現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月12日更新

男性が考える「愛と恋の違い」5選

11438 views

愛と恋って何が違うんでしょう?(大学3年・男性)


これは年齢に限らず、異性関係において永遠のテーマと言えます。

特に女性にとって男性が愛や恋をどう言う風に考えているのか、これは付き合っていく上で知っておきたい重要な事です。

ここでは、男性の考えに特化して愛と恋の違いを5つの項目で説明していきたいとおもいます。

love

 

まずは言葉の意味としての愛と恋を比較してみる



まずは、概念として愛と恋の違いを考える前に、単純に言葉の意味としての愛と恋の違いに注目してみましょう。

辞書をひいてみると、まず愛は

・「いとおしい、いつくしむ、思い焦がれる、相手を慕う情」

などが主に挙げられています。

次は恋をひいてみます。

・「特定の異性に強く惹かれること、切ないまでに思いを寄せることが中心となっています。 」

飽くまで言葉の違いとしては、愛は広く穏やかなイメージのもの、恋は激しくターゲットが狭いものと言う感じを受けます。

 

これを参考の一部としながら、次からは概念としての男性が思う愛と恋の違いに言及していきます。

 

男性が女性と付き合う時の思考は?



男性が女性と付き合う際に何を考えているのでしょうか?

これは、愛なのか、恋なのかと考えて付き合いたいと思うのでしょうか?

答えは否です。愛であるか恋であるかと言うより、ただ好きと言う感情、ただ付き合いたい、抱き合いたい、自分のものにしたい、そんな風にしか考えていません。

愛であるのか、恋であるのか、付き合う前にそんな事を考える男性は皆無と言えるでしょう。

ましてや、学生で結婚などを視野に入れていない場合、考える必要もないことと考えています。

 

男性はいつから愛や恋について考えるのか?



付き合う以前には、愛や恋について考えない男性は、いつから愛や恋について考えるのでしょうか?

そのタイミングは、好きと言う熱情が薄れて来た時にこそ考えるのです。

自分はこの女性をどう思っているのか?この先どうしたいのか?

どうするにせよ、それは相手に対して自分自身が、どういう感情を抱いているからなのか?

マンネリや倦怠期などで、付き合いそのものに疑問を感じ始めた時、ある程度の期間付き合い、先の事を考えねばならなくなった時に男性は、愛や恋についてようやく考え始めるのです。

 

男性が考える恋とは何?



好きな女性が出来た時に、いきなり「愛している」と言う感情は出てきません。

いえ、出て来ないと言うより無意識ではあるのですが、そう言う意識が無いと言う事です。

好きで付き合いたいと言う感情が、意識せずとも恋だと思っている、そんなものなのです。

しかし、もし女性が男性に「私の事をそう思ってる?愛?恋?」

と尋ねれば、多くの男性は「愛している」と答えるでしょう。

それは男性の中に、”女性は恋よりも愛を重要視”していると言う、意識を持っているからに他なりません。

ですが、それは男性にとっても同様の意見と言う事ではなく、女性の意識を慮っただけの発言である事は間違えない様にしましょう。

 

男性の考える愛と恋の違いの本音



正直なところ、男性はあまり愛とは何か、恋とは何かと言ったことは考えません。

愛だから、恋だからと、その相違で付き合いの質や、将来を考えると言う事もないでしょう。

良く男性は理屈で考え、女性は子宮でものを考えると揶揄されますが、その言葉が適当か否かは別として、男性は感情論で物事を捉えない為、愛であるか、恋であるかに関して重要性を見出せないと言うのが本当のところです。

しかし、そんな男性でもいつかはそう言ったことを考える必要性が出てきます。

それは、その相手と結婚するかどうかの時、真剣に別れを考える時など、重要な側面では考えざるを得ません。

ですが、男性の考える愛と恋の違いは、愛は恋の発展したものとする考えが、基本的なものであると言う事です。

愛と恋を切り離して考えはしないのです。

女性は恋より愛を重いものと考えますが、男性はそれに合わせているに過ぎず、本当のところは進化するもの、変化していくものと言う考え方なのです。

 

いかがでしたでしょうか。

男性の恋愛観をこれを参考に良く理解し、お互いに良い関係性を築けるようにしましょう。

2015年1月12日

written

by pfunk777


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop