字などを出して具体的に書きましょう。



そして、「学業に勤しむこと」を書くことも大切です。


奨学金の大部分は給付ではなく貸付なので、就職などで定期収入を得るようになってからきちんと返済できるか、というところも重要です。


職を得るために学業に励んでいるのをアピールする事も必要でしょう。


もちろん先ほど書きましたが給付のものもあるので、自分で調べてみたり、大学・友達・先輩に聞いてみるのもありだと思います。

基本的に給付のものは大学の成績が優秀な人に与えられることが多いので、日頃から授業にきっちり出席し、勉強をして良い成績をとることを強くおすすめします。

素敵な大学生活を送れることを願っています。

2016年7月31日

written

by jen329


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop