現在17272個の困ったを解決できます!

2015月10月10日更新

たったこれだけで大違い!時差ボケをスッキリ解消するポイントまとめ

1127 views

以前アメリカに行った時、時差ボケでひどい目に遭いました。

今度また海外に行くのですが、時差ボケを防ぐ方法ってあるんでしょうか?(大学2年生・女性)

飛行機の翼と風景
海外旅行をする時、腕時計の時間をリセットするのはとても簡単ですが、脳をリセットするのはとても難しいのです。



旅行経験豊富な人でさえも、時差ボケを克服するのはチャレンジなのです。


飛行機で移動する場合、身体の中の時間はかわらないのに、日の時間だけは換わってしまうのです。


突然、午後5時の場所にいるのに、あなたの身体は午後11時だからもう寝る時間だと強調します。


外の世界の出来事と体内時間の不協和音が、あなたにめまいを起こしたり、身体の不調を巻き起こすのです。


これが時差ぼけなのです。






時差ボケの症状



時差ボケは全身に影響を及ぼします。




症状としては、腹痛、倦怠感、頭痛、ぼんやり感、集中できない、虚弱感、破砕便通、頻度の尿意などがあります。


時差ボケは自然になくなるまで3〜4日かかりますが、もし東に向かって飛ぶ場合はよりきついのです。


何故なら人間の身体のサイクルは24時間より少々長めに出来ているので、体内時間を先に持って行くのはきつく感じるのです。


それとは逆に西に向かって飛ぶ場合、あなたはいつもより遅くまで起きていることを要求されますが、それは早く寝ることよりも、身体にとっては楽に感じられます。


東から西に向かって飛ぶ場合には、時差ボケから回復するのに30〜50%短い時間で済むようです。


夜更かしする人は、西に向かう場合は身体も早く順応できますが、東に向かう場合には長くかかります。


早起きの人は睡眠時間が短くなっても、 対応は早いようですね。


年齢にも関係があります。


子供でも時差ボケはありますが、彼らはより早く回復します。


子供には24時間周期のリズムがあるため、体内時計に柔軟性があるのです。


年をとればとるほど、時差ボケに対処するのは大変になるのです。







時差ボケをスッキリ解消するには...


ダルそうな女性



専門家によれば、時差ボケの解決策として2つの方法があります。


1つは薬で症状を軽減する方法で、2つめは光線療法です。


食事による方法も提案されていますが、化学的根拠から成功例はあまり見られません。


短いフライトであれば、薬を飲んだり、複雑な食事療法に従わなくても症状を抑えることができます。


次にあげる方法を試してみて下さい。





体内時計のリセットを始める



フライトの3日前から就寝時間を1〜2時間調節して下さい。


あなたが行く方角にあった時間で、1〜2時間早めたり、遅くしたりします。






フライトの前、フライト中、フライトのあとは水をたくさん飲む



専門家は、フライトの前にはのコップの水を少なくとも2回、フライト中には1時間に1リットルを飲むように勧めています。






飛行機に乗った瞬間からあなたが向かう国のタイムゾーンにあわせる



時計をリセットし、新しいタイムゾーンにあわせて考えましょう。






アルコールや他の薬を避ける



フライトの前と際中にアルコールや乗り物酔いの薬は摂らないようにしましょう。






普段より軽めに食べる



フライトの前と際中には、普段と比べて軽く食べるようにしましょう。






到着後には昼寝はOK



到着後の日中の昼寝は、夜の睡眠の邪魔をしない30分ほどならいいでしょう。







時差ボケに対する光線療法


太陽の光



現地に到着した時刻が日中であれば、眠くても少々我慢して外へ出て、太陽の光にあたるのが一番の対処策だと言われています。


睡魔に勝てなければ、30分ほどの昼寝は大丈夫のようですが・・・


でも西から東へ向かって飛ぶ場合には、2〜3日間は早朝の太陽は避けた方がいいとも言われています。


太陽光線療法はあなたが旅行をする方角によっても変わってくるので、インターネットで調べてみるのも一つの手ですね。




旅行のあとの時差ボケをスッキリ早めに解消して、仕事や勉強など現実に早く復帰できますように!

2015年10月10日

written

by ottawa-shoko


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop