現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月12日更新

1000年の都の栄華を感じる!トルコの世界遺産・イスタンブール歴史地域で訪れたいスポット5選

593 views

卒業旅行でトルコに行く計画を立てています。イスタンブールでおすすめの観光スポットはありますか?(大学4年生・女性)
イスタンブールは文化と歴史を身にまとい、世界中からやってくる旅行者に多くのものを見せつけるエキサイティングな街です。


新石器時代に作られ、モスク、バジリカ、大聖堂、古代の市場を通して、真に歴史遺産を残したトルコ最大の都市なのです。


東から西に渡って広がるこの都市は、陰謀と魅力のオーラで旅行者を魅了してやみません。


この街はボスポラス海峡を挟んでユーラシアのヨーロッパ側、人口の1/3の市民が暮らすアジア側が融合する場所です。


現在では、経済、文化、歴史の中心として栄えるイスタンブールの歴史地区に点在するトルコの世界遺産、


絶対に訪れるべき5つの場所をご紹介します。









イスタンブール歴史地域で訪れたいスポット5選





1.ブルーモスク




画像出典: Blue Mosque Official Website




17世紀初めに造られたブルーモスクは、現在でもムスリムの祈りの場所として多くの信者に愛されている聖なる場所です。


旅行者も訪問することはできますが、特に日に5回のお祈りの時間には、敬意を表して静かに拝観しましょう。


訪問者は靴を脱ぎ、女性は髪を隠しましょう。


入館料をはらわなければなりませんが、チューリップがデザインされた2万個のタイルと、


入り組んだデザインの施された200のステンドガラスは一見の価値があります。


サルタン・アーメットによって建てられたブルーモスクはドームのブルータイルから名付けられました。






2.アヤ・ソフィア




画像出典: Hagia Sofia Official Website



アヤ・ソフィアは何世紀にも渡り、いくつもの宗教の祈りの場所でした。


537年にギリシャ東方正教会のバジリカとして建立された聖堂は、6世紀にも渡りローマカトリック教会でした。


1453年から1931年まではモスクとして使用され、1935年からは博物館として再度公開されています。


一時は世界で最も大きな大聖堂とされ、ビザンチン建築の代表としてブルーモスクなど多くのモスクを風靡しました。


宗教シーンを描いたモザイクが有名です。






3.トプカピ宮殿




画像出典: Trip Advisor


トプカビ宮殿は、歴史と目をみはる光景を有した、イスタンブールで訪れなければならない場所の一つです。


オスマン帝国の歴史が色濃く残る、周囲5kmを石壁と27の塔でまもられた宮殿です。


トプカピ宮殿は、15世紀にマルマラ海を臨む丘の上にオスマン帝国のサルタンの宮殿として建てられ、


今日では世界最大、最古の博物館として公開されています。


オスマン帝国政府が役場として使用した場所、ハーレム・クォーター、サルタンが使用した武器、


宮殿のキッチンが有した莫大な磁気コレクション、宝石や時計などの秘宝を見ることができます。






4.グラン・バザール




画像出典: Grand Bazaar Official Website


買い物好きの方には、5000の商店が軒を連ね、世界最大の室内マーケットと言われるグラン・バザールを見逃すことはできません。


日に25万人の人が訪れるバザールは、ジュエリー、カーペット、スパイス、アンティーク、手描きの陶器などが売られています。


1461年に造られ、今では2つのモスク、4つの噴水、2つのハマム又はスチームバスなどが入っています。


古いコインや貴金属の施されたジュエリー、昔の武器やアンティーク家具なども見つけることができます。






5.オベリスク




画像出典: Hippodrome Official Website


コンスタンチノープルのヒッポドロームは、スポーツや競馬場として市民の社交場でした。


このオベリスクはテオドシウス一世の為に造られたもので、


エジプトのカルナック神殿からローマ皇帝によって運ばれたものです。


この競馬場近くには、蛇の柱、コンスタンチノープルのオベリスクなどもありますが、


当時の構造で現存するものはわずかです。






今回ご紹介した5カ所は徒歩で、又はトラムでも簡単に見て回ることができます。


ヨーロッパとアジア、二つの文化と長い歴史を有する魅惑の街イスタンブール


あなたも是非その魅力に取り憑かれてみては...?

2015年10月12日

written

by ottawa-shoko


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop