現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月26日更新

一人暮らしの大学生へ!部屋作りのポイントまとめ

1920 views

一人暮らしの部屋のインテリアを考えるのにワクワクしています!理想の部屋を形にするためにはどうすればいいでしょうか。(大学1年生・男性)



この春から晴れて大学生になる方も、大学生活にも慣れてきてこれから一人暮らしをしよう、という方もいらっしゃることだろうと思います。



 

これから一人暮らしを始める皆さんが共通して持っている期待。


その一つが「自分の好きなものに囲まれたおしゃれな部屋を作りたい!」というものです。



 

部屋に限らず、実際に理想通りにすることはなかなか難しいものですが、そのポイントを押さえることで、理想の部屋作りにさらに近づく可能性を高くすることができます。



 

部屋作りに関しても同じように、いくつかのポイントを知り、それを取り入れるだけで、過ごしやすく快適な理想の空間へと近づけることができます。



 

そこで今回は、新たに一人暮らしを始める大学生の方々に、理想通りに部屋を作るのポイントをまとめてご紹介したいと思います。



 





理想通りの部屋作りのポイント



広さや間取りを自分好みに



理想の部屋に近づけるためにはまず部屋選びをしっかりと行うことが大切です。



 

料理でも何でもそうですが、基礎の部分が疎かになってしまっていては決して良いものが作れるとは言えません。



 

求め出すとキリがないですが、自分の予算に合わせたお気に入りの物件が見つけるまでは何度でも紹介してもらえますし、きっと出会えることだろうと思います。



 

不動産屋さんに行って、部屋を探す際は、時間を使ってでも必ず自分の好みに合う広さや間取りの部屋を見つけることがまず大切です。




部屋の大きさに合った家具を選ぶ



一人暮らしですので、そこまで大きなお部屋に住む必要はないかと思います。


しかし、同じような間取りであっても、窮屈に感じる部屋とそうでない部屋があります。



 

部屋をより広く快適に見せるためには、自分の部屋の広さにあった家具を選ぶことがとても重要です。



 

部屋に合わない大きさの家具を選んでしまうと途端に狭く息苦しい雰囲気の部屋になってしまいますので、家具を選ぶ際は、自分好みのデザインに加えて大きさも計算することが大切です。




カラーコーディネートで統一感を



部屋の壁や床の色だけはあらかじめ決まっていて、その上で他のインテリアを買い足すこととなります。



 

壁や床の色自体を変えるには時間もお金も多くかかりますし、一人暮らしにとって得策とは言えません。


そのため、買い足す際には、壁や床にあったカラーコーディネートでの部屋作りをしなくてはなりません。



 

例えば、テーブルの脚と床の色を親和性の高い色にすることで、より馴染みやすく、また落ち着いた空間を作ることができます。


また、ソファーやカーテンは部屋全体のカラーを一気に印象付けるアイテムですので、購入の際は慎重に部屋作りにあったものを選ぶようにしましょう。




視界の高さを揃えて空間演出



人はぱっと見たときに、視界の高さが統一されていることで気持ちが落ち着きます。


色々なところに視界が動いてしまうと疲れますし、圧迫感も感じてしまいます。



 

例えば、絵やポスターを壁に飾りたい、といった場合は、窓や家具のラインに水平に合わせるなどして、視界の高さのバランスを調節することが大切です。



 

いかがでしょうか。



 

実家を離れ、初めて一人で暮らし始めるときは期待と不安でいっぱいです。



 

一人暮らしで新たに必要なものはたくさんありますし、今まで親に助けられてきた部分も全て自分の力で賄わなければならないのは非常に大変なことです。



 

しかし、自分好みの理想の部屋作りができるという点ではこれほどまでに恵まれた環境はありません。面積は狭くとも、理想の部屋に近づけることは必ずできます。



 

ぜひ今回のポイントを参考に、皆が羨むような素敵な部屋を作ってみてください。

2014年6月26日

written

by tommy909


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop