現在17272個の困ったを解決できます!

2014月12月23日更新

【上級者向け】知っておきたいTOEICリーディングのひっかけ問題の見抜き方

993 views

TOEICの勉強をしているのですがどうしてもひっかけ問題が見抜けません。何か良い方法はないでしょうか?(大学2年生・男性)


年々TOEICで増えてきているひっかけ問題。

これが正解だと確信を持って即答したにもかかわらず、それがひっかけ問題であったために不正解だったということはよくありますよね。

試験である以上、多少のひっかけ問題が含まれるのは出題する側としては仕方のないことなのかもしれません。

ただ、その割合が高くなると受験者としても対策をしないわけにはいかなくなります。

ちょっとした不注意で得点できず、それが積み重なって点数を大きく下げることは、受験者にとって最も悔しいことです。

この記事ではPart 7の読解問題に出題されるひっかけのパターンをいくつか紹介します。

ぜひ参考にして下さい。

ひっかけ問題を見抜く

複数の連絡先



問い合わせ先を問う設問では、必ず複数の連絡先が文中に記載されています。

それぞれの連絡先にはどういう場合に問い合わせるべきかを整理し、正解を探しましょう。

広告



社名、店名と本文の後半に記載されている連絡先を確認しましょう。

連絡する内容によって連絡先が異なる場合があります。

求人



本文の末尾を確認しましょう。

履歴書の送付先、送付方法、問い合わせ先が記載されている場合があります。

メール



上部のアドレスから差出人を確認しましょう。

本文中に連絡先が書かれている場合があります。

連絡する内容によって連絡先が異なります。

手紙



上部か最下部の差出人を確認しましょう。

連絡先が本文中に書かれている場合もあります。

ひっかけ問題を見抜く

数カ所に散らばった情報



Part 7 には、1カ所の情報だけで解答すると不正解となるような問題がよく出題されます。

最終的には本文全体に目を通し、ひっかけを見抜きましょう。

次のような順序で解答するとよいでしょう。

1) 1つ目の設問を読み、本文の最初から目を通し、答えを見つけます

2) 2つ目の設問を読み、1) の続きから目を通し、答えを見つけます

3) 3つ目の設問を読み、2) の続きから目を通し、答えを見つけます

4) 最後の設問を読み、本文の最後まで目を通し、解答に関係する補足のようなものがあれば該当する設問へ戻ります

本文中に答えやヒントが現れる順序は、設問の順序と同じです。

ですので、1つ目の設問への答えは、2つ目の設問の答えが現れる箇所より前にあることになります。

効率よく答えを探しましょう。

ひっかけ問題を見抜く

NOTが含まれる設問



大文字のNOTが含まれる設問は、「〜ではないものは?」という問いになります。

すべての選択肢の内容を一つずつ確認していかなければならないため、解答に時間がかかります。

選択肢を読んでその内容が本文中にあるかどうか探しましょう。

その際、選択肢に現れる単語を探すのではなく、内容を理解して探すように意識してください。

文中で箇条書きされている内容の場合は、前後のただし書きも見落さないようにしましょう。

いかがでしたか?

ひっかけ問題はここでは紹介しきれないくらいたくさんあります。

ご自身でも見つけてみてください。

模試や問題集をこなしていくうちに自然と出題のパターンが見えてくるはずです。

2014年12月23日

written

by taka


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop