現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

エントリーシートを出す前に最低限する企業研究とは?

1203 views

エントリーシートの際に、企業研究は必要と言われてますがやり方もわからなく、時間もあまりありません。どうすればよいでしょうか(大学3年生・女性)




 

企業研究の基本は、企業HPのチェックです。そして、企業HPには、エントリーシート作成のヒントになる情報がたくさん散りばめられています。そこで、エントリーシート作成に役立つ、企業HPのチェックポイントをご紹介します。



 

1. 採用ページ



採用ページの内容は全て隅々までチェックして、その企業がどのような人材を求めているのか、きちんと理解しましょう。そして、人事担当者に「これを書いた人は、当社が求める人材像に当てはまる!」と思わせるような内容の、エントリーシートを書くようにしましょう。



 

2. 経営トップのコメント



社長など経営トップのコメントがないか、探してみましょう。「代表からのメッセージ」「ご挨拶」「経営方針」などのページに載っていることが多いです。



 

経営トップのコメント = 会社のオフィシャルなコメント、と考えて差し支えないです。例えば、経営トップが「今後は、積極的なグローバル展開を大きな方針として掲げ、海外拠点を増やしたり、……」とコメントしていれば、英語力のある人、あるいは、将来、世界で活躍したと考えている人は、そのコメントと関連付けてエントリーシートを書くとよいでしょう。



 

3. オンリーワンの技術力・商品・サービスなど



特許、賞を受賞した商品、世界初、あるいは日本初の商品・サービスなど、オンリーワンの技術力や商品・サービスの紹介がないか、探してみましょう。「社歴」「沿革」「プレスリリース」「広報発表」などのページに載っていることが多いです。



 

プレスリリースとは、企業がメディア向けに発表している、最新のオフィシャル情報のことです。企業の最新の商品・サービス、研究成果、社会貢献活動、役員人事などについての情報で、企業HPの「プレスリリース」や「広報発表」などのページに掲載があり、随時、更新されています。



 

例えば、その企業が特許を持っていると分かったら、そのオンリーワンの高い技術力と関連づけてエントリーシートを書くとよいでしょう。



 

4. 新商品・新サービスなど



新たに発売や発表をした商品・サービスなどが紹介されていないか、探してみましょう。画期的な新商品・新サービスであれば、その魅力が「プレスリリース」「広報発表」などのページで詳しく紹介されているはずです。



 

そのような画期的な商品・サービスの魅力と関連づけてエントリーシートを書けば、「よく研究しているなぁ」という好い印象に繋がるでしょう。



 

5. 取引先・顧客層など



取引先はどのような企業か、あるいは、顧客層はどのような人か、その情報を探してみましょう。「会社概要」「事業概要」「取引先一覧」「プレスリリース」「広報発表」などのページに載っていることが多いです。



 

「会社概要」や「事業概要」を見れば、企業をターゲットとしているのか、あるいは、一般消費者をターゲットとしているのか、分かる場合があります。また、「取引先一覧」では、取引先にどのような企業があるのか、そして、「プレスリリース」「広報発表」では、そこで紹介されている商品・サービスが、どのような顧客層をターゲットにしているのかが分かります。



 

例えば、プレスリリースの中で、「4月から【女性でも気兼ねなく】をコンセプトにした、新商品シリーズ『○○○』の販売を開始する予定です。」という情報があれば、その新商品シリーズは女性をターゲットにしていると分かります。そこで、女性ならではの視点を活かせる仕事がしたい、と考えている人は、その女性をターゲットにした商品と関連付けてエントリーシートを書くとよいでしょう。



 

6. 社会貢献活動



ボランティア活動、環境保全活動、募金活動など、取り組んでいる社会貢献活動がないか、探してみましょう。「社会貢献活動」「CSRの取組み」「CSR報告書」などのページに掲載されていることが多いです。



 

CSRとは、“Corporate Social Responsibility”の略で、日本語に訳すと「企業の社会的責任」です。その意味は、一言でいえば、企業が社会全体の一員として果たすべき義務のこと、あるいは、企業にはそのような義務があるという考え方のことです。



 

エントリーシートでその企業の社会貢献活動にまで触れていると、「ちゃんとHPをチェックしているんだなぁ」という好い印象に繋がるでしょう。



 

最後まで企業が求めている人材像を意識!



エントリーシートが書けたら、最後にもう一度、その企業が求めている人材像に当てはまるような内容かチェックします。ちょっとズレてるかも、ちょっと足りないかも、などと感じたらその人材像を意識して修正しましょう。

2014年6月12日

written

by masahiro-i


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop