現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月10日更新

カラオケ店でバイトをするメリットとデメリットまとめ

2988 views

音楽が好きなので、カラオケ店でのバイトを考えています。

カラオケ店で働くメリットとデメリットについて教えてください。(大学1年生・女性)

ビッグエコー




日中から朝方まで営業しているところが多く、夕方からバイトをする大学生に人気の職場・カラオケ店。



仕事内容としては簡単な調理やドリンク作り、部屋の掃除、客引きなどですが、


居酒屋や大学が近いと忙しくなる傾向にあるようです。


そんなカラオケ店でバイトをするメリットとデメリットをまとめてみました。



メリット



1.平日深夜は楽




自分が利用する場合を想像すればわかるように、大半のカラオケ店が混雑するのは週末です。



平日だと社会人や学生は翌日に仕事や授業があるため、深夜まで長居する人はほとんどいません。


そのため、積極的に平日深夜にシフトを入れると楽して稼ぐことができます。


ただ、平日深夜ばかりに働いていると翌日の授業に影響しかねないので、注意が必要です。



2.音楽・カラオケ好きに好条件




カラオケ店では常に最新のヒット曲が流れているため、音楽を聴くことが好きな学生にとっては居心地の良い環境となっています。



また、割引券をもらえるお店も多く、普段からよくカラオケに行く学生には嬉しい特典といえるでしょう。



3.学生が集まりやすい




カラオケ店のアルバイトは特に学生に人気があり、実際に働いてみるとそのほとんどが学生です。



同年代が多いため仲良くなり、プライベートで遊びに行くという話も少なくありません。


学校仲間とは違った別の学校の友達を作りやすい環境ですので、友達が欲しい大学生は積極的に募集してみましょう。



4.未経験でも始めやすい




接客業に分類されますが、接客業の中では比較的接客する機会が少ないため、未経験でも始めやすいのが特徴です。



接客の他にもさまざまな仕事があるため、未経験から始めて多彩な経験を積むことができます。






デメリット




カラオケの看板持ち


1.二次会として利用されることが多い



カラオケ店は、飲み会終わりの二次会として利用される機会も非常に多いです。



飲み会終わりに来るということは、お酒を飲んでいる人がほとんど。


廊下で騒いだり、嘔吐してしまう人も現れるかもしれません。


この対応や処理もバイトの一環なので、その点はある程度の覚悟が必要だといえます。



2.機械のトラブルが多い




長期でバイトをしようと考えている人は特に注意が必要なのですが、カラオケ機械のトラブルは意外と多いそうです。



トラブル発生の際にわからないですまそうとするバイトがいると、それだけでお店の印象が悪くなるので、機械の扱いにそれなりに強いことが求められます。



3.力仕事が多い




カラオケ店のバイトでは、主にグラスや食器を厨房まで下げたり、床を磨いたりするのが仕事です。



業務内容としては飲食店と大差ありませんが、意外と女性には力仕事に感じてしまうかもしれません。



4.立ちっぱなしで疲れる




カラオケ店のバイトでは、基本的に立ったまま動くことがほとんどです。



接客からフードやドリンクの準備、提供、掃除と、息つく暇なく働くことも少なくありません。







いかがでしたか?



カラオケ店のバイトは未経験でも始めやすく、さまざまな経験を積みやすい分、大変なことも多いようです。


バイト選びの際には、ぜひ今回のまとめも参考にしてみてくださいね。

2015年10月10日

written

by ひろまさ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop