現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

”お笑い芸人”から学ぶ!面接とESの内容、同じでOK?

1365 views

 現在就活中です。面接とESって同じ内容でも大丈夫なんですかね…?(大学3年生・男性)


ちょっと、テレビの話をします。


忙しくてテレビどころじゃない!と思われるかもしれませんが…。



 

「ダウンタウンDX」という番組を知っていますか?


日本テレビ系列で放映されている、ダウンタウンのお二人が司会のバラエティ番組です。


毎回入れ替わるゲスト陣による、トークの数々。


司会のお二人との掛け合いでゲストのキャラクターが垣間見られて、よく見ているのですが。


あの番組の見せかた、個人的には就活にとても役立つなぁと思っているんです。


テレビをみる女性


© paylessimages - Fotolia.com




 「スター覗き見ランキング」面接術



「スター覗き見ランキング」というコーナーを見たことがあるでしょうか。


ゲストが私生活の中で、最近あったおもしろいエピソードを発表する企画。



 

コーナーの流れとしては、


(1)まずゲスト陣のトークエピソードを、はじめにランキング形式で発表。


(2)次に浜田雅功さんがエピソードの内容を要約。


(3)最後にゲスト本人が語る


このような形で進みます。



 

(2)の時点で、浜田さんがエピソードの中身をおおむね話してくれます。


それを聞けばわれわれ視聴者は、話の内容をほぼ把握できてしまう。



 

しかしゲストの方々のターンになると、その情報をさらに膨らませます。


その過程に何があったかとか、あれこれ小ネタをはさみ、


(2)では語られていなかったさらなるオチまでつけたりして、ドカンと笑わせる。


ゲストの方々の力量によっても左右されるのでしょうが、お笑い芸人の方々はさすがウマイですよね。



 

これ、就活の面接にもそっくりそのまま当てはまりませんか?




面接官が視聴者だったら?



上に書いた3段構成を、次のように置きかえてみましょう。


(1)ESの項目タイトル


(2)ESの内容


(3)面接で話すこと



 

面接官は、ESの内容を前もって読んでくれていて、ある程度は内容を把握しています。


そのうえで、あなたが面接で話す内容が、ESの内容をそのまま繰り返しているだけだとしたら。


バラエティ番組だったら、「さっきと言ってること同じじゃん!」とツッコミたくなりますよね。



 

逆に、ESには書かれていなかった自分の考えとか、その後の展開を面接で話せたとしたら。


バラエティ番組だったら、興味をもってその話の続きを聞きたくなりますよね。


書類




ESには見えなかった、あなたらしさ



筆者も就活の時、いろいろと試行錯誤しました。


結局ESと同じことを言って終わってしまったこともあったと思います。


けれど、今お話ししたようなことを意識をしてのぞんだ面接は、うまく進んでいきました。



 

大事なのは「面接官を楽しませること」


面接官を、テレビの前の自分に置きかえてみてください。


そうすれば自ずと、どういうトークをするのがいいか、見えてくるかもしれません。



 

もちろん、ウケを狙ったり、無理にオチをつけろということではありません。


それに、こちらからすべて話さなくても、面接官からの質問で進んでいく場合もあるでしょう。


しかし、いずれにせよ「ESに書かれていないところ」で自分らしさを表現できたら、


面接を通過する確率はグッと上がります。


ES選考の時には見えなかったあなたらしさが、企業側は見たいのですから。





面接官も人間です



話が少しそれますが、知り合いの採用人事が話していたことがあります。


「テンプレ通りだと、正直、眠くなる。」



 

テンプレ通りとは、語りつくされていたり、わかりきったネタだということです。


残酷ですが、先の読める話だと眠くなることもある、ということです。



 

面接官も人間です。


特に採用の時期はハードワークで眠る時間も削って仕事をしているのですから、


集中力が途切れそうになることもあるのかもしれません。



 

だからといって自分の話で眠たくさせてしまっては悲しいですよね。


相手の立場に立って、どういう見せ方が相手の気をひきそうか、考えてみてはいかがでしょうか。

2014年6月12日

written

by yumi-kikukawa


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop