現在17272個の困ったを解決できます!

2015月1月4日更新

初海外で女一人旅するなら知っておくべき10のこと

2034 views

海外の女一人旅って、実際どんな感じなんでしょう?(大学2年生・女性)


海外旅行の女一人旅

今や女性の海外一人旅は特別珍しいことではありません。

とは言っても、やはり男性よりも負うリスクは高く、特に初めての人にとっては不安が大きいでしょう。

そこで初海外、女一人旅をしようと思っているあなたに、知っておくべき10のことを紹介します。

 

1.「下心」と「親切心」を見極めよう



海外に行くと日本人の女性はちやほやされがちです。

もちろん本当に日本人が好きで良くしてくれる人もいますが、中には下心があって近付いてくる人も。

海外で自分の身を自分で守るためには、警戒しすぎるくらいがちょうど良いのです。

 

2.ノーと言おう



ノー

日本人女性はノーと言わない、と思っている外国人は多いです。

断っているつもりでも、日本人特有の愛想笑いのせいで全然嫌そうに見えない、というのもよく聞く話。

海外に行くと日本人女性はモテる!というのは確かにありますが、「日本人はちょろい」となめられているだけかも?

ちやほやされて浮かれている場合ではありません、嫌なものは嫌、できないことはできない、しっかりと言葉と表情に出して伝えましょう。

 

3.夜道を一人で歩かない



日本でも深夜に女性が一人で歩くのは危ない、という認識はありますが、海外に行けば日本の何倍も注意を払う必要があります。

特に海外慣れしていない観光客丸出しの女性は格好の餌になる恐れが。

格安航空券にありがちな深夜到着便なども極力避けて、なるべく明るいうちに行動できるようにしましょう。

 

4.海外のトイレ事情



残念ながら日本のトイレはかなり優れています。

そのトイレに慣れ親しんだ日本人にとって、海外のトイレ事情というのはなかなか手ごわいもの。

トイレットペーパーをそのまま流せる国なんてかなり少数派、そもそも紙自体がないことも。

また女性の場合、旅の日程と生理が重なってしまったりすると特に困りますよね。

トイレットペーパーも生理用品も、もちろん海外にも売っていますが、やはり日本製にはかないません。

現地の生理用品を試しに使ってみるのも良いですが、普段からこだわりのある人は日本で買って持って行った方が無難でしょう。

 

5.日焼け対策



バックパッカーなのに日焼け止めなんて!と言いたい気持ちはとても分かりますが、やはりできる限り日焼け対策はしておきましょう。

暑い国での日差しは日本の日差しとは比べ物にならないくらい強力で、あまりに無防備でいると日焼けの度が過ぎて火傷を負ってしまう場合も。

海外にも日焼け止めは売っていますが、肌に塗るものなので日本で買って行った方が安心でしょう。

また頭皮や眼球も日焼けします。帽子やサングラスでしっかり守りましょう。

 

6.靴が大事



靴

旅ではとにかく沢山歩く!という人も多いのではないでしょうか。

大きな荷物を抱えて長時間歩く時には、履きなれた丈夫な靴が頼りになります。

暑い国ではサンダルの類が最適なように思いがちですが、ビーチサンダルは長時間歩くと疲れるし、雨が降ると泥の跳ね返りで服もどろどろになるし、肌が露出している分、細かい傷からの感染症も心配です。

サブで持っていくのは良いとしても、メインは別でしっかりと自分に合った靴を準備しておきましょう。

 

7.肌の露出に気を付ける



暑い国では薄着になりがちですが、大胆な肌の露出は犯罪者を誘っているようなものです。

観光地では肩や足が出ている服装では寺院の中に入れなかったり、宗教的に女性の肌の露出がタブーな地域もあるので注意が必要です。

海外だからと言って度が過ぎた肌の露出は控えましょう

 

8.暑い国に行く時こそ羽織りものを



そして忘れがちなのが暑い国に行く場合の防寒対策。

夏に電車に乗ったりビルの中に入ると、冷房がききすぎていて寒くなった経験は誰にでもあると思います。

特に年中暑い国での電車の中などは冷房のパワーは凄まじく、長時間乗っていると耐えられないほどに。

せっかくの旅中に風邪など引いてしまったら台無しです。

そんな時のために、バッグに入れていても邪魔にならず、必要な時にさっと羽織れる薄手のカーディガンなどが1枚あると重宝します。

 

9.一人旅は実は寂しくない



一人旅の寂しいイメージ

一人ぼっちで旅するなんて寂しいんじゃないか…と不安があるかもしれません。

でも一人旅をしている人は世界中に大勢います。

「一人旅」という大きな共通項のおかげで、日本にいれば一生交わらなかったであろう人とも交流できるのが一人旅の醍醐味。

まさに「一人だけど一人じゃない」のです。

 

10.旅には中毒性がある



最後に、重要なお知らせです。

もう頭の中が旅のことでいっぱい、他のことが手に付かない、今すぐどこかに飛んでしまいたい…

世界にはこんな症状に苦しむ旅中毒者が大勢います。

初めての一人旅から帰ってきて、またすぐに「行きたい」と思ったら、あなたも立派な旅中毒者。

旅に翻弄されすぎないように十分に気を付けながら、めいっぱい旅を楽しみましょう。

 

いかがでしたか?

危険なイメージの強い「女一人旅」ですが、きちんと注意すべきことを頭に入れ、冷静に判断して行動すれば、素晴らしい出会いに溢れた、とても価値のある人生経験になるはずです。

そして帰ってきた時には一回りも二回りも大きくなった自分に出会えることでしょう。

2015年1月4日

written

by あしやん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop