現在17272個の困ったを解決できます!

2015月10月10日更新

旅行者は知っておきたい!!トルコの治安の実態について

342 views

今度トルコに旅行に行きます。

比較的治安が良いと聞きますが、実際どうなのでしょうか?(大学4年生・女性)





トルコ建築の天井



トルコは旅行するには安全な国なのでしょうか?



トルコを訪れた旅行者達は、トルコの人々のフレンドリーさと厚情についてコメントを寄せています。


それは本当に例外的なほどです。


トルコはフレンドリーなだけではなく、多くの意味でヨーロッパや北米と同じくらい安全ですが、それでも他の国々同様、完璧に安全だという場所はありません。


トルコは比較的安全な国と言えますが、残念ながら犯罪がゼロの場所は天国くらいしかないのです。


では、旅行者が気をつけなければいけないことは、どんなことでしょう。








ストリートクライム

ストリートクライムとは、路上犯罪のことです。


多きな都市部(アンカラ、イスタンブール、イズミルなど)のツーリストエリアで多く発生しています。


旅行者を狙ったスリやバッグのひったくりが最も多く報告されています。


近年では、隣国から犯罪を犯すために来る人達も増えています。


防御策としてはどこの国でも同じですが、バッグのストラップは斜めがけにし(肩にぶら下げるのではなく)


いつもかばんは身近に持ちましょう。





スリ


スリは大抵2〜3人、時にはそれ以上のグループで行われます。


スリの一人が何かを道に落としたり、何かにつまずいて転んだりして、あなたの気を引きます。


時には、子供があなたに何かを見せようとやってきます。


あなたがそれに気をとられている間に、他のメンバーが財布などをスるのです。


財布をすられれば、きっと何かを感じるはずだ、とあなたは思うでしょう。


でも彼らは熟練した全くのプロなので、すられた人達は全く何も感じないのです。





鞄を切られる

革のカバン



混み合った場所で、あなたの後ろや真横に来てナイフのような刃物で鞄を切り、中から貴重品を抜き取ります。



あなたは何も見えず、何も感じないのです。


防衛策としては、鞄は後ろや横ではなく、身体の前に持つことです。





ひったくり

大抵は若い男の子で、あなたに突進し、バッグをひったくって行きます。


防衛策としては、上に書いたように、バックのストラップを肩から斜めがけにして、鞄はなるべく身近に持つことです。


こうして注意しているのがわかれば、少なくともあなたは彼らのターゲットから外れるのです。








テロ

これは最近誰もが心配している問題です。


統計的には、トルコでは交通事故で亡くなる人の数と比べると、テロで亡くなる人は圧倒的に少ないのですが、ニュースで「シリアとイラクの紛争」のヘッドラインを見ると、恐ろしくなりますよね。


テロはいつ起こるかわからないですが、現在のところ、トルコで暮らす人々の生活を極端に脅かすものではありません。


トルコに旅行に行きたいと思ったら、事前に外務省の警告地域に入っていないかどうか調べたり、感情的ではなく、合理的に色々な情報を収集してみましょう。








電車内での犯罪


外国の電車
寝台車で旅行をする時に気をつけたいことです。


フレンドリートラベラーのふりをして近付き、ドラッグが入った食べ物や飲み物を勧めてくるそうです。









交通事故



トルコは歴史的に、交通事故と死亡率が高い国と報告されています。


2013年のWHOの発表によると、トルコの道路致死率は10万台の車に対して58件で、これはメキシコ、ウルグアイ、レバノン、インドネシアに匹敵する件数です。


けがをしたり、死亡した人のほとんどは歩行者です。


過去20年間に、トルコ政府は交通事故削減の為に多大な努力をしてきました。


政府による安全教育プログラムや厳しい法律の施行により、状況はだいぶ改善されましたが、トルコの町を観光したり、車を運転する場合は、十分気をつけましょう。



強盗やレイプは比較的少ないようですが、全く起こらないということはありません。


貴重品や大金を持ち歩かない、お金を持っていそうな身なりをしない、一人で夜道を歩かないなど、どの国であっても気をつけなければいけないことを忘れず、安全で楽しい旅行にして下さい。

2015年10月10日

written

by ottawa-shoko


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop