現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月11日更新

寝ても寝てもダメ...疲れが取れない人に共通する5つの習慣

2106 views

最近なんだか寝ても疲れが取れない気がします…ずっと疲労が溜まるばかりなんですが、何がダメなんでしょうか?(大学3年生・女性)


元気な毎日を過ごすために大切な睡眠時間ですが、どんなに寝ても翌朝疲れが取れない人は多いようです。

もしかしたら、あなたもその一人ではありませんか?

なかなか疲れが取れない人に共通する習慣をいくつかあげてみました。

思い当たる習慣があるかもしれませんね。

寝ても疲れが取れない女性

 

部屋着で寝ている



みなさんは寝るときに何を着ていますか?

ちゃんと部屋着からパジャマに着替えてますか?

「別にパジャマでなくても部屋着でいいんじゃない?」と

思っている人も多そうですが・・・・。

スウェットやジャージ、Tシャツなどは起きている時はゆったりと心地よく過ごせているようですが

就寝時にはウエストのゴムがきつかったり、寝汗の吸湿発散性に劣る製品もあって

それが、寝つきが悪かったり熟睡できない原因にもなります。

 

部屋着から清潔なパジャマに着替える事により、心身ともに「睡眠」へのスイッチが入り

自然と熟睡モードへとつながるのです。

パジャマを持っていない人は快適な自分の好きな素材のパジャマを探してみて下さいね。

 

寝る前にスマホやパソコン、テレビの画面をみる



寝る前にちょこっとパソコンを見たり、スマホでメールをチェックしたり、、、

これをやっている人が最も多いのではないでしょうか。

こうしたモニターから発せられているブルーライトは脳に刺激を与えて

活性化させてしまい、寝付けない状態になるのです。

 

せめて寝る1時間前にはパソコンを消し、出来たらお部屋の電気も少し光を落として

睡眠に入るムードに変えましょう。

間接ライトや好きな香りのアロマを使って

1日の疲れを癒す優雅な雰囲気をつくるのもいいでしょう。

 

お酒を飲む



寝る前にお酒を飲むと確かに入眠が早くなります。

しかし結果的にはその後の睡眠を妨げるそうです。

お酒を飲んで寝てしまった数時間後、何度か目を覚ましてしまったという

経験はありませんか?

「眠れないから」と、ついアルコールを摂取したりすると

アルコール依存症になりやすいことも分かっているので気を付けましょう。

 

夜更かしをしている



近年では夜更かしは当たり前になっていますね。

帰宅してからも、あれこれやっていて、いつの間にか夜中になっていた!

という人も多いでしょう。

夜更かしは熟睡を妨げ、一日の疲れを取り除きにくくしています。

そこで、夜更かしをしないように工夫してみましょう。

たとえば、「〇〇時までには寝る」と決めて、今日中で終わらせたい事と

早起きしてやる事を分けましょう。

今日のやるべき事をサッと済ませたら寝る前までの時間は

ゆったりした音楽を聴いたり温かいものを飲んだりして睡眠モードの切り替えます。

できる限り繰り早寝早起きの工夫を繰り返し、習慣化していきましょう。

 

眠る前に一日の反省をしている



一日の終わりに日記をつけて反省したり、明日以降のことについてあれこれ考える。

それも大切な事かもしれませんが、寝る前に色々と悩んだり心配する事は

精神衛生上あまりよくありません。

そういう人はもう習慣化してしまっているのかもしれませんね。

できるだけ、メンタル面を整えてぐっすり眠れる状態にもっていきましょう。

気分が安らぐような音楽を聴いたり、好きな場所の写真や絵を見たり、

楽しかった事を思いだしたりと、自分の心が幸せになるようにしましょう。

このように眠る前はあれこれ反省したり悩んだりするクセを捨て、

気持ちがリラックスするものを用意し、心地よい気分の状態にすることが大切です。

 

いかがでしたか?

当てはまるものがいくつかありましたか?

ベッドに入る大切な幸せな時間なのですから、もっと睡眠の質を良くして

翌朝、すっきり目覚める事ができたらいいですね。

 

2015年1月11日

written

by betty-2


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop