現在17272個の困ったを解決できます!

2015月5月9日更新

就活で面接に通る学生と通らない学生の違い

4004 views

就活の面接が怖いです…どうやったら合格するのでしょうか?(大学3年生・男性)


面接の準備



面接で見られるポイント

学生さんからよく聴かれるのが面接前に何を準備したらよいのか?という質問です。

業界研究?企業研究?自己分析?志望動機?面接の練習?

大学のキャリアセンターでもいろいろな対策をされて、グループ面接やグループディスカッションや個人面接の練習などを実施されていることも多いでしょう。

では、企業は面接で皆さんの「何」を見ているのでしょうか?

 

人と人との出会いの場



人と人とが時間をとって対面で話をする。

そこに意味があるから面接は行われるわけです。

履歴書やESやテストやメールではわからないところを見るために面接を実施するのです。

皆さん自身の日常でも、「直接、会って話さなきゃわからない!」ということはよくあると思います。

会うことでわかることがたくさんありますよね。

その人の持つ雰囲気や表情などのノンバーバル(非言語)の部分や、書いた文字だけでは伝わらない、話し方や、間の取り方、言葉使いや声のトーンなど。

相手がいてこその会話。

どんな風にコミュニケーションを取る人なのかなど、話の内容以外にもたくさんのことを面接官は見ています。

 

面接に通る学生と通らない学生



企業の採用基準や求めるものによって、通るか通らないかが決まりますが、私の経験上、なかなか通過しにくい学生さんの特徴をお伝えします。

ウソをつく



やっていないことをやっていると話したり、事実を脚色しすぎていたり、よく見せようとしすぎる。

 

面接官の話を聴かない



質問に対してまっすぐ答えられない。

質問から外れたことを永遠と話している。

 

わからないことをわからないと言えない



何を聴いても「わかりません」では困りますが、わからないことをわからないと言えず、黙り込んでしまったり、適当に答える。

 

自分のことがよくわからない



面接では皆さん自身のことを聴きます。

みなさんがご自身のことを話してくれないと、面接官は、皆さんのことを理解することができません。

自分のことを自分の言葉で伝えられるようにして下さい。

 

つまり、仕事をする上で大事なコミュニケーションが取れない人は、面接で通過することが難しくなります。

大人しくて話下手だから・・・とか緊張してしまった・・・とかよりも、上記のように、コミュニケーションを取る際に相手との意思疎通ができるか、相手の話を聴けるか、その場を大事にしているか、誠実であるかなど、普段の人間関係においても大切だと思うことを大切にできているかが大事だと思います。

 

面接も人と人とのコミュニケーション



面接でみられるポイント

人間関係や人と会話する際に、普段から大切にしていることを面接でも大切にしてほしいと思います。

その上で、自分について客観的に理解し、自分のことを相手にわかりやすく伝えられれば、きっとご縁のある会社に出会えると思います。

正解のないのが面接であり、人とのコミュニケーションです。

大事なことは、自分自身のことを理解していること、相手の話を聴けること、相手と自分との間に起きるコミュニケーションのプロセスを大切にすること。

ぜひ自信を持って面接に臨んで下さいね!

 

2015年5月9日

written

by 齋藤めぐみ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop